アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of osprey with hard landing in Yemen

1 月 29日、イエメンで一人の米国ネイビー.シールズの上級軍人、及び米国市民と思われる8歳の少女に加えて、子供及び女性を含む多数の市民が死亡した。大統領就任後1週間以内にドナルド.トランプが認可したイエメンでの襲撃作戦の決定は夕食会中に行われた準備不足のテロ戦略である。襲撃地域での銃撃戦に発展した詳細な情報及び軍事関係者の証言は最初から失敗する危険性があったことを明白にした。この事件には幾つかの疑問が提起されているが、ホワイトハウスは非常に成功したと述べている。しかし、幾つかの証言はトランプ政権が危険を認識しながら急いで決定した対テロ襲撃作戦であったことを示唆した。

2日のガーディアンによると、特殊部隊による空爆のターゲット地はイエメンのアラビア半島にアルカイダの基地があると疑われた場所である。米空軍のジョン.トーマス大佐は「アラビア半島のアルカイダは、戦闘地域やテロ容疑者の収容所に女性や子供を隠し、無実の命を絶えず無視している恐ろしい歴史があります。それが、このようなケースを特に悲惨なものにする理由です」と語った。国防総省は、アラビア半島のアルカイダによる疑わしい活動に関する情報を集めるため実施したアル.バイダ地方の襲撃事件で、ネイビー.シールズの司令長官ウィリアム.オーウェンス及び14人の武装勢力(恐らくアルカイダの戦士 )が殺害されたと述べた。現場の医師は、10人の女性と子供を含む約30人が殺害されたと語った。3人の米特殊部隊は負傷した。民間人の犠牲者の中には米国市民であると推測されている8歳の子供が含まれている。少女の父はアルカイダの宣伝主義者であった米国市民のアンワル.アルワラキである。アルワラキは2011年9月にイエメンでの無人機爆破で死亡した。

この29日の襲撃作戦は、オバマ政権下で計画された未認可の軍事行動である。トランプ大統領は就任5日後、彼のこの最初のドーロン作戦を認可した。1日のニューヨーク.タイムスによると、イエメンでの襲撃は米軍の作戦部隊及び市民の生死に影響を及ぼす可能性がある最初から最後まで危険な作戦であった。しかし、生死が伴う重大な認可の決定は夕食会中に行われた。その夕食会には、副大統領マイク.ペンス、国防総省長官ジェームス.マティス、スティーブン.バノン、ジャレッド.クシュナー、テロとの戦いの経験がある元上層軍人であるマイケル.フリンなどの大統領側近も同席しており、彼らはネイビー.シールズ6人のチームを派遣することに同意した。オバマ政権は数カ月間の詳細な計画を立てていたが、オバマ大統領は国防総省が月のない夜に攻撃を開始することを希望していた為、オバマ氏は任期中認可する事はなかった。

Image result for images of raid in Yemen on Jan.29, 2017

1名のネイビー.シールズ、米国人と思われる少女、及び多数のイエメン市民が死亡した悲惨な結果を受けて、 この任務を継承したトランプ政権下で認可する前に正当な質問が提起されたか?大統領のアドバイザーはリスクを明らかにしたか?などの疑問が提起されている。ペンタゴン当局者はトランプとの議論の内容について明らかにしていない。ある高官は「国防総省はトランプ氏の承認した法的見直しを実施し、ペンタゴンの弁護士はそれに署名した」と発表した。マイケル.フリンが率いる国家安全保障チームは「空爆に関しては意思決定を早急に実施することを希望し、米軍がより迅速に対応できるよう下級職員に多くの権限を委譲したと述べた。実際ペンタゴンは、イエメンのアルカイダ分家に対する活動を加速するための計画を策定している」状況である。しかし、ペンタゴンの元上級テロ対策担当官のウィリアム.ウェクスラーは「これを行うと過失の可能性も高まります。このような任務ではリスクを軽減することができますが、リスクをゼロまで軽減することはできません」と述べた。

アラブ首長国連邦のエリート兵士を含む数十人の指揮官も襲撃に参加した勢力であるが「当初から激しく揺れ動いた」状況であり、アルカイダの戦士は村に向かって密かに解散した。地元部族の指導者は「アメリカの無人機は低飛行で通常よりも騒音が大きかった語った。コミュニケーションの傍受を通して司令官は「その任務は何らかの形で損なわれていることを知っていた」が、彼らはその地域に飛行していた場所から約5マイルのところに向かって押し進んだ。ネイビー.シールズ.チームの元関係者の一人は「彼らは最初から失敗していることを知っていた」と述べた。米軍関係者は今週インタビューで、ウィリアム.オーウェンス及び市民が犠牲になった「驚きの重要な要素」は、米軍とアラブ首長国連邦は住宅、クリニック、学校、モスクのある位置で、頻繁に女性や子供を盾に取るアルカイダ戦士との銃撃戦に参加したことであると語った。幾人かの女性が武器をつかんで射撃を開始した時、武装勢力は予測以上に激突した。アメリカ軍は攻撃用武装ヘリコプター及び戦闘機からの空爆で、14人のアルカイダ戦士を殺害したが、7,500万ドルのMV-22のオスプレー機は地面を叩きつけるような激しい着地をした際、壊滅的なダメージを受け、他3人の特殊部隊が負傷した。

劇的な展開となったトランプ政権の襲撃作戦について、ホワイトハウスの報道官ショーン.スパイサーは2日の記者会見で米国兵士が死亡した為、成功と言う言葉は適切ではないかもしれないが、この空爆は成功したと述べた。非常に急いだ決定であったと報告されているにもかかわらず「これは非常によく考えた上で実行された努力でした」と語った。更に、スパイサーは「作戦はかなりの長い時間で計画されたものでした」と述べたため、オバマ政権下で練られた計画であったことを示唆したが、オバマ大統領は認可していなかったことを語っていない。3日のタイム誌によると「オバマ氏の安全保障チームのメンバーは、トランプは潜在的なリスクを強調したメモを継承している」と主張した。従って、元副大統領ジョー.バイデンの国家安全保障顧問であったコリン.カールは「スパイサーの説明は不正確である」と主張した。トランプ及び彼のチームはなぜ危機を認識しながら、イエメンでの襲撃作戦を急いだのか不可解でありこれは成功と言うには程遠い結果である。多数の情報源はオバマ大統領によって認可されていなかった事、この作戦は最初から最後までスムースに事が運ばなかった事、及び情報当局の支援が不足したテロ対策であった事を明白にした。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。