アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Rob Rosenstein

司法省の長官ジェフ.セッションズはトランプ陣営の一人であるため、ロシアとトランプ陣営との関連調査を辞退している。事実上ロシア関連の調査で司法長官としての役目を果たす副司法長官ロブ.ローゼンスタイン(上部)は昨日午後、特に民主党が強く望んでいた特別検察官(弁護士)を任命した。民主党は彼が任命しない場合、辞職するべきであるとプレッシャーをかけていたが、次々に驚異的な情報が公開されている現状下で、多数の共和党議員も独立した特別検察官の必要性を認めている為、絶妙のタイミングである。米国法務執行の歴史上最も優れているとの評判が高く、圧倒的に超党派の支持を得た特別検察官はロバート.ミュラー(下部)である。意外な人物がジェイムス.コミの解雇を促進した事が判明しているが、特別検察官の任命に対するホワイトハウス内の反応は? その特別検察官はどのような人物か? なぜ彼が超党派の議員に支持されているのか?

18日のロイターによると、ほとんどの民主党は昨夜多種のニュース番組のインタビューで彼らが希望していた誠実で統合性があり最も優れた弁護士であるとの評判の高い特別検察官を獲得したことを喜び、最適な選択であるとしてローゼンスタインを賞賛した。上院議会少数派民主党のチャック.シューマーはローゼンスタインが「正しいことをした」と褒めた。ローゼンスタインは「結果に完全な確信を得るため、アメリカ人のために特別検察官は必要であると決意しました」と述べた。 また、ロバート.ミュラーは高潔な人柄であるため総体的に議会は満足していると報告された。ミュラーは「私はこの責任を引き受け、この役目に最善を尽くします」と述べたメッセージをツイートした。

Image result for images of Robert Mueller

特別検察官ミュラーは1944年8月7日にニューヨーク市で生まれ、ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外で育った。彼は1962年にセントポールズ.スクールを卒業し、プリンストン大学で1966年に学士号を取得した。翌年ニューヨーク大学で国際関係を学び修士号を取得した後、1973年にはバージニア大学で法学博士号を取得した。1968年アメリカ海兵隊に入隊し、ベトナム戦争中、第三海兵師団のライフル小隊を率いる将校として務め、最終的に海兵師団の司令補佐官に昇進した。また、ブロンズ.スター、2つの表彰メダル、パープル.ハート、ギャラントリー.ベトナム.クロスを受けた。ミュラーは数カ月間、米国司法省の副長官を務め、2001年7月ジョージW.ブッシュ大統領にFBIディレクターとして指名され、同年9月同時多発テロ攻撃の1週間前、正式に就任した。2011年5月、オバマ大統領は通常の10年任期を超えて2011年9月初旬に任期失効していたミュラーの就労を更に2年間延期し、FBIディレクターとしての任務を続けるよう依頼した。上院はこの要請を2011年7月に承認した。ミュラーは2013年9月オバマ大統領に指名されたジェイムス.コミを彼の後継者として迎えた。

トランプ大統領はミュラーが任命された30分後の午後5時 35分に知らされた。トランプはその知らせを聞いた瞬間「冷静ながらも反抗的」であった。ホワイトハウスでは一時喧騒的な雰囲気があり、この展開に意外な人物が大統領よりもっと攻撃的であった。17日のニューヨーク.タイムスによると、ジェイムス.コムの解雇を強く推し進めた人物はトランプの義子息ジャレッド.クシュナーである。トランプはすぐに彼の最高顧問を召喚したが、そのほとんどはトランプに慎む態度を取るよう勧告した。しかし、トランプにコミを解雇させたクシュナーは「大統領に反撃を促した」が、簡単な議論の末、大多数の意見がその場を制した。トランプの側近はローゼンスタインの決定を受け入れ、大統領の無実を主張する声明を草案するため、大統領執務室外のコンピュータの前に集まった。 しかしトランプは抵抗を止めないため、ツイートで「前代未聞の魔女狩り」のターゲットになっていると主張した。18日、ホワイトハウスのイースト.ルームで開催されたコロンビア大統領ファン.マヌエル.サントスとの合同記者会見で、トランプはローゼンスタインの指名についてどう思うかと聞かれ、ロシアとの「共謀はない」と繰り返し述べ、米国は分離している国であるため特別検察官の任命はこの国にとって非常に悪い決定であると述べた。しかし、4月から公表されている調査の70%以上、及び最新のNBC/WSJの世論調査も78%の国民は引き続き特別検察官に委任することを好んでいる。

特別検察官ミュラーは超党派の議員に圧倒的な支持を受けているが、それは法務執行の彼の業績に加えて、統合性と威厳があるからである。また、トランプに解雇された元FBIディレクター、ジェイムス.コミとの共通点もある。ミュラーは当時副長官であったコミと共に2004年3月、ホワイトハウスが裁判所の令状なしに内部盗聴することは違憲であるとの司法省の異議を却下した場合、辞任すると対抗した歴史があり、広範に尊敬されている人物である。彼の任命が公表された後、ほぼ満場一致の賞賛を受けた。彼は2013年に辞職するまで歴史上二番目に長くFBIに従事した経験豊かな法務執行の権威者である。更に、彼が政治的に独立している事は最も重要な理由である。彼は共和党に登録しているが、両党の大統領政権下で奉仕し、党派的感覚で仕事をしていない点で有名であり、その点でもコミに似ている。また、司法省が特別検察官を任命したのは1999年以来2回目であるが、超党派の議会メンバーが益々、特別検察官の必要性を感じている時、ローゼンスタインは絶妙のタイミングでミュラーを選択した 。

捜査の結論に達するまでには一年以上かかると予測されているが、彼は今後、ロシアとトランプ陣営との関連調査をリードする。現在進行中の議会の捜査はどうなるだろうかとの疑問も提起されている。情報委員会、諜報委員会、司法委員会など多数の調査委員会を保持する上院議会はコミの証言を求めているため、引き続き調査を行うと予測されている。この捜査に積極的であったコミを解雇しても、既に米国民及び議会は真実を求めているため、特に犯罪捜査に及んでいる現状下で、最後の結論が出るまでスキャンダル騒動は終わらないことは確実である。ホワイトハウスは選挙キャンペーン中、電話やメールなどでロシアの外交官と連絡を取っていながら隠していたと今日報告された。マイケル.フリン及び他のトランプ陣営の顧問は2016年の大統領選挙の最後の7ヶ月間で、少なくとも18通の電話及び電子メールを通して、ロシアの役人及びクレムリンと結びつきがある他の関係者と接触していたと現役及び元米国当局者がロイターに語った。これまで公開されていない相互通信は、FBI及び議会調査によって、米国大統領選のロシア干渉及びトランプ陣営とロシアとの接触を捜査している記録の一部を構成している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。