アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Image of drug overdoses

薬物過量死の主な原因である処方箋オピオイド過剰摂取は増加傾向であり、1990年代の後半から大幅に増加している。2015年のオピオイドの死亡者数は数万であり、精神的側面での医療ケアが含まれるメディケイドを廃止する共和党のアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)の代替え案はその重大なプログラムを廃止する結果になる。どのような州が薬物過量の死亡率が高いのか?なぜ米国人は薬物を過剰摂取するのだろうか?

過剰摂取で死に至る人々の数は全国的に急増している現状でACAの代替え案は、オピオイドを含む麻薬中毒者の治療に不可欠なケアを廃止する結果になる。その提案では2020年以降、メディケイドの拡大は廃止されるため、メディケイドで補うことが可能な基本的精神疾患および中毒サービスを拡大した州は、この法案に影響を受けるため更に全米で死者が増える可能性がある。CDC によると、2015年にオピオイドの死亡者数は33,091人であり、1999年以来4倍に増加した。同年に最もその率が高い5つの州は ① ウェスト.バージニア州(10万人当たり41.5)、② ニューハンプシャー州(10万人当たり34.3)、③ ケンタッキー州(10万人当たり29.9)、④ オハイオ州(10万人当たり29.9)、⑤ ロードアイランド州 (10万人当たり28.2)である。また、2014年から2015年までの期間に薬物過剰摂取による10万人当たりの死者率が最も増加した州はペンシルベニア及びマサチューセッツ州である。

ランク 州名 上昇率
1 ペンシルベニア 28%
1 マサチューセッツ 28%
2 ニューパンプシャー 24%
3 ノース.キャロライナ 22%
4 メイン 19%
5 ネブラスカ 18%
6 サウス.キャロライナ 14%
7 ケンタッキー 13%
8 ウェスト.バージニア 12%
8 アイオワ 12%
9 オハイオ 11%
10 ミネソタ 10%

ハーバード大学医学部の調査によると、メディケイドの拡大のもとで、メンタル.ヘルスおよび薬物乱用障害の治療を受けている2016年の人口は約130万人である。深刻な精神病、薬物使用障害、全ての精神病と薬物使用障害 、メディケイドの拡大下での精神病と薬物使用障害状態を含めて、薬物中毒の問題が最も多い州の合計患者数の順位は ① オハイオ州で220,512、② ペンシルベニア州180,526、③ テネシー州 78,807、④ アリゾナ州78,744、⑤ ネバダ州50,379、⑥ ウェスト.バージニア州32,358、⑦ メイン州19,232、⑧ アラスカ州で10,525である。

なぜ、アメリカ人は薬物を過剰摂取するのだろうか?国立衛生研究所(NIH)によると、誰がそのようなリスクがあるかを予測することは不可能であるが、生物学的及び環境的要因がある。生物学的および環境的要因は人生において重大な発達段階で相互作用し、中毒のリスクに影響を及ぼす。年齢に関係なく、薬物を摂取することは中毒につながる可能性があるが、薬物使用の年齢が早期であればあるほど中毒に進む可能性が高くなる。なぜなら「意思決定、判断、自己制御を支配する脳の領域はまだ発展段階である」ため、十代の子供たちには特に危険である。生物学要因は遺伝子が最も高く、中毒リスクの約50%を占めている。性別、民族性、および他の精神障害がある場合、薬物使用および中毒のリスクに影響を及ぼす。環境的要因は家族や友人から経済的地位及び生活の質に至るまで様々な要素がある。例えば「仲間によるプレッシャー、身体的および性的虐待、薬物の早期暴露、ストレス、親の指導」は薬物の使用および中毒の可能性に多大な影響を及ぼす」と説明している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。