アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Ron Estes and James Thompson     By ABC News

今年は米国議会、特に下院議会で共和党複数の椅子が空席になっているため、カンザス、ジョージア、モンタナ、サウス.キャロライナ、カリフォルニアの5州で特別選挙が行われる。これらの空席はカリフォルニアを除き、トランプ政権の閣僚として、指名され承認された人達の後継者を選択するためである。民主党の候補者が人気を集めている幾つかの州では、かなりの接戦または逆転する可能性がある。 特に、今日投票が行われているカンザス州では予想以上に接戦であるため、歴史的な展開として注目されている。トランプ政権に対する有権者の意識が試される特別選挙で民主党候補者は巻き返しを狙っている。

カンザス州4区では 4月11日の今日投票が行われている。この席はCIAディレクターに就任したカンザス州元米国下院議員マイク.ポンペオの空席を複数の候補者が争っている。現在、カンザス州会計部門の共和党候補者ロン.エステス及び民主党公民権弁護士ジェームス.トンプソン(右)が驚くほど接戦である。これは20年以上見られなかった傾向であり、民主党が共和党を端に押し出しているため、共和党は心配していると伝えられているが、投票参加率の低下が懸念されている。11日CNNニュースによると、エステスはリバタリアンのクリス.ロックホールドの挑戦も受け、苦戦に直面している。トンプソンが人気を集めていると言われているため、トランプ大統領及び昨日一部の地域でエステスの支援活動を実施したテッド.クルーズを含む共和党は、接戦になっているここでの選挙に注目し、懸念を表明している。同日のNPRによると、「民主党の熱意、共和党員の熱意不足、現役共和党知事サム.ブラウンバックに対する独立派の不満は予想以上に接戦」になっている要因である。また、「彼らの声」を反映させる努力をしているため、「投票箱で不満を取り除くため、トランプ氏が選出されて以来、民主党の最初のチャンスが到来している」と言われている。

一週間後の18日に投票が行われるジョージア6区で、保健福祉省の長官に就任した元米国下院議員トム.プライスの席を埋めるための激しい戦いが展開されている。アトランタ郊外の地区でトランプ氏はクリントンにわずか1%ポイント有利であった。この選挙では最も若い30歳の民主党候補者で、元国土安全保障員であったジョン.オサァフは最も選挙資金を集め、市民権運動団体を代表する民主党米国下院議員ジョン.ルイスらの応援を得ている。一方、共和党には11人も競争相手がいるため、人気投票率が分散していることがマイナス要因である。現在、オサァフは世論調査でトップである。NPRによると、郊外の共和党はトランプに嫌悪感を抱いているだけでなく、「民主党に傾注し始めているニュー.サウスに人口動態の変化がある」ことも潜在的に民主党が勝利する可能性があることを示唆している。

モンタナ州での特別選挙は内務長官に就任した元米国下院議員ライアン.ジンキの空席を埋める投票が5月25日に開催される。 ミュージシャンで牧師の民主党候補者ロブ.クイストは巻き返しを狙っている。共和党候補の実業家グレッグ.ジャンフォルテはPACの資金を広告につぎ込んでいると報告されている。共和党は人口動態の変化を懸念している。サウス.キャロライナ州では、トランプ政権下で行政管理予算局長に就任した元米国下院議員ミック.ムルヴァニーの席を埋めるための投票が5月2日に開催される。ここでの予備選では7人の共和党員および3人の民主党員がその空席を争っている。ここでは誰も投票の50%プラス1票を獲得しない可能性があるため、5月16日トップ2名を選択する選挙が行われ、決勝戦は6月20日に開催される予定である。2017 年1月24日までカリフォルニア34地区を代表した元米国民主党下院議員ザビエル.ベッカラは、同日同州の司法長官に就任した。この空席は20人以上の候補者が競った特別選挙が4月4日に行われた。トップ2人の候補者は6月6日の決勝戦に直面するが、世論調査で民主党のジミー.ゴメスが リードしている。また、米国司法省の長官に就任したアラバマ州の元米国上院議員ジョセフ.セッションズの空席は2018年11月の中間選挙まで延期されている。彼の空席は今年2月一時的な代理として、ルーサー.ストレンジが任命された。

いずれにしても、 トランプ政権新官僚の空席を埋める今年の特別選挙で、特にカンザス及びジョージア州は、政治的及び人口動態的に明白な共和党ブルー州から、どちらにでも転ぶ可能性があるパープル州になっている傾向があるため、「民主党にチャンスがある」と言われている。最近の共和党路線に不満を感じているこれらの州での特別選挙は、トランプ政権に対する有権者の意識が直接反映する可能性があり、共和党が最初のテストに直面していると言われている。カンザスでエステスのキャンペーンを実施したクルーズは「我々の敵は現在満足しています」と語った。カンザスで民主党が勝利する保証はないが、接戦であることが歴史的に顕著な変化である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。