アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2017年4月9日 のアーカイブ

クシュナーとイバンカの影響力は何を示唆?

Image result for Images of Kushner and Ivanka

ホワイトハウスの戦略家であるスティーブン.バノンは、トランプ大統領が就任した時から大統領の周辺で最も影響力のある人物であると言われていた。しかし、現在も最も多数の任務を背負い、トランプ氏の内側で目立ってきた人物はトランプ氏の義子息36歳のジャレッド.クシュナーである。実質的には彼が大統領の役目を果たしているように見られている重要な存在になっている。トランプ氏は、 5日国家安全保障理事会(NSC)閣僚レベルの座席からバノンを除去した。先月下旬、ホワイトハウス(WH)に移動したイバンカも父をアドバイスする役目を担うと報告された。トランプ氏のお気に入りはクシュナーとイバンカであるが、特にクシュナーとバノンは頻繁に衝突しているため、彼の頭痛の種であると言われている。そのような状況下で、バノンは辞職するとの噂があり、トランプ氏はWH内の人事整理を考慮していると言われていた。昨日両氏はお互いの相違を乗り越える努力をする事に合意したが、WH の「内戦」が終わるかどうか不明である。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。