アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of White House's chaos

国内政策からグローバル問題に至るまで、ほぼ全て白人ナショナリズム思想を基盤にし、極右派の政治政策を推進していたホワイトハウス(W.H)の戦略顧問スティーブン.バノンは金曜日に解雇された。また他の主な一部顧問の辞職の可能性も噂されている。バノンが去った後のトランプ大統領の主要側近は主に民主党または左翼寄りの人たちである為、もっと主流派の政策に変わる可能性も期待されているが、トランプは大統領職とホワイトハウス崩壊の危機に直面している多数の要素がある。

18日ホワイトハウスを去ったバノンは白人ナショナリスト.サイトのブライトバートに戻り、保守派の課題を再度促進すると言われている。バノンはトランプ大統領のために「戦争に行く」と述べた。解雇された後、最初に彼が語ったブルンバーグ.ニュースによると、解雇による混乱を防ぐための声明を公表したバノンは「私はホワイトハウスを離れ、議会議事堂、メディア、アメリカの企業など彼の反対者に対して、トランプのために戦争に行きます」と表明した。ブライトバートのCEOである彼は夕方編集委員会を開催し、執行委員長としての役割を再開したという。彼は今後W.Hの外側からトランプのアジェンダに反対する者に徹底的に対抗するとの決意を表明している。

わずか10日間のコミュニケーション.ディレクターであったアンソニー.スカラムチは先週、トランプはバノンを解雇し、もっと主流派が支持する政策を掲げるべきであると提案した。バノンが去った後のW.Hは主流派の方向に傾注することが可能になるかどうか疑問である。現在、経済顧問のゲイリー.デイビッド.コーンは投資銀行家であり、2006年から2017までゴールドマン.サックスの最高執行責任者であった。現在彼はトランプ大統領の国家経済審議会のディレクターであり、民主党に登録している人物である。トランプが信頼している娘婿のジャレッド.クシュナーは一般的に民主党であると認識されている。彼の娘イバンカは 2016年予備選の頃まで無所属であると述べていたが、右翼系ラジオ.ホストのラッシュ.リンバァーによると、彼女も民主党である。ユダヤ人である夫のクシュナーに従い、ユダヤ教に改心した彼女は産時有給休暇などリベラルな政策を提案していた。しかし、顧問の意見を容易に受け入れることはないと言われているトランプに対する彼女の影響力は低いと見られている。

トランプの国家安全保障顧問であるH.Rマクマスターは 1984年から米軍で幅広い活躍をしている人物であるが一定の政党に登録している記録があるかどうか不明であるが、昨日リンバァーは「マクマスターは民主党である」と述べた。トランプの同意によりバノンを解雇したW.Hの大統領補佐官ジョン.ケーリーは2012年から2016年までオバマ大統領政権下で米国南部指揮官であった。彼がどちらの党に登録しているかは不明であるが、少なくとも中立派である可能性が高い。一方 、スピーチ.ライターでバノンと並んで政治政策顧問の役割を果たすスティーブン.ミラーは、イスラム教6か国からの移民及び難民の一時入国禁止を影で強く推進した人物である。彼はバノンと同様、白人至上主義の極右派的なイデオロギーを推進し、就任式のスピーチを起草して以来、ウェスト.ウィングでの役目を強化している。民主党及び左翼系の批評家は彼も同様に人種差別者であり、彼の存在は多数の温厚派との衝突の原因であるため、解雇する必要があると主張している。現在W.Hに残っているメンバーの党所属には一貫性がなく、前代未聞の不統合な状況であることがケオス(混沌)に起因している。

先週バージニア州シャーロッツビルでのネオ.ナチスのメンバーによる殺人行為が発生した事件後、ホワイトハウス及びトランプの大統領職は崩壊したと言われるほどぐらついている。トランプがナチスやK.K.Kなど白人優越主義者の集会を擁護する発言をしたため、彼の政策を推進するための評議会や委員会のパネルはほぼ全て解散する結果になった。この影響でバノンは解雇されたが、トランプの経済顧問コーンを含む数名も辞職するとの噂がある。W.Hでのケオスはトランプの大統領職が機能していない証拠である。ナチス台頭の時代から、恐ろしい人種差別の集団を擁護する大統領は歴史上存在しないが、トランプは大統領としてその人種差別や白人優越主義の危険な思想を心棒するグループに立ち上がった一般大衆に対して、両側の本質の違いを無視し、虚偽の道徳的同等性を主張することで米国の根本的立場を明言しなかった。これはトランプがあまりにも多数の人々の支持を失う引き金となった。また国内外からの厳しい批判にも直面した。多数の海外のリーダー、合同参謀本部複数のメンバー、製造、戦略、芸術/人道、インフラを含むトランプの課題の基礎であったビジネス地域社会は全てトランプのリーダーシップの失敗を非難した。雇用拡大を強調していたトランプの最大の痛手はそのリーダー達の確信を失ったことである。

従って、ホワイトハウスのケオスは大統領自身に起因しているため、実際にはバノンを解雇したことが問題の解決にはならない。ロシア関連の調査は引き続き強化され、イスラム教徒に対する差別的移民法及びオバマ政権の気候変動規定を破壊するトランプ政権の環境保護庁に対する相次ぐ訴訟が解消するわけではない。加えて、医療保険政策で共和党上院リーダーのミッチ.マコーネルに敵対したことで、マコーネル側に立った上院共和党議員らとほぼ完全に孤立したトランプは彼が望む課題の制定に益々困難な状況に直面している。特に15日以降、トランプは精神的に不安定であるとして「ナンバー.ワンの国家の脅威」になっていると言われている。18日下院議会3人の民主党はトランプ大統領を非難する決議案を紹介した。現在、この決議案の後援者は約80人に増加した。非難決議案は象徴的な要素がある為、大統領の言動を阻止することは不可能であるが、非難決議案が通過した場合、議会メンバーはツイートまたはニュース番組のインタビューで懸念を表明する程度の批判からトランプの行為を直接拒否し否認する権威を得る。議会は非難決議案に具体的な監視条項を記載することで、議会からのトランプに対する圧力を強化することを可能にする。バノンが解雇された後、正常化する要素はほとんどないことに加えて、トランプの大統領職とホワイトハウスは崩壊の危機に揺れている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。