アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Mick Mulvaney on CNN July 30, 2017

28日上院でアフォーダブル.ケア.アクト(ACA)またはオバマケア撤廃及び代替え案の一連の投票に失敗した後、トランプ大統領は一貫性のないツイートを投稿し議員に圧力をかけ、現存する国の法律を怠業する脅しさえ表明している。超党派の上院議員及びトランプ政権の複数のメンバーは、将来の医療保険の取り組むについて多様な反応を示している。最近の複数の世論調査ではACAを撤廃せず修正することを希望する国民は60%以上に達した。ジョン.マケインの立法手順に関して超党派の積極的な論議はまだないが、上院議会の両党は超党派の取り組みを前向に表明するようになっている。

トランプは上院議会で一連の投票に失敗した後、多数のツイートを通して上院議会に多様なプレッシャーをかけている。撤廃と代替え案の制定を同時にするとの主張、撤廃のみを先に行い、内破させるなど頻繁に言うことが異なり、呆れるほど一貫性がない。最新の主張は現行法で医療保険会社に提供されている助成金を停止する脅しから、別課題の法案に取り組む前に再度、撤廃の投票を試みることを提案することに至るまで、ツイートに多忙である。29日の9:27 AM の投稿には「新しいヘルスケア法案がすぐに承認されない場合、保険会社の救済と議会の救済はすぐに終了する」と述べ、資金停止さえあると脅かした。しかし、大統領のツイート癖に慣れてきた議員らは動揺していない。30日の日曜日、幾人かの政権メンバー及び多数の議員は各種のニュース番組で将来の医療保険について様々な反応を示した。ホワイトハウスの予算管理局長であるミック.ムルヴァニーは、CNNのState of the Unionでトランプが上院を威圧していることを「 人々のムードを反映しているだけです」と述べ、大統領は負債限度など別の議題に進む前に上院が完全に諦めていない限り、もう一度オバマケアの撤廃を行うべきであると提案したトランプを擁護した。また、ムルヴァニーは「現在最も重要な問題」をアメリカがどう考えているか知るため、世論を知る必要があると提案した。

ほとんどのアメリカ人はオバマケアを維持し修正することを望んでいる。ロイターが29日に公表したReuters/Ipsosの独占調査によると、ほぼ2/3の国民はACAを保持または修正することを希望し、大半の国民は他の優先課題に進んで欲しいと思っている。64%はオバマケアを全体的に保持するか又は問題のある部分を修正した後に保持することを希望している。これは1月の54%から10%ポイントも増加した。また、4月25日に公表されたABCニュースによると、ABC News/Washington Postの合同世論調査は、ACA撤廃及代替え案制定を支持する率は全国的にわずか37%であり、61%は維持し修正することを支持している。広範な世論は「79%から13%の人々は、急いで失敗させるのではなく、トランプが現行法を可能な限り、うまく機能させることに努力するべきだ」と述べている。Hart Researchの調査に基づく3月6日のLAタイムスの報告によると、68% のアメリカ人はオバマケアを維持し、改善することを希望しているが、撤廃を望んでいる率は32 %である。また、共和党のほぼ全ての法案はメディケイドを大幅に削減したものであったが、トランプに投票した有権者54%を含めて、ほとんどの米国民はメディケイド.システムに好意的である。

Image result for images of Tom Price on ABC This Week, July 30, 2017

保険福祉省(HHS)の長官トム.プライスは、下院議員時代、撤廃を支持する共和党議員の一人であった。議会が撤廃法案を通過しない場合、自然に「内破させよう」と危険なサボタージ(怠業)を示唆したトランプの提案に従い、議会が予算法案にオバマケアの助成金を提供した場合でも、HHSに割り当てた資金を保険会社に提供しないことで、トランプ政権は現行法のACAをサボタージすることはあり得る。今日、ABCニュースThis Weekのインタビューで、ホストのマーサー.ラデツは「貴方は内破を手伝うのですか又は修正するのですか」と尋ねた。彼は「法律の規則と規制のすべてを検討し、コストを押し上げて患者を傷つけるかどうかを判断します」と述べた。しかし、その可能性がある場合「別の方向に進むつもりです」と語り、大統領が議会に行動するよう要請している理由は「システムが崩壊している」からであると答えた。

基本的にオバマケアの撤廃に反対しているスーザン.コリンズ(メイン)はCNNのジェイク.タッパーとのインタビューで、トランプに脅されても彼女自身の投票には影響を受けないことを明白にした。コリンズは「議会メンバーと保険会社への救済を終える」と脅しているトランプのツイートについて質問され、それは「保険会社の救済策ではなく、低所得者を助けるために行動しなければならない理由がある一例です」と述べた。また、クリニック訪問時の支払いや医療費の支払いを容易にする税控除などの救済措置である助成金を断つ事でACAをサボタージした場合、保険会社より「最も脆い一部の市民」が彼らの治療に影響を受けると述べた。

Image result for images of Jeff Flake on Face the Nation, July 30, 2017

マケインは25日、共和党の立法制定プロセスは過度に党派的で原始的であるとの怒りを表明し、時間を要する伝統的な方法に戻るよう提案した。しかし、多数の側面で立法制定の背任行為を推進した両院のリーダーに対して批判したマケインに大多数の共和党は無言を続けている。しかし、コリンズは医療保険の取り組みは超党派で行う必要があると主張したマケインに同意している。上院議員ジェフ.フレイク(アリゾナ)は今朝、CBSのFace the Nationでのインタビューで、共和党員はACAを廃止しようとしたが、共和党員だけで議題を達成することはできないだろうと述べ、難しい外交政策である北朝鮮、負債と赤字、医療改革など「解決しなければならない大きな問題がある」とし、特に医療保険に関しては「一党だけで行うには限界があることを見てきた」と述べた。同じくFace the Nationでのインタビューを受けた上院民主党ダイアン.フェインスタイン(カリフォルニア)はマケインが指摘した通り、伝統的な立法プロセスに戻ることに同意した。最後のACAの一部撤廃法案であるスキニー.リピィール法案投票に失敗して以来、多数の共和党は超党派の協議に基づく法案制定に目を向け始めた為、両院のリーダーを説得する時が来たことを示唆している。トランプを含む多数の共和党は夏の休暇から戻り次第、再度法案に取り組む可能性があるが、その前後の期間にトランプのツイートの主張に従い、再度オバマケア撤廃に投票する可能性は極度に低い。新たな医療法案制定に両党で取り組む可能性があるかどうかは上院多数派リーダーのミッチ.マコーネル次第である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。