アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Related image

8月21日午前10時16分、オレゴン州で最初の世紀の皆既日食が観察された。同州のリンカーン市の公園に集まっていた人々は歴史上稀に経験することの歓喜を表明した。わずか数分のこの瞬間をテレビ画面でしか確認できなかったが、表現しがたい感動を覚えた。観察している群衆の空上で円周に光沢のある黒のスポットが現れた瞬間、あたりは夜の暗闇に変わった。当地で取材中の記者は気温が一時的に下がったと報告した。今日トランプ大統領もメラニア夫人と並んでホワイトハウスのバルコニーに立ち、大統領は一瞬保護メガネなしに空を見上げた瞬間、人々が叫んだと報告された。合衆国の沿岸から海岸を横切る皆既日食はなぜ、一般米国人及び天文学者にとって重要なのか?

Image result for images of path of total solar eclipse Aug. 21, 2017

2017年8月 21日 総日食の経路

米国が「世紀の皆既日食」を観察することが可能な歴史上稀な今日、良好に観察可能なスポットには海外から多数の人々が訪れ、数千万のアメリカ人が熱狂的に観察していると言われている。皆既日食の道程はオレゴン、アイダホ、モンタナ、ワイオミング、ネブラスカ、カンザス、ミズリー、アイオワ、イリノイ、ケンタッキー、テネシー、ジョージア、ノース.キャロライナ、サウス.キャロライナ州である。観察可能な瞬間の時間(分数)も都市ごとに異なり、非常に小さな都市、特に経路の端に近い都市の場合でも、その都市のどこにいるかによって大きく影響を受けるため、可能な限り中心線に近づいて最長時間で観察可能なスポットを選択する必要があると専門家はアドバイスした。21日午前10:18にオレゴン州のセーラムで見られた皆既日食は午後 14:46にはサウス.キャロライナ州チャールストンで見られたことが記録された。

Image result for images of total solar eclipse in August of 2017

北米は今日「世紀の皆既日食」と表現し、99年ぶりの歴史的イベントとして興奮している。これは非常に稀な現象であり、人生で一度あるかないかの貴重な経験をするため、各地の観測スポットでは大勢の人々が集まっている。太陽赤外線は人間の網膜を焼く可能性があるため、国際安全規格に適合した特殊眼鏡を着用しなくてはならない欠点があるが、観察者は非常に稀で不思議な体験に興奮した歓喜を伝えている。APの取材報告によると、オレゴン州のセーラムで「太陽が光の銀色系リングに縮小した」光景を見て涙ぐんだ女性は人生でこれ以上に素晴らしいものを見たことは「絶対にない」と語った。月に隠れた太陽は指輪のように光るため、ダイアモンド.リングのように見える現象に感動した声は他の地域でも聞かれた。ホワイトハウスでは、トランプ大統領とメラニア夫人が並んでトルーマンのバルコニーに立ちトランプは2回瞬間的に「保護メガネを使用せず空を見上げた」ため、驚いた人々が「見ないで」と叫んだとホワイトハウス専属の記者が報告した。その時、ポケットから保護用メガネを取り出し、周りに見せた様子をカメラがキャッチした。トランプは日食を本格的に見ていた時、ほとんど保護眼鏡を着用したと報告された。

Image result for images of moment of turning day into night when eclipse appear in August of 2017

今日のイベントが「世紀の皆既日食」と呼ばれるほど天文学者にとっても重要である理由は ⑴ 太陽のコロナと呼ばれるその大気の最外部は通常観測できないが、米国の各地で皆既日食が観察される今年8月21日は太陽の謎を発見する最も良い機会である。⑵ 皆既日食を観察するわずか数分間、観察者は太陽と地球の間を月が通過している過程で昼間が夜に変わる瞬間を経験できる。天文学者のパトリック.ムーアによると、このイベントは「すべての自然の中で最も雄大です」と述べている。⑶ 科学者はヘリウムの発見からアインシュタインの一般相対性理論の確認まで数々の大きな進展を見ている。何世紀にも及んで開発するため学んだ現象であり、天文学者は月曜日にこの成功率を維持したいと望んでいる。⑷ 今日それは特に重要である。多数の天文学者は、西部のオレゴンから東部のサウス.キャロライナまで伸びる中央アメリカの居住地を横断し2,500マイルを追跡する。⑸ 皆既日食の経路に沿って約1,200万人が在住しており、彼らは自宅周辺で観察することが可能である。訪問者が各地のスポットに集まりこのイベントを目撃するにつれ、その数は確実に増加すると予測された。21日の素晴らしい世紀の天体現象は、最近益々分裂している米国日常の喧騒を忘れさせる瞬間があったことだけでも大切である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。