アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump vs Jimmy Carter

ワシントンD. C及びメリーランドはトランプ大統領を告訴したが、その後48時間以内に議会メンバー約200人は議員の立場から、別の理由でトランプに対する訴訟を14日提起した。オバマ大統領の移民政策、医療保険政策、及びエネルギー政策に反対する議会、州、及び宗教関係者などを含めて、幾つかの訴訟がオバマ政権下で提起されたが、議会メンバーが大統領を告訴する例では今回が最大規模である。憲法の報酬条項に違反し、米国議会の集団訴訟に直面する大統領はトランプが米史上初めてである。歴史上、大統領に就任する前、質素な個人ビジネスを運営していたジミー.カーターと比較すると雲泥の差がある。

原告は上院議会の10 人中7人 及び下院議会の10人中9人であり、合計196人の民主党議員である。この訴訟の先導者はコネチカット州の元司法長官で米国上院議員のリチード.ブルーメンサル、及びミシガン州米国上院議員のジョン.コニャーズである。彼らは大統領のビジネス関心及び法律違反は前代未聞であると主張した。訴訟の理由はトランプが ⑴ 憲法の報酬条項を無視し、⑵ 議会の認可を得ていない。⑶ 多種の方法で彼のビジネスの不法利益を受けていることが挙げられる。彼らは法律家に相談し、彼らの起訴状は議会に認可された特別の立場を明白にしている。議会メンバーは外国政府の腐敗から民主主義を保護する責任及び憲法の秩序を保持する義務がある。しかし、トランプはどのような利益を受けているかを議会に明らかにしていないため、彼が憲法の報酬条項に違反していないかどうかを議会が事前に認可する機会はない。告訴のケースは通常原告側に有害または損失があった場合、訴訟のメリットがあるとされている為、37ページの議会起訴状には憲法の報酬条項に関する説明及び議会の権利、責任、義務について述べている。

起訴状は、外国政府から支払いを受けている例を説明した。サウジ政府は1月ワシントンD.Cのトランプ.ホテルの高級部屋に支払った会社のロビー活動を後援した。及びクェート大使は2月、トランプ.ホテルで祝賀会を主催した。また、中国政府はトランプ.ブランドの建設、ゴルフ.クラブ、ホテル及び他のベンチャー.ビジネスにトレードマークを保護するため、1月から予備的承認を与えた。中国及びアラブ首長国連邦(UAE)からの外国政府に後援されているニューヨークのトランプ.タワーには少なくとも2つのテナントが存在することが記載されている。この起訴状はワシントンD.Cの連邦裁判所に提起される予定である。

コニャーズは「楽しみや党派的な理由でやっているのではない。トランプ大統領は我々に他の選択の余地を与えていないからである」と述べた。トランプは少なくとも20か国に500以上 のビジネスを保持している。それらはホテル、ゴルフ.コース、アパート建物があり、それらの多くは外国政府とのビジネスに関与している。先月公開されたトランプの会社ポリシーは、トランプが所有するビジネスは個人顧客が外国政府を代表しているかどうかを確認していない。ブルーメンサルは、トランプが外国政府とのビジネスを行っている彼の会社の状況を公表する必要があり、憲法の報酬条項下で、憲法の義務を行使する議会に拒否または認可する権威があると指摘した。ブルーメンサルは「我々が知らないことに同意することは出来ない」とし、トランプは「我々の憲法の義務を妨害している」と批判した。

トランプは特別捜査官による司法妨害の調査下に置かれたことが今日報告されたが、彼に対する壊滅的なニュースはほぼ毎日公開されている為、ホワイトハウスは混沌状況であるようだ。加えて、米国の政治史上過去に利益相反の疑いで議会の調査を受け、報酬条項で告訴された大統領は存在しない為、前例のないこのケースは紛争が予測される。39代大統領のジミー.カーターは1977年に就任した時点で、利益相反の問題に関与したくないと宣言し、農家を援助する為それまで経営していた比較的質素なピーナツ栽培ビジネスをトラスト下で独立した受託者に与えた。これにより、彼の承認なしに倉庫を売却し農場を借りる裁量を与えた。両氏を比較すると、カーターは貧困者のために住宅を建設したが、トランプは自身のために黄金のホテルを建設した。また、トランプは海外に500以上のビジネスを保持し、その所有権を維持している為、利益執着の規模は想像に絶するものがある。2016年のキャンペーン中「大統領になれば、私の会社の事はあまり気にしません。それはピーナツ(微々たる物)です。私はアメリカを再び金持ちにし、アメリカを再び偉大にしたいと思っています」と語った。それが事実であるなら、彼は就任前にビジネスを売却することに問題はなかったはずであるが、実際には売却もブラインド.トラストのいずれの方法も拒否した。議会の集団告訴は、その時のトランプの言葉と現在の行動に多大な矛盾があることを証明している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。