アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of climate change in Trump administration

多数の子供たちは気候変動の対処を放棄しているトランプ政権を告訴している。ドナルド.トランプ大統領は14日、環境団体による気候変動の評価を検討することを拒否した。トランプ氏に指名を受けた環境保護庁(EPA)の長官スコット.プルートは長年、石油会社を保護することで利益を得ていたため、オバマ政権を頻繁に告訴していた。しかし、議員及び多数の科学者はそのような背景があるプルートに挑戦する手紙を送ることで挑戦している。一方、トランプ氏が指名した国防総省の長官ジェイムス.マティスは、気候変動は緊迫した問題であることを表明した。時代の風潮に逆行しているトランプ氏に対抗するため、多数の都市は電気自動車の販売を促進している。

気候変動の問題で子供たちが連邦政府を告訴することは初めてであるが、14日のワシントン.ポストによると、環境保護団体が後援している訴訟において「健全な気候システム 」を求める21人の原告側は「生活、自由、財産に対する憲法上の権利及び公衆信頼の教義に違反している」と主張している。温室効果ガス排出量を減少することを拒否しているトランプ政権は、オバマ政権の二酸化炭素の排出量を制限する気候変動政策に対抗する意図があるため、この裁判に対抗する構えを見せている。この訴訟は政権交代の移行期間に提訴されたものであり、新政権が開始するまで保留されていた。21人のグループは9歳から20歳までの範囲である。彼らは「連邦政府は一貫して化石燃料及び温室効果ガスの生産を促進する活動に従事しているため気候変動を悪化している」と主張している。トランプ氏の就任直後、ホワイトハウス及び連邦政府の一部機関のウェブサイトから気候情報が削除されたため、原告側は気候変動、エネルギー、排出量に関する情報を含む訴訟に関連する全ての文書を保存するよう司法省に要請した。この団体は「証拠を破壊することは違法であり、我々はこれらの新しい米国被告及び業界被告に、そのような行為が禁止されていることを通知する」ことが目的であると述べている。コロンビア法学部の気候変動法センターのディレクターであるマイケル.バーガー氏はトランプ政権が「主張していることの一つは、文書の保存自体が政府に負担をかける」ことであり、控訴審の審理が延期されても手続が中断されない限り、米国は「回復不可能な損害を被る」と訴え、原告らが求めている訴訟の範囲は「驚異的」であると主張している。

トランプ氏は就任一週間以内に、キーストン.パイプライン及びダコタのパイプラインの建設を容易にするための大統領令に署名した通り、化石燃料の使用を制限する意思はほとんどない。なぜなら、トランプ氏は「気候変動は中国が米国の競合力を阻止するための偽作」であると信じ、科学者の長年の研究を重視していないため、昨日「気候変動の環境調査を検討することを却下する」決定を下した。トランプ政権は「気候変動に対処するためのオバマ前大統領の広範なアプローチを逆転することを目指している」ため、むしろ、オバマ政権下での温室効果ガス規定を大幅に削減する大統領令に署名する予定である。その大統領令は即時に効力を発揮するものもあれば、数年かかる場合もある。

トランプ氏に指名を受けた環境保護庁の長官スコット.プルートは気候変動に関して、トランプ氏の同盟者である。彼は先週、CO2の排出量が気候変動の直接的原因であるとは思わないと述べ、気候変動を懸念する科学者および環境グループはCO2の排出量を強調しすぎると主張した。その直後、オレゴン州米国下院議員アール.ブルメナウアーは気候変動に関する教育資料をプルートに送ったと言われている。13日30人の著名な気候科学者は「二酸化炭素が気候変動の主な原因ではない」との「偽りの声明」を公表したプルート宛てに手紙を送った。科学者らは「崖から落ちると、重力から逃げる方法はないことと同様、余分な二酸化炭素や他の温室効果ガスを大気に加えると、それに続く温暖化を免れることはできない」と書いた。このグループにはカリフォルニア大学サンディエゴ校のノーベル賞受賞化学者マリオ.モリーナ及び国立科学アカデミーの8人のメンバーも含まれている。しかし、プルートは気候変動の科学を否定するため石油会社との癒着があったことで知られているため、恐らく無駄な努力かもしれない。なぜなら、彼の倫理調査に関する電子メールは、上院議会が彼をEPAの長官として認可した直後に公開された。2月22日の保守系フォックス.ニュースによると、彼はオクラホマ州の司法長官時代に「主な石油&ガス生産会社、電力会社、政治グループと緊密に協力し、多数の環境規制の撤廃に努力」していた。公開された電子メールの一つは「2013年に米国燃料&石油化学製造業者がプルートの事務所で再生可能な燃料基準プログラム及びオゾン制限の両方を廃止するための調整をした」ことを示した。

トランプ政権下で気候変動の科学を否定し、気候変動に対処する努力を阻止する動きは前代未聞のレベルに達しているが、完全に失望的ではない。14日の科学誌によると、国防総省の長官ジェイムス.マティスは「気候変動は本物であり、アメリカの国益とペンタゴンの資産をどこにでも脅かす」と主張している。彼は1月の聴聞会後に上院軍事委員会に提出された書簡による証言で「気候変動は今日、我々の軍隊が運営されている世界の地域で安定性に影響を与えています。戦闘司令部は、その地域のセキュリティ環境に影響を与える不安定要因を計画に組み込むことが適切です」と述べている。マティスは2010年に米連合軍司令部の指揮官を務め、今後25年間に軍隊が直面すると予想される安全保障上の脅威の一つとして、気候変動をリストに挙げる「合同環境作戦」に署名した。国務省長官のレックス.ティラーソンはエクソン.モービルの元CEOであるが、気候変動を信じていると言われている。

加えて、化石燃料の使用を減少させる方法は、再生可能なエネルギーの利用を拡大することだけではないため、トランプ時代に対処する動きがあることも報告されている。最近、電気自動車を購入することを検討する複数の市も増えている。14日のブルンバーグによると、ニューヨーク、シカゴ、ロスアンゼルスを含む30都市は共同により100億ドルの予算で、路面掃除機、ゴミ破棄車、警察パトロール車など114,000台の電気自動車を実現可能なコストで提供する自動車メーカーとの契約を推進している。関係者は、昨年の米国電気自動車の売上総額の 約72%に相当すると推定している。2016の電気自動車市場の合計販売台数は160,000である。これは二酸化炭素排出量の制限規制に挑戦するトランプ政権に対抗するためであり、関係者は「トランプ大統領が何をしても、ワシントンで何が起こっても、これらの都市は気候変動への取り組みを引き続きリードしていきます」と 述べている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。