アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images Trump and Paul Ryan on March 24, 2017

共和党は今日突然、彼らが草案したアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)又はオバマケア代替え案の投票を放棄した。今後他の課題に取り組むことを表明しているため、当分医療保険改正案に取り組む可能性はなさそうである。共和党の投票計画は劇的な失敗に終わり、彼らは放棄したため、オバマケアは当分存続する状況になった。これを受けて、ヒラリー.クリントンは珍しく祝福メッセージを公開した。共和党による代替え法案投票の劇的な崩壊は幾つかの要因により、トランプ大統領の最優先課題が完全な失敗に終わったことを示唆した。

下院議会共和党一部の代表者だけで秘密裏に作成されたACAの法案は各方面からの反対に直面していた。又、法案が紹介された直後、超党派の議会予算局(CBO)は共和党の代替え法案は2018年には1,400万人、および2026年までに2,400万人が医療保険を失うと警告していた。下院議長ポール.ライアンは、最大の努力において考案された法案にはプランBがないことを明白にし、この法案の投票を推し進めていた。23日予定されていた投票は、通過するには投票数が不足するとの理由で、ライアンは投票を延期した。ホワイトハウスの報道官ション.スパイサーは今朝の記者会見で、今日午後投票を行うと述べていたが、ライアンは土壇場になって投票を諦めると公表した。ライアンは急遽記者会見を行い「非常に近い」が、票数不足であるため投票を諦めたと発表し「大きなことを行うことは厳しいです。我々は近い将来、オバマケアと一緒に暮らすことになるでしょう」と語った。

下院議会には党派内に派閥があることは既に知られているが、フリード.ムコーカスと呼ばれる多数の極右派を含む34人の共和党メンバー及び下院民主党全員が投票に反対票を投じると公表していた。推定投票数は通過に必要な218票に不足していたため、24日午前中下院議会では討論会を行い午後から投票する予定であったが、土壇場で午後からの投票を急遽放棄した。この投票数不足に加えて、投票放棄の事態に陥った要因は(1)独断的に考案された下院の代替え案は共和党内だけでも分裂的であり、強硬派と穏健派との間で法案に対する意見の合意がなく、修正部分の合意に達することは不可能であった。ライアンによると、 ⑵ 最大の努力に基づく法案であるため、多方面から多大な抵抗に直面したが、プランBを準備していなかった。⑶ 医療関係機関の圧倒的な反対に加えて、大多数の国民は共和党の代替え案に反対していた。23日に公表されたクイニピアックの世論調査によると共和党のオバマケア代替え法案を支持している率はわずか17%で56%の多数派は支持していなかった。

トランプ大統領の最初100日の優先課題はオバマケアの撤廃であったが、その目標達成は完全な敗北に終わった。トランプ氏は、彼の支持者に対してオバマケアを撤廃すると公約していたため、2026年までには2,400万人が医療保険を失うとのCBOの警告にも関わらず、この法案の投票を促していたが、投票放棄を決定したライアンを支持した。共和党がACAを撤廃する理由は、主に一部の地域で保険料が高騰していることであり、小規模ビジネスの中には従業員に保険を提供する余裕がない雇用主が存在することも一因である。しかし、トランプ氏は公約通り、国民が望んでいる無理のないコストで質の高い医療を提供するための代替え案を保持していなかった。現在、トランプ及びライアン両氏は別の新たな法案を作成する意思を表明していない。従って、共和党のオバマケア撤廃及び代替え法案であるアメリカのヘルスケア法は劇的に今日死滅した。

ヒラリー.クリントンは今日、この結果は葛藤のあった多くのアメリカ人の勝利であると述べ「今日は、健康保険を失う危険に晒されている2,400万人の人々、高齢者、静かに流行している薬物中毒と戦っている家族、何処にでもいる新しく母になった女性及び一般の女性にとって勝利でした。何よりも、手頃な価格の健康保険は人権であると信じている人にとって勝利です」とのツイッターを通して祝福のメッセージを送った。一方、トランプ氏及び共和党はお互いに責任のなすり合いをしている。多数派である共和党は民主党の投票を期待することなく、通過する計算であったため、最初から民主党を締め出したドアの裏側で協議した法案であるにも関わらず、トランプ氏は民主党が誰一人支持しなかったと批判し、敗北者は上院少数派リーダーのチャック.シューマーと下院少数派リーダーのナンシー.ペロシであると述べた。また、下院共和党内の穏健派は強硬派のフリードム.コーカスが妥協しなかったからであると批判した。強硬派はライアンの代替え案はACAの条項を採用し過ぎたため、彼らの票を得ることに失敗したと指摘した。いずれにしても、下院の法案は彼らによって放棄されたため、共和党は当面、税制改革、インフラなどトランプ大統領の他の優先課題に取り組む可能性があることを示唆した。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。