アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of DACA and Dreamers

オバマ前大統領の通常ダカと呼ばれる(DACA)移民法は、現在危機に直面している。これは子供の頃不法移民の両親または片親と米国に入国し、米国で成長した若い世代の約80万人に合法的滞在資格及び労働許可を与えたオバマ政権の移民法である。トランプ大統領はこれを廃止することを考慮していると昨日公表されたため、多数の共和党議員及び 数百人のトップ企業のCEOは非人道的な動きに対して、驚くべき素早い行動力で強烈に反応した。ホワイトハウスは来週火曜日にその決定を公表すると述べた。ドリーマーを保護するDACAが廃止される可能性がある現在、今年1月に提案されたブリッジ法を見直す必要がある。

来週から議員たちは議会に戻るが、トランプは突然オバマ政権下の移民法であるDeferred Action for Childhood Arrivals(DACA)の規定下で800,000人に与えた保護を廃止する意図があることを示唆したため、論争的問題に発展した。ドリーマーと呼ばれるこれらの人々は、2012年6月オバマ大統領によって、合法的在住資格及び労働許可を与えられている。その権利が奪われた場合、彼らは米国以外の国に住むところはない。トランプに対抗することに恐れなくなっている共和党は、トランプDACA廃止の動きに素早く反応した。下院議長ポール.ライアンはウィスコンシン州地元のジェーンズビルにあるWCLOのラジオでのインタビューで、ハリケーン.ハービィの救済措置、税制改革などについて語った。また、トランプはキャンペーンで公約した通り、DACAを終わらせるべきかと聞かれ「私は実際にそうするべきだとは思わない。これは議会が修正しなければならないものだと私は信じている。彼らには別に住む家はない」と躊躇なく語り、DACA廃止の動きに反対の立場を明確にした。ライアンのこのインタビューはFacebook に掲載され、複数のテレビ.ニュースで紹介されている。

また、上院共和党議員のオリン.ハッチは今朝ツイートに添付した声明文で 「私は大統領にDACAを廃止しないよう急遽要請しました。我々は恒久的な解決策が必要であり、それは議会から来るべきです」と述べた。また、上院共和党リンジィ.グレイアム(サウス.キャロライナ)を含む他多数の上院議員もDACAを支持していることを表明した。また、デイビッド.ヴァラダオ (カリフォルニア)、ジェフ.デナム (カリフォルニア)、ウィル.ハード(テキサス)、 カルロス.カーベロ(フロリダ)、マリオ. バラート (フロリダ)、イリアナ.レイティネン(フロリダ)を含む多数の下院共和党議員もDACA下のドリーマーを保護することに同意すると述べている。加えて、アップルのCEOティム.クック、アマゾンCEOのジェフ.ベゾス、フェイスブックのマーク.ザッカーバーグ、ゼネラル.モーターズのメアリー.バラ、マイクロソフト社など米国トップ企業のリーダーを含む350人 以上のCEOは、DACAを廃止した場合、国内総生産(GDP)から4,603億ドルを失うと述べ、ドリーマーは企業と経済の未来にとって不可欠であり、米国経済の未来を代表していると表明したオンライン公開文書に署名した。署名者は数日間でまだ増える可能性がある。

多数の上院共和党議員はDACAを維持し、800,000人のドリーマーを保護することを要請しているが、ライアン及びハッチなどのリーダー層が指摘している通り、議会の課題は包括的な移民法を改正することである。共和党議員らは、移民法に対応する任務は大統領ではなく議会であると強く反応している。この状況は、今年1月12日に上院議会超党派の法案として紹介されたブリッジ法案を見直す時であることを示唆した。ブリッジ法案は最初、上院共和党リンジィ.グレイアム及び民主党のディック.ダービン(イリノイ)に提案された法案であり、他複数の両党のメンバーがこの法案の制定を推進した。この法案は、強制送還から一時的な保護及び雇用認可文書を提供するDACAの資格を有するドリーマーを暫定的に保護する在住資格を提供している。その資格は法案が制定された日から最長3年間持続する。その後は更新することでこの法を維持する。その資格を満たすための要件は ⑴ 申請処理に必要な費用を支払う。⑵ 政府に登録し、犯罪歴のチェックを受け認可される。⑶ 公安に対する脅威ではないことを示す。⑷ 早期年齢で米国に入国し、2007年6月15日以来、米国で継続的に暮らし、教育を受けまたは米軍に奉仕したことを立証する。暫定的に保護された在住資格者が重罪、重大な軽罪、または異なる日に3回軽罪を犯した場合、強制退去の停止及び雇用認可の資格を失うことになる。

2月6日に紹介された下院議会の法案では6人の超党派が支持し、5月11日までには25人の多数の議会メンバーがブリッジ法案の共同提唱者として関与している。その理由は米国の労働者を支援するためであり、ドリーマーが合法的に就労し公正な税率を支払うことで地域社会と経済に貢献し続けることを可能にする。また、ブリッジ法案は我が国の価値観を象徴し、地域社会での貢献を継続することを可能にする。加えて、効果的な国境警備、不法移民の合法的地位の取得、既存のビザ制度の変革に向けて、崩壊した移民法の改正に取り組むための第一歩である。8月28日に公表されたアメリカ進歩センターによると、46州の3,000人以上を対象にした調査はドリーマーの雇用状況は非常に良好であることを明白にした。91%は現在雇用されており、25歳以上の雇用率は93%である。フォーチュン500企業の上位25社のうち、少なくとも72%はDACAのドリーマーを採用している。さらに、回答者の97%は現在雇用されているか、または学校に在籍している。

驚くことに350以上の米国トップ企業のCEOは昨日、DACAの廃止に強く反対する意思を表明したが、今日ホワイトハウスはトランプが来週火曜日に決定を公表すると伝えた。DACAを廃止することは非人道的であるだけでなく、経済および雇用に与える影響は多大であると指摘されている。今日下院共和党議員のマイク.コフマン(コロラド )を含むブリッジ法案の共同提唱の代表者はトランプがDACAを廃止した場合、ドリーマーたちを一時的に保護する地位を付与する法案に投票するための請願を実施すると宣言した。トランプは10州の共和党司法長官にDACAを廃止するようプレッシャーを受けているようであるが、超党派の議会メンバー、ビジネス地域社会、移民保護団体、DACAの受益者、ヒスパニック社会など、DACA廃止に対する反勢力はもっと強いとの印象を受ける。その反動は恐らく想像以上に強固であり、トランプがDACAを廃止した場合、多数の告訴に直面すると予測する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。