アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2017 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Russian investigation into Facebook

驚く事に、フェイスブック(Facebook)に対する捜索令状が発行されたことが判明している。捜査令状の目的は、特別捜査官ロバート.ミュラーがフェイスブック偽名利用者の記録を検索するためであり、特定の外国企業が犯罪に関与したかどうかを追求するためである。またFacebookがロシアによる米国選挙干渉の事実を否定した可能性があった場合、致命的な要因になる。なぜなら、ある政党に敵対する政治的広告の収入を外国から得ることは完全な犯罪である。複数の法律家は同社に対する捜索令状の意味を非常に深刻に受け止めている。

特別捜査官のロバート.ミュラーは、Facebookに対する捜索令状を取得した事が週末判明した。16日のビジネス.インサイダーによると、ミュラーはFacebookが今月初旬に停止した「不正確な」アカウント及び2016年の選挙中にこれらのアカウントを購入したターゲット広告の記録を調査するため捜査令状を取得した。法律専門家は、この捜索令状はロシアの選挙妨害及びモスクワがトランプ大統領のキャンペーン.チームを援助したかどうかに関するミュラーの調査に多大な意味があると述べている。元FBIカウンター.インテリジェンス.エージェントのアサ.ランガッパは「これは大きなニュースであり、ロシアの選挙干渉の否定者にとっては潜在的に悪いニュースである」と語った。現在、イエール大学法学部の助教授であるランガッパは、捜査令状を取得する為には、犯罪が犯されたと信じる理由を裁判官に証明する必要がある」と説明した。彼は「ここで重要な点は、ミュラーは明らかにこれらのアカウントに関する十分な情報を持っており、Facebookが情報を放棄することを正当化する為、潜在的犯罪に彼らがリンクしている可能性がある。それはロシアの選挙干渉に他の手段を介して多くの証拠を明らかにしたことを意味する」と述べた。

これはミュラーが「特定の外国企業に犯罪を犯す十分な証拠を得ることができる」と考えていることを示唆する。元検察官であり、現在380人の弁護士を抱えシカゴ、セントルイス、ロスアンゼルス、ワシントンD.Cなどに多数の拠点がある全米大手の法律会社トンプソン.コバーンLLPのパートナーを務めるレナト.マリオッティはFacebookのコンテンツに対する捜索令状を得たことは「マナフォート(7月末に家宅捜査を受けたトランプ陣営の初期キャンペーン.マネージャー)以来、捜査で最大のニュースかもしれない」と述べた。マリオッティはFacebookに対する令状は、選挙に関連した「貢献」をすることで、特定の外国人が犯罪を行ったとミュラーが結論づけたことを意味すると述べている。またミュラーは「2つの点で、連邦裁判判事を納得させた犯罪の証拠を保持していることも意味している。まず、 外国人が犯罪を犯したと信ずる理由があった。第二に、その犯罪の証拠はFacebookに存在していた」と述べている。更に、マリオッティは「犯罪が起こっていることを知っており、その成功を援助することは犯罪である。それは援助する事と扇動することである。ミュラーの捜査令状が焦点を当てた外国の貢献についてトランプ関係者が知っていた場合、また具体的な方法でその努力を援助した場合、彼らは犯罪容疑で告訴されます」と述べた。

Facebookは当初の声明で、選挙中ロシア人が購入した広告の約25%は「地理的にターゲットされていた」と述べ、多くのアナリストは、外国の団体が特定の人口統計と投票所をターゲットにするために必要なアメリカの政治について詳細な知識があったと信じる事は難しいと感じている。昨年12月選挙後のインタビューで、トランプの娘婿ジャレッド.クシュナーはFacebookの「マイクロ.ターゲティング」機能に早期から熱心に関心を持っていたことをフォーブスでのインタビュー語った。クシュナーは「私は世界で最も優れたデジタル.マーケティング担当者の一人であるシリコンバレーの友人に電話をかけ、これらをどのように拡大するかを彼らに尋ねました。彼らは私に彼らの下請け業者を提供しました。私は、私が取り組んでいるテクノロジー企業で働いている一員に電話をかけ、Facebookのマイクロ.ターゲティングの使い方に関する指導をしてもらいました」と述べた。

Image result for Images of Russian investigation into Kushner

FBI下で捜査を著しく拡大したミュラー及び複数の議会委員会の捜査対象になっているクシュナーは頻繁にロシア政府関連の人物に会っているため、トランプの複数の弁護士はクシュナーは辞職することを奨励したと先週報告された。しかし、ホワイトハウスの報道官はその噂を否定した。ホワイトハウス(WH)は最初の国土安全保障顧問であったマイケル.フリンを先頭に2月から6月まで毎月一人ずつ、7月にはション.スパイサー、ラインス.プリーバス、アンソニー.スカラムチを含む5人、8月にはスティーブン.バノンを含む6人、今月初旬に1人が7か月未満でWHだけでも合計17人 解雇されたか又は辞職している。加えて、トランプ及びトランプ側近はロシア調査関連でほぼ全員が弁護士を雇用している。モスクワにトランプ.タワーを建設する計画でトランプ組織とロシアとのブリッジの役目を果たしたトランプの弁護士マイケル.コーエンは19日トランプ大統領が国連で初めてスピーチを行う同じ火曜日に上院情報委員会で証言する予定である。通常、弁護士が議会の委員会で証言する前例はほとんどがないが、彼は財務及び政治的にトランプ組織の秘密を知っている人物であるため、火曜日の彼の証言は爆発的影響を与えると可能性があると予測されている。益々複雑化したトランプ陣営に対する捜査は前代未聞の規模に拡大している。技術関連一部の責任者を既に解雇したFacebookのCEOは捜査に協力していると言われているが、非常に深刻な民主主義に違反した可能性がある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。