アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of McConnell and white flag

アフォーダブル. ケア.アクト(ACA)又はオバマケアの撤廃及び代替え案の取り組むに関して、共和党は白旗を振り始めた。Wave the white flag (白旗を振る)との表現は諦めることを意味する。トランプ大統領は再度投票を行うことを要請し、ACA撤廃の努力をしない場合、助成金を停止すると脅しているが、上院共和党リーダーはその脅しを無視し、再度の取り組みを諦めた幾つかの明白な兆候がある。加えて、複数の両院共和党議員は助成金停止を主張しているトランプの脅しに対して、別の方法で対処すると宣言した。更に、今日裁判所は助成金の保護に立ち上がった多数州の法的権利を認める決定を下した。これらの展開は何を示唆している?

上院議会の共和党多数派リーダー、ミッチ.マコーネル(ケンタッキー)は、他の課題の法案に取り組む前にオバマケア撤廃の法案に再度投票することを要求したトランプ大統領の主張を完全に無視し、他の課題に取り組むことを表明した。マコーネルは先週、次から次に法案の投票に失敗し、最後の望みであったスキニー.リピィール法案の投票でジョン.マケイン(アリゾナ)の予測外の1票を失った。医療保険に関して、多数派の共和党には50票さえないことを悟った彼は白旗を振り始めた。ガーディアン及びハッチントン.ポストの記者であるサヒル.カプルは1日のツイートで、マコーネルは昨日の朝「今週我々は指名候補者を承認し、FDA法案を行い、退役軍人の改正を行います」と発表したと報告した。マコーネルは上院議会のメンバーに一週間のスケジュールを概説し、オバマケア撤廃の取り組みから別の課題に進むことを明白にした。 上院議会は7月25日の火曜日から28日の金曜日まで連続4日間で論議及び少なくとも17の改正版に投票マラソンを実施し、過去には見られない集中的な取り組みを行った。マケインは法案制定の手順をもっと超党派の伝統的な方法で実施しない限り投票に参加しないと宣言した為、再度投票しても同じ結果になること認識していると思われる。上院共和党リーダーが白旗を振っている限り、再度撤廃の動きはないことを示唆している。

Image result for images of Trump and McConnell

しかし、ACAサボタージ(破壊活動)の動きはホワイトハウス(WH)から来ているため、その脅威に挑戦する戦いは残っている。トランプはCost-Sharing-Reduction Payments : CSRP(費用分担削減の支払い)と呼ばれる低所得者の医療コストを削減する為保険会社に支払われる助成金を停止すると脅かしている。トランプはCSRPが保険会社に対する「救済」措置であると考えているようであるが、実際には病弱及び低所得の米国人のために支払われている。CSRPのサボタージは保険料が大幅に高騰し、医療市場を混沌に陥れる危険な引き金になる。トランプのこのような無謀な主張を公的に支持する共和党議員はいないようであるが、この状況を懸念した複数の共和党穏健派は月曜日の記者会見で、彼がACAのサボタージを強固に推進した場合、他の方法でそれを停止すると宣言した。米国上院共和党議員のジョン.スーン(サウス.ダコタ)は大統領が「彼の権威を利用」してCSRPの支払いを「拡大することを願っている」と述べ、トランプが支払いを停止した場合、議会は今後それらを保護するため、他の可能な「選択肢を検討」すると述べた。下院議会の共和党穏健派であるチャーリー.デント(ペンシルベニア)及びケビン.ブレイディ(テキサス)も市場を安定させるCSRPの重要性を強調した。

また、多数の民主党州は CSRPの助成金停止を脅すトランプ政権に法的挑戦を開始した。2014年下院議会の共和党は、CSRPの支払いは非合法であるとしてオバマ政権を告訴した。2016年5月、ワシントン州の地方裁判所判事ローズマリー.コルヤーは配当なしに助成金を支払うことを政府に禁止したが、オバマ政権の上訴を予期し彼女の決定を保留した。先週上院で多数の撤廃及び代替え法案の投票に失敗した後、オバマケアの市場を安定化させる必要があった。17州及びコロンビア特別区はワシントンの米国控訴裁判所に上訴した為、裁判所はCSRPの補助金を保護する法的権利があることを認めた。ニューヨークとカリフォルニアが先導したこの法的挑戦は10年間で推定$1,750億の支払額が議会によって適切に充当されない結果になった下級裁判所の決定を逆転する為であった。その3ページの判決で、控訴裁判所は行政が彼らの権利を守るかどうかについては「十分な疑いが」あった為、州が裁判に参加することを許可した。控訴裁判所の判定はトランプ及び彼の保健福祉省によるCSRP停止の動きに対して、これらの州の司法長官は挑戦することが可能になったことを意味する。つまり、法的にCSRP助成金を保護する権利を与えた為、ACAの安定化を目指す州にとっては明るい展開になっている。

上記の展開に加えて、共和党がオバマケア撤廃に関して白旗を振り始め、別の課題に目を向けている明白な兆候がある。今日下院議会共和党のトム.コットン(アーカンソー)を含む2名は合法的移民を削減する新たな法案を草稿した。彼らは、大統領の支持を得るためWHを訪問し、その概要を説明したが、早速上院民主党の反発に直面している。WH は北朝鮮の核実験の脅威に関心を向け、関係者は論議を展開している。今朝午前2時頃米軍はロスアンゼルス北西に位置するバンデンバーグ空軍基地で非武装の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の打ち上実験を行い成功したと報告されている。北朝鮮は数日前二回目のICBMを打ち上げたばかりであるため、両国間の緊張が高まっていると言われている。トランプは両院で満場一致に近い支持率で通過した北朝鮮、イラン、ロシアに対する制裁法案に歴代大統領の署名スケジュールより数日遅れて今朝署名した。彼は、この法案はロシアに対する彼の権限を弱体化すると述べ、ロシアの制裁に非常に消極的な姿勢であることを示唆した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。