アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of lethal injection case and Gorsuch

昨夜遅く、アーカンソー州は致命的な薬品を初めて利用した注射で、2005年以来、死刑囚に対する死刑執行を命じた。トランプ大統領に指名され4月10日に米国最高裁に就任したニール.ゴーサッチ判事の最初の最高裁判例ケースはこの死刑に関与している。アーカンソー州の死刑囚に対する致命的な注射を利用した死刑を認めるかどうかの判定であった。この判定の鍵を握った判事はゴーサッチではなく、穏健派であると言われるアンソニー.ケネディでもなかった。

21日のワシントン.ポストによると、アーカンソー州の死刑囚に対する同州の決定を認可するかどうかの判定で、ゴーサッチ判事は最初の投票で死刑に同意した4人の保守派に参加した。一方、4人のリベラル派の判事は死刑に反対した為5対4の党派ラインに分かれた。アーカンソー州の死刑はその数時間後、昨夜遅く執行された。興味深いことに、この判定で決定的な鍵を握った判事はサミエル.アリートである。彼は「最も堅実な死刑判決支持者の1人」であるが、2006年最高裁就任の宣誓を行った翌日、アリートは最初の判定で、ミズリー州の死刑に反対したリベラル派の最高裁の4人に参加した。11年後、彼は初めて選択に直面したが、アーカンソー州のケースで死刑執行に同意した。死刑を支持したゴーサッチを含む5人の判事はその決定の理由を説明しなかった。ゴーサッチ判事は10日の宣誓後、「計画された致命的な注射に使用される薬の有効期限が切れる前に、幾人かの受刑者に試されるアーカンソーの良く公表された死刑の試みを勉強する時間があった」と推測されている。

1993年レデル.リーは、彼の隣人デブラ.リースを彼女の夫が保護のために与えたタイヤ道具で36回殴り殺害した。彼女から盗んだ300ドルのうち幾らかを使った後、1時間以内に殺人容疑で逮捕された。その時から長年死刑囚であった51歳のリーは死刑執行の期限が切れる4分前の午後11時56分に死亡した。20日施行されたリー の劇的な死刑執行はアーカンソー州で2005年以来初めてである。州最高裁の以前の判決は、供給者が誤情報により入手したリーの処刑に利用される致命的な注射薬を職員が使用することを許可したことである。米国最高裁は、リーの弁護団が提出した最後の土壇場の控訴を却下し、アーカンソー州最高裁の決定を支持することで、死刑執行猶予の期限が満了する1時間以内にリー容疑者の処刑を認可した。アーカンソー州は4月、11日間で4回の二重処刑を設定した。これら8つの処刑は州にとって短期間に実施された最も頻度の高い死刑数である。州当局は、致命的な注射薬の一つは有効期限が切れる4月30日以前に死刑執行する必要があったと述べた。

この判例はゴーサッチ判事に限らず、米国最高裁の保守派は厳格な死刑執行を支持していることを示唆した。1993年、オクラホマ.シティで爆破テロ事件及びニューヨークの世界貿易センターで爆撃事件が発生した。1996年、米国議会は多数の米国市民を殺害したテロリストを死刑にする法案を超党派の圧倒的支持により通過し、対テロリズムと効果的な死刑執行法又はAEDPA(Antiterrorism and Effective Death Penalty Act )を制定した。ゴーサッチ判事は当時ビル.クリントン大統領が署名したAEDPAの強い支持者である。20日の裁判は、2014年4月死刑に利用された新たな薬品の注射によって死刑囚が約1時間苦しんで死亡したオクラホマ州の論争的な死刑執行例に類似している。20日夜、米国最高裁が対処したマクギィー対ハッチンソン判例の意見書リベラル派のスティーブン.ブレイヤー判事は 、アーカンソー州が11日間で8人の死刑囚を処刑しようとした理由は州の処刑薬の有効期限が近づいているからであると書き、アーカンソー州がなぜ、8人の死刑執行を急いだかを疑問視している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。