アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of U.S & Japan on July 26, 1941

1941 年7 月26 日は、米国が日本に厳しい経済制裁を課した日である。その制裁は米国に保持している日本の資産を凍結し、貿易を停止することであった。米国が日本に経済制裁を課した理由は日本がフランス領インドシナを占領にした事が引き金になったと思われる。平均的アメリカ人は、なぜ日本は真珠湾を攻撃したと思うかと尋ねてもそれを正確に答える人は少ないが、歴史は米国の日本に対する経済制裁が要因であることを示唆している。第二次世界大戦後、米国の制裁は人権侵害のある一部の国及びテロリストを保護している国に対して禁輸措置を講じている。

1937年から1941年の期間、日中両国間の紛争が激化したことが米国関係に影響を及ぼし、最終的に米国は日本とドイツに対して本格的な戦争を押し進める結果になった。1937以前、日本と中国に対する米国の立場は歴史家によってその見解は異なり、曖昧な部分がある。国務省の歴史事務所によると、1937年7月7日、北京近くのマルコ.ポーロ橋で中国及び日本軍が衝突し、日中が本格的な戦争に突入した後、米国は中国に同情した可能性が高い。日本軍の動きを見ていた米国の世論は、日本が南京の首都に入った頃中国を支持した。南京からアメリカ市民を避難させている折り、日本軍は米国のUSSパナイを爆撃し 3人が死亡した為、日米間の緊張が高まった。これはUSSパナイ事件として知られている。

1937年12月12日、日本軍は南京郊外の揚子江に停泊していた米国砲艦パナイを攻撃した。日本軍は砲艦の甲板にアメリカの旗が見えなかったとして謝罪し、損害賠償を支払った。この時はまだ米国と日本は戦争中ではなかった。米国政府は引き続き、日本との紛争を避け謝罪を受け入れた。1940年から1941年の期間、米国政府は中国政府に軍事用品購入の信用貸しを拡大し、中国に対する米国の援助を公式化する一方で、 既に軍事産業を築いていた日本に対する規制を徐々に強化し始めた。米国は1940年1月以降、中国への援助を増大し、資源不足で石炭、 鉄鋼、スズ、銅、ゴム、石油などの原材料を米国及び欧州からの輸入に依存していた日本に対して、そのような資源を徐々に貿易禁止する戦略を開始した。1941年中頃、日本はソ連との中立協定を締結し、日本軍は米国が多大な関心を抱いていた東南アジア進出を明らかにした。フランスのヴィシー政権と三回目の合意に達した日本は、日本軍によるインドシナ半島への移動及び南進開始を可能にした。この動きに反応した米国は日本の外交官との交渉を一時停止し、日本への輸出を完全に禁止し、ビルマ公路に沿って中国に物資を送付することで増大している脅威に対応した。

日米両国は交渉を試みるが、当時米国人の親中国の感情はその努力を著しく困難にした。1941年7 月26 日フランクリン.ルーズベルト大統領は、米国銀行にある日本の資産をすべて凍結する大統領令に署名し、日米間の貿易を遮断した。同年12月7日朝、帝国日本海軍はハワイ州真珠湾にある米国海軍基地に対して驚きの奇襲攻撃を展開した。これに対する報復として、ルーズベルト大統領は1942年2月19日から1946年3月20日まで日系アメリカ人を特別指定キャンプに拘束することを命令した。当時キャンプに強制収容された日系人は10万から12万人であると言われているが、その約60%は日系アメリカ市民であった。

Image result for images of Russia, Iran, North Korea

第二次世界大戦後、米国の経済制裁は主に人権乱用とテロリズムのスポンサー国に対してである。1950年には人権虐待があった北朝鮮に対して、1962には同じく人権乱用でキューバに対して禁輸措置を講じた。米国はイラン革命に反応し1979年に経済制裁を課した。ロシアに対する米国の制裁は、クリミアを併合し、ウクライナ東部の反勢力を支持したウラジミール.プーチンを処罰するため、ヨーロッパとの国際協力により、2014年にオバマ政権が制裁措置を講じた。昨日、下院はロシア、イラン、北朝鮮に対する制裁法案を通過し、上院でも近日中の投票が期待されている。今日、ロシア政府はトランプ大統領が署名した場合、報復の可能性があると警告したと報じられた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。