アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump's executive order on March 28, 2017

トランプ大統領はキャンペーン中、石炭産業の地域の支持者に彼らの仕事を戻すと公約していた為、オバマ政権の気候変動対策による規定を撤廃すると主張し続けていた。主にその公約を果たす為、及び輸入エネルギー依存を停止する為との理由に基づき、今日オバマ政権の二酸化炭素ガス排出量基準を撤廃する大統領令に署名した。専門家は二つの重要な要因に基づき、トランプ氏の執行命令は石炭市場の雇用を拡大しない為、経済的にはさほど向上しないと推測した。オバマ政権の気候変変動政策であるクリーン.パワー計画に関する排出量の基準を書き換える為には裁判所を通す必要があり時間を要する。現在、再生エネルギーの仕事は石炭産業の仕事より遥かに多く、既に国内生産のエネルギーで満たしている。一方、米国の石炭産業は40年以上衰退傾向である。現在、圧倒的に多数の州はオバマ政権による2025年の炭素排出量削減の目標に沿った努力をしている。従って、複数の環境団体はトランプ氏の執行命令に法廷で戦うと主張している。

トランプ氏は28日その大統領令に署名すると予測されていた通り行動した。昨日のニューヨーク.タイムスによると、米国は既に天然ガス及び化石燃料、再生可能エネルギーで国内のエネルギーを満たしている為、トランプ氏の「エネルギー依存を終える」との主張に対して、専門家は反論している。ハーバード大学のエネルギー経済学者ロバート.スタビンズは「我々は石炭を輸入しません。クリーン.パワー計画に関しては、いわゆるエネルギー依存性とは何の関係もありません」と指摘した。加えて、執行命令による「トランプの規定が効力を発揮しても、石炭採掘者は彼らの仕事が返ってくると推定するべきではない」と指摘した。ワイオミング大学のエネルギー経済学者ロバート.ゴドビーは、この新たな大統領令は既に閉鎖されている古い石炭工場を再開することを意味すると述べ、石炭市場の需要を最大10年間延長することになると予測した。また、現在「開業している鉱山ではより多くの機械化が行われている。彼らは人を雇用していない。石炭生産の増加を見たとしても、石炭雇用の減少を見るだろう」と指摘した。

法律家はトランプ氏の大統領令が効力を発揮するまで、最高裁判所の命令により一時的に凍結されるため、まだ施行されていないクリーン.パワー計画の解消に数年かかる可能性があると述べている。クリーン.パワー計画の規制は、石炭火力発電所からの地球温暖化の要因である二酸化炭素汚染を削減することを目指している。その法律が効力を発揮した場合、彼らは多数の発電所を凍結し、将来の発電所建設を凍結し、風力や太陽光発電に置き換える計画である。トランプ氏はキャンペーン期間、鉱山労働者の多い地域で、彼らの仕事を取り戻すと公約した。大統領就任後もキャンペーン.スタイルの集会を機会あるごとに実施しているが、先週ケンタッキー州での集会で、大統領令を発行することを仄めかし「 素晴らしい石炭鉱夫が引き続き失業する状況を防ぎます」と約束した。

しかし、ロバート.ゴドビー氏が指摘している通り、鉱山雇用は減少傾向である。NYタイムスによると、エネルギー省の統計は2008年の87,755から2015年には65,971に減少した。石炭雇用が急激に減少したその要因はクリーン.パワー計画とは無関係であると専門家は指摘している。経済学者はむしろ、別の主な二つの理由を提供した。⑴ 石炭に代わる安価でクリーンな代替燃料である天然ガスの生産量が増加した。⑵ 石炭会社は従業員数を減らし、石炭の代わりにクリーン燃焼の代替を採用し、より効率的に多量の燃料を生産することを可能にする自動化を増加した。経済学者はオバマ大統領の規制を撤廃するトランプの執行命令がこの二つの勢いを止めることにはならないと指摘した。ゴドビー氏は「石炭雇用の問題はCO2規制ではないため、恐らく石炭の雇用を回復させることはないでしょう。問題は石炭市場の需要がないということです」と語った。米国最大手の石炭採掘企業の1つであるマレー.エネジー社の最高経営責任者ロバート.マレーは、トランプの行動は「アメリカの石炭産業にとって、我々の生存に不可欠であり、鉱山労働者の家族に仕事が戻るだろう」と述べた。しかし、トランプ政権の命令が鉱山産業の雇用を回復すると期待していないことを認め「石炭産業がどこまで戻ることが可能であるかわかりません」と述べた。人々は石炭に興味を失い、世界はクリーン.エネルギーに向かっている風潮があるからである。事実、ソーラー.エネルギーは圧倒的に伸びている。28日のNPRによると、2015年5月の石炭産業の雇用数は約7万人であるが、同時期のソーラー.エネルギーの導入業者は全米で約4倍高い 26万人の雇用を保持した。

トランプ氏の今日の指令には米国を含めて約200国が参加した2015年のパリ協定は含まれていない。しかしNYタイムスによると、トランプ氏の指令はオバマ氏の「小規模大統領令」と気候変動に対処するための「覚え書きの約半数を排除している」という。更に、連邦土地における新たな炭鉱禁止を解除し、公害を制限する炭素の社会的コストと呼ばれる予算計量を再計算することが含まれている。オバマ政権下の社会的コストは、地球温暖化のコストが産業の経済的利益を超過しているとの理論に基づいている。経済コンサルティング会社のロジウム.グループは「洪水や暴風雨の増加、作物収量の変化、労働生産性の低下、犯罪の増加により気候変動による米国の経済は危機に晒されている」と述べている。また、オバマ政権下での措置は石炭産業を復活させないため、地球温暖化の汚染排出を確実に抑える可能性が高いと言われている。

輸入オイルの依存を終える努力は既に40年以上続いているため、近年国内生産で需要を満たすことがほぼ可能な状況になっている。歴代多数の大統領は、石油価格が高騰した中東からのオイル禁輸による1973年代のオイル.ショック以来、米国の輸入石油依存を減少させる努力を続けてきた。また、再生可能エネルギー技術も向上し、近年ソーラー.エネルギーの需要も伸びた。オバマ政権のクリーン.パワー計画は2030年までに発電所からの炭素排出量を2005年レベル以下の32%まで削減することを集約的に要求している。28日のロイターによると、全国クリーン.エア協会のディレクターであるビル.ベッカーは、その規定はまだ導入されていないにも関わらず、驚くことに米国全州の85%はその目標を達成することに向かっていると述べている。そのような現状下で、トランプ氏の行動に怒りを表明している環境保護団体及び気候変動を懸念するグループは告訴すると主張している。活動家グループの責任者で、億万長者の環境活動家トム.スターヤーは「これらの行動はアメリカの価値に対する攻撃であり、全てのアメリカ人の健康、安全、繁栄を危険に晒している」と語った。また、グリーン.グループはトランプの指令と法廷で戦うと表明し「この命令は法律と科学的現実を無視している」と語った。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。