アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Hillary Clinton at Women for Women International with Christiane Amanpour

ヒラリー.クリントンは今日東部時間午後1時 20分頃から開催されたニューヨーク市の女性のための国際女性フォーラムに参加した。CNNジャーナリストのクリスティアン.アマンポアとのインタビューを通して、北朝鮮問題に対する見解、大統領選に敗北した要因、女性の権利などについて約30分間の対話形式で忌憚のない心境を語った。短いインタビューで最も集中的な会話は彼女がドナルド.トランプ氏に敗北したことであるが、その一因はミソジニーであると語った点に注目した。最近、問題になっているミソジニー(Misogyny)とは何か?

クリントンは「北朝鮮の脅威を深刻に捉えている」と述べ、北朝鮮を世界の「邪悪な問題」のひとつであると述べた。また、核兵器国との平和を達成する努力について、本格的な交渉のテーブルの重要性を強調し「ある朝ツイートを投稿するだけでは問題を解決しない」と指摘し、その交渉には「大幅な戦略」が必要であると語った。また「現在、北朝鮮は常に彼らの地位と立場を上げるため、アメリカ人が交渉を試みることに常に興味を持っている」ので、そのような方法で交渉の機会を与えることには「非常に注意する」必要があると述べ、交渉には慎重な準備が必要であると警告した。

また、選挙の敗北について熱心に語った。キャンペーンの職員を誇りに思っていると述べ、選挙戦略及び選挙陣営を一切批判することなく、選挙敗北の責任は「絶対的」に自身が負っていると述べた。「キャンペーンは完璧ではありませんでした。そのようなことはありませんが、10月28日のFBIディレクターのジェイムス.コミの手紙とロシアのウキリークスの組み合わせが、私に投票しようと思っていた人に恐怖を与え、人々の心に疑問を投げかけるまで、私は選挙に勝利する方向に向かっていました。その介入の出来事の証拠は説得力があったと思います」と語り「選挙が10月27日であったら、私は貴方の大統領です」と確信的に表現した。この会話は、別件捜査下で、重複している可能性があるEメールがクリントン側近のコンピューターから発見されたことを議会に報告したコムの手紙、及びキヤンペーンの議長であったジョン.ポデスタのEメールが複数のロシア人にハックされた後、ウキリークスに暴露されたことに言及している。また、クリントンが勝利することを予感したロシア大統領プーチンは「貴女を嫌悪しているので、選挙を妨害した」との説を信じるかと聞かれ、クリントンは「選挙の敗北にミソジニーが役割を果たした」と述べた。クリントンはプーチンに言及し、外国の権力者は彼女の「ファン.クラグ」のメンバーではないが、「前代未聞の干渉」があったことを知り「それ(ミソジニー)は非常に政治的、社会的、及び経済的背景の一部です」と語った。ソーシャル.メディアを通して卑劣なフェィク.ニュースが流布されたことも含めて劇的な体験をしたクリントンは 2016年大統領選の敗北についての本を執筆中であると報告した。

クリントンは、トランプ政権に対して「女性の権利と機会に対する我々の努力を終えない」ことを公的に要請し、市民の活動家として抵抗を続けると宣言した。また、国防総省の長官ジェイムス.マティスを称賛し「ジム.マティスや他の人達の声が政権に影響を与え始めることを望んでいます」と語った。クリントンのスピーチは主に、大統領選敗北の要因に集中し、中でもグローバル的に根強い女性差別及び女性蔑視を意味するミソジニーが一因であると主張した。 ミソジニーは女性に対する憎悪、蔑視または偏見を意味し、侮辱、性差別、敵意、暴力などの形で現れる傾向がある。

フロリダ州マイアミ大学で知覚研究室を運営している認知神経科学、心理及び言語哲学の分野を専門とするデンマーク系アメリカ人の哲学教授であるベリット.ボロガードはミソジニーとは何かを説明した。教授は「ミソジニーの最初の兆候にはほとんど気づかないが、無視、虐待、または治療欠如に晒されると、この行動播種は益々大きくなる。しかし、ミソジニーが成熟に達し、女性に対する憎悪で行動する傾向がもはや制御できなくなった時、ミソジェニスト(ミソジニーに影響を受けている男性)と彼周辺の女性は手遅れになるまでその状態に気付かないことが多い」と述べている。また、そのような男性には幾つかの特徴があると説明している。例えば「彼は非常に競争力があり、特に女性と競争している。女性が社会的または職業的に彼よりも優れている場合、彼は酷いと感じる。男性が良好な場合、それについて混合した気持ちになるが、彼は客観的に状況を見ることができる。彼は、職場や社会の環境で、無意識のうちに女性に対して男性とは異なる扱いをし、彼が同僚や友人を批判する様々な自由を男性に許している。彼は女性を惨めに感じさせるため、 彼が保持している力を利用することを無意識に準備する」と説明している。昨年から、フォックス.ニュースの女性達は性的侮辱、蔑視、及び差別を受けていることで注目を集めているが、意外な地域社会にミソジニー文化があることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。