アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

昨日英国のマンチェスター.アリーナで発生した自爆テロ攻撃事件で22人が死亡し、約60人が負傷したと報告されている。今日容疑者の身内と思われる別の男性が拘束された。テロリズムの可能性があるが、今回もイスラム国(ISIS)は犯人の一人が彼らの仲間であると主張し、ISISの責任であることを自負している。警察当局は現時点で単独による犯行であると見ているが、このテロ攻撃は実際にISISの犯行かどうか不明である。

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

英国で二番目に大きな都市マンチェスターで発生した事件は当地時間午後約10時半、米国東部時間午後約5時半、アリアナ.グランデ(米国シンガソング.ライターで女優23歳)のコンサートが終わった頃である。英国首相テレサ.メイはテロリスト攻撃であると宣言した。当地時間午前1時20分頃には19名が死亡したと報告されたが、それから約8時間後には22人に増加した。地元の警察当局は、米国の歌手が出演するコンサート会場は多くの子供を含む観衆で混んでおり、22日午後10時33分に爆発が発生したと報告した。23日のロイターによると、コンサート場所は21,000人収容可能なヨーロッパ最大の屋内競技場であった。爆発は一部の観衆が出口に向かって移動していた時であったとの情報もある。現場での証言者は爆発の振動は体で激しく感じるほど非常に大きな爆発音と振動があったと語った。また、多くの人々が叫びながら逃げ去り、家族と離れ離れになり、狂気的に子供を探し、ソーシャル.メディアに写真を投稿した人々も多数いたと報告された。米国の対テロリズム当局者は匿名の条件で、場所、タイミング、攻撃方法の選択は全てテロリズムの特徴であると語った。マンチェスターの状況をモニターしていた米国国土安全保障省はコンサート場所で特定の脅威を示唆する信憑性がある情報はなかったと伝えた。

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

ISISは彼らの戦士の一人が関与したと主張したことが今朝判明した。23日のワシントン.ポスト(W.P)によると、マンチェスター警察署長イアン.ホプキンスは殺人容疑者が22歳のサルマン.アベディであることを確認したが、詳細については語っていない。ホプキンス警察署長は、テレビ記者会見で「昨晩の攻撃はこの段階で1人の男が行ったと信じている。攻撃者は即興爆発装置を搭載していたと考えており、それを爆発させ、この残虐行為を引き起こした」と語った。爆撃は、マンチェスター.アリーナから脱出していた10代前半の若者の多い群衆に「最大の流血を与えようとしていた」と推測されている。グランデの最後のパーフォーマンスが終わり、 彼女の多くのファンはコンサートの製品を購入するため集まっていた時、爆発が発生した。

欧州情報機関の上級幹部は、攻撃者がリビア系英国人であると語った。当局者は容疑者の兄が拘束されたと述べた。ISISは攻撃者及び月曜日の爆発をどのように行ったのか詳細を明らかにしなかった。その声明は、オンライン.メッセージング.サービスのテレグラムに掲載され、その後、武装民兵ウェッブ.サイトがモニターしているサイト.インテリジェンス.グループによって言及された。メイ英首相は、この大虐殺を「卑劣なテロ攻撃」と呼び、「無実で無防備の児童」や生涯最も記憶に残る夜を楽しんでいたはずの若者を「意図的」にターゲットにした「病的で臆病者」による際立った襲撃であると批判した。22人が死亡し、負傷者59人中、10 人以上は16歳以下である。W.Pによると、英国メディアは死亡者の中で最小年齢は8歳の女子であると述べている。

Image result for Images of Manchester bombing on May 22, 2017

西ヨーロッパでは2015年11月から昨日まで6件のテロ攻撃が発生し、2015年11月13日パリで130人が死亡した事件が最大規模である。マンチェスター.アリーナでのテロ攻撃は2005年7月にロンドンの都市圏交通システムでの自爆テロにより52人が死亡した事件以来、致命的な襲撃事件であると言われている。近年ヨーロッパで頻繁に発生するテロ攻撃事件がある度にISISは彼らの仲間の責任であると宣言している。米国のテロ対策当局は、毎回の事件にISISがその犯行の責任を主張していることに疑問を提起している。 彼らの責任であると主張した過去の幾つかのケースはその証拠が発見されていない。今回も彼らの主張の信憑性は明白ではない。ISISが頻繁に彼らの犯行であると主張する理由は、引き続きISISに対する恐怖を煽ることで彼らの破壊力をアピールするためであると分析されている。現時点では、爆発物の分析が進むまで自爆テロ容疑者の動機や背景は不明である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。