アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Robert Muller vs Trump

トランプ大統領に対する犯罪捜査は初期段階を迎えた。特別捜査官ロバート.ミュラーは個人的に面談する人物のリストを公表した。ミュラーはトランプが司法妨害を犯したかどうか、及び 資金洗浄を含む潜在的財務犯罪を調査する方向性であるが、現時点では情報を集める初期段階である。 8日に開催された上院情報委員会での元FBディレクター、ジェイムス.コミの証言によって転換期を迎えたトランプに対する初期段階の犯罪捜査は何を意味するだろうか?

ミュラーがインタビューする最初のグループは米国の諜報機関関係者であり、国家情報(NI)機関のディレクターであるダン.コーツ、国家安全保障局(NSA)の責任者マイケル.ロジャース、元NSA副ディレクターのリチャード.レジェットである。彼らは、今週初めインタビューに応じることに同意した 。NSAは「特別捜査官に完全な協力をする」と述べている。これらの協力者に対して、大統領がミュラーの捜査を阻止するため行政特権を行使できるかついては疑問であるが、ワシントン.ポストによると、最高裁は「ウォーターゲートのスキャンダル中、職員は刑事訴追において、証拠を保留する特権を使用することは出来ないと判定した」と専門家は指摘している。また、ミュラーはトランプに対する司法妨害の捜査においてトランプとコミ間の会話を記録したメモのみを基盤にしているわけではなくもっと複雑である。しかし、コミの証言及び彼の同時発生的記録は、選挙期間中ロシアと接触があった元安全保障顧問マイケル.フリンに対する捜査停止を強く望んでいるトランプに対して直接疑惑が向けられる皮肉な結果になった。司法妨害の証拠が発見された場合、大統領を起訴することは適切ではなく、最終的に議会が大統領を弾劾するかどうか決定すると予測されている。これら3人はトランプ陣営のメンバーではないが、彼らは非公開のミュラーとのインタビューでは議会委員会での公開証言よりもっと多くの情報を提供する可能性がある。ミュラーはその情報に基づき、更に捜査を拡大する必要があるかどうかを決定すると予測されている。

加えて、財務的犯罪の可能性も捜査中である。4日のニューヨーク.タイムスによると、ミュラーの調査では「トランプの仲間による資金洗浄も検討していると元高官は述べた。その疑いはロシアの関係者とのあらゆる協力は、何らかの金銭的報酬と引き換えに行われ、おそらくオフショア.バンキング.センターを通して、その支払いを隠す努力があった可能性が高い」ということである。トランプは過去に反資金洗浄規定に違反した歴史がある。1998年の財務省417ページの和解契約書を取得したCNNの調査によると、トランプ.タジ.マハル.カジノは初年度及び1990年代初期の半分の運用で106回 反資金洗浄規則を破ったという。カジノは1日に10,000ドル以上を払ったギャンブラーを適切に報告しなかったことが繰り返しあったと政府は述べている。トランプのカジノは、1998年に銀行秘密法下で 如何なる責任を認めることなく477,000ドルの罰金を財務省に支払う結果になった。

結局、ロシア関連の調査はホワイトハウスが捜査下に置かれたため、ミュラーは積極的に活動し、調査を拡大したことを意味する。これまでの調査は米国の選挙を干渉したロシアとトランプ陣営が共謀したかどうかに焦点を当てていたが、トランプによる司法妨害の可能性及び資金洗浄に関与しているか、または支払いを受けているかどうかの犯罪捜査が追加されたことを意味する。財務面の調査はミュラーが任命される前から開始されていた可能性があるが、少なくともここ数日間で明白になっている。ファロー.ザ.マニー(Follow the money: 金を追え)という表現があるが、トランプの政策、特に彼のアパートを購入するようなサウジアラビアとの積極的な友好関係の努力に見られる外交政策、富豪層を更に裕福にする極端な減税計画など、トランプの政策はほぼ全て彼に直接利益があることにも無関係ではない。昨日議会メンバー196人がトランプに対する訴訟を提起した理由も関連性があり、多数のドットは繋がっているように見える。

ホワイトハウスが捜査下に置かれたため、一部の職人は捜査当局のインタビューまたは議会委員会の証言に召喚される可能性があることを示唆した。トランプの弁護士マーク.カソウィッツは先週、ホワイトハウスの職人に彼らが個人の弁護士を雇う必要はまだないとアドバイスしたことが報告されたが、法律家はこのアドバイスは非合法であると指摘した。ホワイトハウスに対する調査はトランプが5月9日にコミを解雇した後に開始されたため、トランプがもがけばもがくほど泥沼にはまる状態に直面している事を示唆している。彼は今日、ロシア関連の調査は作り話であるとツイートし、前代未聞のウィッチ.ハント(魔女狩り)であると攻撃した。一般的に、民主党が議会を支配しているか又はトランプが民主党大統領であった場合、共和党は既にトランプを弾劾していたと見られている。真実を求めている圧倒的多数の米国民が日々見ていることは、ほぼ全て正常ではない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。