アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for people want Trump impeached

元FBIのデイレクター、ジェイムス.コミの同僚は、2月トランプ大統領との会話でコミは、ホワイトハウスの元安全保障顧問マイケル.フリンの捜査を停止するようトランプから依頼されたとの劇的なメモがあると報告した。上院情報委員会及び多数の共和党リーダーは両氏会話のメモを提示することを求めている。コミは長年、不可解な状況に直面した時メモを取る習慣があり、全てが文書化されていると昨日報告があった後、議会は蜂の巣を突いたような騒ぎになっている。会話に関する全てのメモを求める共和党の声、トランプの弾劾を求めて誓願書に署名した米国民は100万人以上に達した現在、弾劾のプロセスを開始することを要請する議員の声、大統領選の干渉に関するトランプ陣営とロシアとの調整があったかを調査する独立した検察官を要請する共和党議員も徐々に増え爆発的な展開になっている。

16日のニューヨーク.タイムス(NYT)によると、今月9日に解雇されたジェイムス.コミは電話及び対面で会話した内容を記録する長年の習慣があり、そのようなメモは上級FBIクラスのメンバーに配布されていた。トランプ及びコミ両氏の会話でトランプがコミに語ったことが司法妨害になるとの疑惑が拡大し、スキャンダルは益々根強くなっている。トランプは2月大統領執務室でコミと会い、マイケル.フリンの調査を閉鎖するよう要求したことをコミがその会合の直後に記載したメモが明らかにした。コミはその都度同時発生的に文書化し、証拠として彼が信頼している複数の第三者が確認するシステムになっている。1月及び2月のホワイトハウスでの会話はロシアとのリンクを調査している司法省及びFBIに対して、直接トランプが影響を与える努力をしていたことを示唆する「明らかな証拠」になる。2月の大統領執務室での会話でトランプは「私は貴方がこれを放置することを望みます。フリンを放して下さい。彼は良い男です。私は貴方が彼を放置することを望みます」とコミに語った。そのメモは、トランプがフリンは何も悪いことはしていないとコミに語っている。また、コミは調査を停止する約束をしていないが「私は彼が良い男性であると同意します」とだけ応答した。

下院監視委員会の共和党議長であるジェイソン.シャフェツは昨夜、トランプとの対話に関する全てのメモ、ノート、要約、記録を提供するよう求めた。彼はそのような文書は大統領がFBIに影響を及ぼすか又は妨害することを試みたかどうかの疑問を提供すると述べた。NYTによると、コミは会合の直後、大統領との会話の内容を詳細に記載した。メモを読んだ二人の関係者は、その会合はフリンが解雇された翌日であったことを明らかにした。これは大統領が「調査を権勢する不適切な努力として知覚される事実をメモしたコミの文書記録の一部」である。FBIディレクターの同時記録のメモは信憑性があり、会話の証拠として「裁判所で広範に役立つ」可能性がある。そのようなメモは上位FBI役人及び親しい同僚と共有された。レイチョー.マドーによると、2005年5月31日にコミが記録した拷問に関するメモも保存されており、コミは「論争的な調査」に関する内容を文書化する習慣があることを説明した。

コミのメモが完全に司法妨害の証拠であると決定された場合1974年のニクソンと同様、コミの解雇は大統領としての権力の乱用及び捜査に対する司法妨害に基づき、議会はトランプを弾劾することが可能になる。コネチカット州の民主党で情報委員会のメンバーであるジム.ハイムスは昨夜、これは非常に明白な職権乱用で、深刻な犯罪であり、議会はこれに結論を出す必要があると語った。幾分血の気を失った下院議長ポール.ライアンは今日公的にコミから直接聞きたいと述べ、召喚の必要性を強調した。上院共和党多数派リーダーのミッチ.マコーネルも今日沈黙を破り、可能な限り早くコミの証言を聞く必要があると語った。上院情報委員会はコミがメモを提出することを要請し始めた。

一方、 トランプの弾劾を求める誓願書に署名した米国人は5月17日東部時間午後7:20 pmの時点で1,066,146に達した。昨日CNNのホスト、ウルフ.ブリッツァーとのインタビューでトランプは弾劾に直面しているかどうかと聞かれたメイン州民主党のアンガス.キングは「狼狽」していると述べ、「はい、ウルフ、司法妨害はそのような深刻な犯行であると言わなくてはならないです」と述べた。少なくとも5人の民主党はトランプの弾劾を考慮するべきであると主張している。現時点で公的に弾劾を表明している共和党はまだ数名であるが、コミの後継者としてFBIのデイレクターをトランプが指名することは倫理的に不適切であると悟り始めた一部の共和党は、独立した検察官または機関に委任することを主張し始めた。

上院議会の穏健派ジョン.マケイン、スーザン.コリンズ、ジンリィ.グレイアムを含む少なくとも5人の共和党は早くから独立した調査を求めているが、更に増加している。17日のロイターによると、トランプに対する苦情は弾劾の基盤があるかどうかを記者に聞かれた下院フリードム.コーカスのメンバーで、ミシガン州の米国下院共和党議員ジャスティン.アマシュは「それが真実ならイエスである」と述べ、「大統領を含む全ての人々は公平な裁判を受ける資格がある」と答えた。彼は既に、独立した委員会が調査をすることを支持している。アラスカ州米国共和党上院議員、リサ.マーカウスキーは17日、独立委員会や特別検察官の調査を依頼する時が来たと述べ「トランプ大統領、FBI、及びロシアに関する報告は継続的かつ頻繁に矛盾している」事の懸念を表明した。他に独立した委員会及び特別検事の必要性を強調している共和党議員は、下院外交委員会のメンバーであるイリノイ州の米国下院議員アダム.キンジンガー、カリフォルニア州の米国下院議員スティーブ.ナイトなどが含まれる。

コミとトランプ両氏の会話は重要な鍵である為、コミに対する証言を求める声が高くなっている。先週トランプがコミを解雇する前、連邦検察官は昨年の大統領選に干渉したロシア関連の調査の一環として、マイケル.フリンの関係者に対して、ビジネス記録を求める大陪審の召喚状を発行した。加えて、司法省長官のジェフ.セッションズは、ロシア関連の捜査から身を引くことを公的に宣誓したにも関わらず、コミを解雇する手紙を公開しているため、司法妨害に関与した可能性がある。トランプ義子息のジャレッド.クシュナーは昨年12月ロシア銀行のCEOと会っている為、メディア及び複数の議会調査機関は財政面でのロシアとのリンクを調査している。ロシアとトランプ陣営のリンクを捜査する幅は拡大し、連続的に報道されるスキャンダルでトランプ及び彼の政権は著しいプレッシャーに直面しているようである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。