アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Portland stabbing 3 victimsポートランド3人のヒーロー

先週金曜日、オレゴン州ポートランドの列車の中でイスラム系2人の若い女性に対して、反イスラムの罵声を浴びせていた男性を阻止する事を試みた3人の男性が刺され、二人は死亡し、一人は致命的な負傷を受けた。この事件直後、ポートランド市長は記者会見を行い、これらの男性の名誉を称え、右翼系二つのイベントをキャンセルする意向を表明した。この事件は白人至上主義者の犯行として注目されたが、トランプ大統領は海外からの帰国後、多数のツイートを投稿したにも関わらず沈黙を続けていた。大統領から何の声明もないとの強い圧力があった後、昨日大統領のツイート.サイトにこのような犯行は「受け容れられない」と投稿した。ポートランドでの刺殺事件は何かを伝えている。

攻撃を受けた 女性二人中1人はヒジャブ(頭部を覆うベール)を着用していた。この事件で死亡した男性は53歳、及び23歳の2名である。警察当局は21歳の男性はポートランド病院で重篤な状態であるが、死には至らないと報告された。容疑者のジァーミー.クリスチャン(35歳)は26日の攻撃に関して殺人、脅迫、違法武器所持の重罪により、今日最初の裁判所出頭を命じられている。同市警察署の殺人担当の刑事らはクリスチャンの背景、過激イデオロギー、及びイスラム系女性を攻撃した動機を現在調査しているが、目撃者の証言は人種憎悪が動機であることを示唆している。ポートランド.マ−キュリーによると、容疑者のクリスチャンは地元で知られた白人至上主義者であり、26日の事件は憎悪犯罪であると見られている。ポートランド警察局(PPB)は、MAX電車に乗車していたこの男性は「様々な民族や宗教に対する憎悪スピーチを最も特徴付ける様々な言葉で怒鳴っていた。少なくとも2人の被害者は容疑者を宥めるため仲裁を試みた。容疑者は男性らを攻撃し、列車を出る前に3人を刺した」と報告した。証人たちは、女性の1人はヒジャブを着用していたと説明し、イスラム教徒に見える2人の女性を悩ましたとPPBに伝えた。彼が刺した男性の一人は現場で死亡、別の男性は病院で死亡し、3人目は重篤ながらも生存すると予期されている。クリスチャンは右翼過激派及び白人至上主義者として知られている。4月29日、彼はモンタビル82番街の右翼グループによる「自由の行進」のイベントで、左翼の抗議者を襲うため野球バットを保持していたが、PPBによって即時押収された。

Image result for Images of Portland stabbing 3 victims

勇敢な行動のため2人が死亡した事件を受けて、元CBSイブニング.ニュースのアンカーであるダン.ラザーはトランプに宛てた長いメッセージで「恐らく、オレゴン州のポートランドはあなたのレーダーから離れています。結局リベラルな場所です。それは聖域都市でさえありますが、アメリカの都市であり、貴方はその大統領です。2人のアメリカ人が家族や友人を残して死亡しました。彼らは次に何が起きるか深く心配しています。何百万人もの人々は悲しんでいます」と書き、トランプがメッセージを送るための「貴重な時間を見つけることを願っています」とツイートした。各方面からの圧力を受けた後、トランプは事件から三日後の29日に漸く通常のサイトとは異なる米国大統領(POTUS)からメッセージを投稿した。そのツイートで「金曜日のポートランドでの激しい攻撃は容認できない。犠牲者たちは憎悪と不寛容に立ち上がっていた。私たちの祈りは、彼らと共にある」と表明した。歴代の大統領は海外先からでも、テロ事件及び異常な殺人事件の犠牲者に対するメッセージをほぼタイムリーに送る習慣がある。特に、ダン.ラザーは勇気と正義のために死亡した二人の男性の死を哀悼する長い文章を投稿した後、多数のメディアが注目していた。トランプは27日に帰国した後、多数一連のツイートを投稿したが、世間が騒いでいるこの事件に関して不可解なほど沈黙であった。

トランプの29日のツイートに反応した人々の一部は、トランプの犠牲者に対するメッセージが遅れたことを指摘した。また、この殺人容疑者は「アルト.ライトのトランプ支持者であった」と述べた人もいる。ある人は「残念なことに『トランプの憎悪と不寛容』もアメリカ人を犠牲にしています」と書いている。他複数の米国人は、白人主義者によって刺殺された例は他にも多数あることを指摘し、トランプが特定の人々に対する憎悪を煽り、それを正常化していると批判し、白人主義者はトランプの支持者であると述べるなど、トランプがしばらく無言を続けたその理由を分析するかのように様々に反応した。複数の裁判所によって停止されているトランプの大統領令によるイスラム教徒の一時入国禁止について、多数の専門家はイスラム教徒に対する宗教的差別が動機であると指摘している。しかし、彼は安全保障の為であると主張した。それが真実であるなら、イスラム教徒2人の女性を守るために立ち上がり、死亡した男性2人の家族に対して彼らの勇気を称える早急なメッセージを送ることができたはずである。いずれにしても、この事件はトランプの態度を集中的に注目する機会を国民に提供した。

Image result for Images of Portland Mayor, Ted Wheeler

この事件のショックと余波は複雑な問題を残す可能性がある。ポートランド市長テッド.ウィーラーは事件翌日の土曜日「正しいことを行い、憎しみに気付いていない人々のために立ち上がり、2人の男性は命を失い、別の人は負傷した。彼らの行動は勇敢で無私であり、私たちの全てに模範と激励として役立つはずです。 彼らは英雄です」と語った。30日のNPRによると、ウィーラー市長は右翼グループが主催する二つの集会を中止したい意向を公表した。しかし、非党派的で公平な判断をしているアメリカ自由人権協会(ACLU)は「政府はデモ参加者の視点に基づいて許可を取り消すか又は却下することはできない」とツイートを通して指摘した。ポートランドでは来月4日「トランプ言論の自由集会」及び6月10日に「シャリーアに反対する行進」のイベントが計画されている。いずれもデモ抗議を許可している米国政府が管理する広場で開催される予定である。ウィーラー市長は「私たちの街は哀悼の意を表しています。私たち地域社会の怒りは本当であり、これらのイベントのタイミングと課題は、すでに困難な状況を悪化させるだけです」とツイートした。NPRによると「トランプ言論の自由集会はアルト.ライト.グループに人気のあるカイル.チャップマンを特徴として宣伝されており、反ファシストの抗議者を棒で打撃することで有名である」という。白人至上主義者による暴力は長い歴史があるものの、アルト.ライト.グループが堂々と彼らの権利を主張し始めるようになった事は、特に昨年の大統領選後から目立ってきた社会現象である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。