アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Macron won on May 7, 2017

歴史的及び劇的なフランスの大統領選の結果、今日の決勝戦でナポレオン以来の若き大統領が誕生した。 幾つかの点で2016年の大統領選を回想させた選挙で勝利したその歴史的に若き大統領とはどんな人か?彼の勝利は米国を含む西洋にとって何を意味するだろうか?

パリ時間10時30分頃、投票率約65%を獲得し、セントリスト(中道派)のエマニエル.マクロン(39歳)は極右派のポピュラリストであるマリー.ラ.パン(48歳)を打破した。フランスの有権者は劇的に政策が異なる2名のいずれかを選択することで国の運命を分ける可能性がある判断に迫られていた。セントリストのマクロンは2006年から2009年まで社会党のメンバーであり、2012年フランソワ.オランド政権下で副事務総長に任命された。2014年にはヴルズ政権下で経済産業大臣に任命され、2016年8月2017年の大統領選に立候補するため辞職した。元銀行投資家の彼は社会主義者であり、親欧州連合(EU)派、及び移民を支持している。キャンペーンで人種及び文化の多様性、市場と労働改革を通してフランスをもっと競合的でEUとの統合を深めることをアピールしていた。一方、ラ.パンは強固なナショナリストでありEUとNATOからの脱却、保護主義、及び移民閉鎖主義をアピールした。彼女は反ユダヤ人、人種差別、ナチス関与の歴史があるナショナル.フロント( The National Front)の創始者ジャン.マリー.ラ.パンの娘である。

2016年の米国大統領選と同様、フランスもロシアのハッキングの被害を受けた。圧倒的票差で勝利したマクロンは金曜の5日、彼のキャンペーンは多大なハッキング活動のターゲットになったことを公表した。6日のロイターによると、劇的なタイミングで選挙の2日前に、彼のEメールや他の文書が盗まれ、リークしたことを大統領選挙委員会に報告した。フランスは選挙前の2日間、メディアは選挙の影響のある情報を強制的に停止する法律を定めているため、選挙委員会は、土曜日の午後会合を行い、キャンペーンが終了したことを受けて、電子メールの詳細を公表することに慎重に扱うようメディアに要請し、刑事責任につながる可能性があることを警告した。メディアに対する情報公開の禁止は、最後の投票場が閉鎖される日曜日午後8時まで保持された。

ロシアによる西欧の選挙ハッキングは米国諜報部が予測した通りである。ラ.パンの勝利を援助するためロシアはマクロンを攻撃し、極右派の活動家はマクロンに対するフェイク.ニュースを促進したと言われている。2016年の大統領選もヒラリー.クリントンのキャンペーンのEメールがロシアの複数の工作員によってハックされ、選挙日の約10日前にウキリークスによって暴露された。フランスの国民は彼らの選挙のハッキング情報を知らなかったと言われているため、彼は外国の干渉にさほど影響を受けず、ほぼ完全に国民によって選択された。この点では5月2日に国際女性フォーラムでクリントンが示唆した通り、両国の選挙の結末は大幅に異なるが、ロシアによる選挙のハッキングはグローバル問題であることを示唆している。土曜日マクロンは世論調査で25%以上ラ.パンをリードしていた為、彼が勝利することは予測されていた。フランスでの選挙時のハッキングは今回が初めてではなく、トレンドになっている。

米国2016年の選挙は予想に反した劇的な展開になった為、米国のメデイアはマクロンとラ.パン両氏の勝利を確信的に予告することを避けた雰囲気があったが、多数の主流メデイアは2016年の大統領選と同様またはそれ以上に劇的なフランスの大統領選に注目していた。フランスは高い失業率及び頻繁なテロ攻撃に直面している為、トランプ大統領が過度に国境警備の安全強化と保護主義を主張している状況下で、フランス国民が英国と同様EU脱却を選択し、グローバリズムを否定し、保護主義になる傾向があるかどうかに注目していた。また、フランソワ.オランドは極度の不人気であったため、再選に挑戦しないことを公約していたが、彼の別の後継者は4月23日の最初の投票で7%以下であり、チャンスはなかった。

4月中旬、トランプ氏は公式な支持表明ではないが、移民及び国境など幾つかの政策に共通点を見出したラ.パンを賞賛していた。その彼女の敗北は、極右派ポピュラリストの波が岩に砕けたことを示唆している。フランス国民は反ユダヤ主義及びナチスの歴史を強く否定した。マクロンの勝利は古い体制が崩れ、西洋の民主主義は崩壊していないことを劇的に教えている。マクロンは結果発表を受けた後、パリ時間午後10時45分頃「私たちを崩壊させ、打ちのめしている分裂と全力で戦います。今後5年間、私は謙虚さと献身と決意を持って、あなたを代表して奉仕します」と語った。マクロンの勝利は、グローバル経済及び中東に影響力のあるイラン、内戦で崩壊しているシリア、及びテロリズム戦略の外交政策でトランプ政権にはもっとプレッシャーになることを意味する。一方、大半の米国人は移民を支持し、反イスラム、反ユダヤ主義ではないため、フランス国民も同じであることを改めて教えた。また、フランスの選挙結果は米国とは異なり、約200年前35歳で最初の皇帝に即位したナポレオン以来、若く情熱的な大統領を選んだことは歴史的であり劇的である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。