アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump at Rose Garden in June 1, 2016

ドナルド.トランプは東部時間午後3時半から、彼の政権閣僚及び記者団が参加したホワイトハウスのローズ.ガーデンでパリ協定からの離脱を決定したと発表した。30分以内のスピーチは非常に悲観的で、米国優先のナショナリストの立場を明白にした。 パリ協定について近日中決定すると先週公表して以来、離脱の方向に傾注していることが予測されていた。欧州委員会のトップ幹部は、先日のG7でトランプはパリ協定について理解していない事を知り、トランプが離脱を決定した場合でも即時に効力を発揮することはないと説明した。米国40州は気候変動と戦うため既に画期的なプログラムに忠実である。トランプは、米国だけでなく世界の挑戦を受ける可能性があるが、政権の劇的な変化は何を意味しているだろうか?

トランプは、このスピーチでパリ協定は米国人に「過酷な財政的負担」をかけると述べ「私たちは出ます。我々は再交渉を始め、より良い取引があるかどうか見ます。それができれば素晴らしい。もしできなければ、それでも良いです」と語った。離脱の理由について「私たちの環境について深く気にしている人物として、 米国を罰する取引を良心的に支援することはできない。パリ合意は、米国にとって最高レベルで非常に不公平である」と主張した。オバマ政権下で調印したパリ協定は米国に有害であるため、非結合部分のある協定を賞賛することは止めるべきであると示唆する発言をした。また、パリ協定は天然資源のアクセスを阻止しているため、このプログラム下で多数の人々が仕事を失っていると述べ、 米国の経済を弱体化する要因になっている協定から離脱する時が来たと主張した。

昨日、欧州委員会の委員長ジャン.クロード.ユンケは大統領ドナルド.トランプがパリの気候変動協定から自国を引き出す決定をした場合、米国に立ち向かうことは「欧州の義務」であると述べた。また「アメリカ人は合意を解除できない」と述べ、それには「3〜4年かかる」と付け加えた。彼は最近イタリアで開催された首脳会議でG7の指導者は「トランプ氏にこれを簡単なセンテンスで説明しようとしたが、その試みは失敗したように見える」と述べ、ユンケルはトランプがパリ協定を理解していないことを暗示した。また「法律は法律である」と語り、離脱を宣言すれば、それで即時解放されることはないと警告した。パリ協定から離脱することを早くからトランプに圧力をかけていたトランプ政権の人物は、環境保護庁(EPA)の長官スコット.プルートである。

トランプのスピーチ後、CNNのジェイク.タッパーはプルートにインタビューし、エクソン.モービルのCEOであった国務長官レックス.ティラーソンや多数企業のCEOもパリ協定を支持していると述べ、「彼らはこの国で雇用を創出する事となると、彼らが何を話しているのか分かっていません?」と聞き、石炭雇用は自然消滅しているため、再生エネルギーが主要因ではないことを示唆した。プルートは「私はこれらの仕事が悪影響を受けることは非常に憶測だと思う。我々が客観的に知っていることは、過去の行政の気候活動の議題下で、この国の製造業が喪失し、エネルギー雇用の喪失が起こっていることです。それは事実です」と述べた。プルートはトランプがまだ「気候変動は悪ふざけだと信じていますか?」及び「貴方は現在気候変動が起きていると信じていますか?」とのタッパーのいずれの質問にも答えなかった。しかし、プルートは離脱の理由について、既に米国はクリーン.エネルギー技術で貢献している一方で、多数の国がまだ何もしていない為、不公平な状況があると述べ、米国はそのような技術的側面で取り組むと述べた。

今日ローズ.ガーデンにはトランプの最も腹心であるジャレッド.クシュナーとイバンカの姿は見られなかった。グローバル思考の彼らはパリ協定から離脱する事に反対していたと言われている。トランプの決定による多大な影響はグリーン気候基金(GCF)と呼ばれている気候変動に戦うための資金が停止される可能性があることである。GCFは気候変動財政を向上させる努力のため、及び気候変動に対処する開発途上締約国の気候変動対策プロジェクト及びその他の活動を支援するため気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)下で資金調達窓口を通して2020年までに年間1,000億ドルを提供するプログラムである。この資金がどこから来るのかについて不確実であったため、2010年2月上級諮問グループが創設された。直接貢献するのはEU加盟国である。資金供給が不十分で民間企業に依存する可能性があることは論争的であったが、オバマ前大統領は最後の任期が終わる前、基金に2億ドルの分割払いを開始した。

トランプの発表直後、CNNは複数のジャーナリスト及び批評家に意見交換の機会を提供した。参加者は、離脱決定の主な理由は予算である。総体的な決定のテーマーはオバマの議題を全て破壊することである。米国の最利益になることを行うと述べたトランプは「完全にナショナリストの思想」に基づいている。グローバル問題に関して基本的に異なる、との様々な感想が提起された。また、離脱せず何も努力しない事よりずっと良好であるが、トランプは世界をリードする力を失うとの意見もある。この決定に反対している人々は、最大の炭素排出者である米国が離脱した場合、他の国にも影響を与え、気候変動の努力は地球的に衰えることを懸念し、米国が協定を維持することを希望していた。しかし、米国多数の州及び都市はトランプがパリ協定から離脱しても、トランプの意思に関係なく気候変動と戦う事を決意している。不確実なことはトランプが望んでいる通り、資金を議会が数年後に削減した場合、連邦政府の劇的な変化が州や地方の優先課題の取り組みにどのような影響を与えるかどうかである。

しかし、オバマ政権の政策下で 40州は2030年の目標を達成する軌道に乗っている。35州は、電力会社が石炭火力発電所を閉鎖し、天然ガスに切り替えることを決定したため、既に2022年の暫定要件に従っている。非営利の気候.エネルギー問題研究センターによると、29州とワシントンD.C.は、風力、太陽光、地熱などの再生可能エネルギー源または代替エネルギー源から特定量の電力を生産する電力公益事業を要求している。カリフォルニア及びニューヨークでは、2030年までに50%の電力は再生可能エネルギー源である事を電力公益事業に命じている。他メリーランド、ミシガン、マサチューセッツを含む大部分の州はそれぞれのプログラムを計画しているため「州や都市はトランプなしで、気候変動の行動を取ることを公約している」が、これらの州や地方政府は予算の側面で多大なテストに直面する可能性もある。一方、欧州委員会の委員長ユンケルは、欧州が米国に対抗すると宣言している為、トランプ政権は様々な葛藤に直面することも予測される。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。