アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Steven Bannon on Jan. 16, 2018

特別捜査官ロバート.ミュラーによるロシア関連捜査でホワイトハウスの元政策戦略家であったスティーブン.バノンは先週大陪審に召喚を受けた。加えて、下院情報委員会はバノンに対して召喚し、今日非公開の聴聞会を行った。特別捜査官及び議会がバノンに証言を求めている状況は何を示唆しているだろうか?

ミュラーはバノンに大陪審を通して証言を求める為、先週彼を召喚していたことが今日報告されている。16日のニューヨーク.タイムスによると、一部の法律専門家はバノンに召喚状が送られたことは「捜査が激化している可能性がある兆候である」と推測し、他の人は「捜査に協力するようバノン氏を説得するための交渉戦術である」と述べた。また、専門家はトランプの法的脅威にもかかわらず、破綻した大統領との関係を公的に修正しようとしているバノンは、今後完全に捜査官に協力する必要があることを示唆していると述べた。大陪審を通して、証人を召喚する方法は強力であると言われている。N.Yタイムスによると、検察官は一般的に、証人が知らない情報を彼らが保持している場合、または「証人が嘘をついている」と信じる時、大陪審の前で証人にインタビューすることを好んでいるという。なぜなら、大陪審での証言は、証言の度にすべて転載され「証人はすべての質問に答える必要がある」からである。

バノンに対するミュラーの主な質問は司法妨害が疑われているトランプがFBIディレクターであったジェイムス.コミを解雇した事件、および2016年6月トランプの長男トランプ.ジュニア、娘婿ジャレッド.クシュナー、元キャンペーン.マネージャーの一人で現在自宅監禁中のポール.マナフォートの三人はヒラリー.クリントンを汚す情報を提供するとの約束に基づき、ロシア政府に直結している女性弁護士を含む複数のロシア人とトランプ.タワーで会った件に関していると推測されている。その会合の目的について、トランプ.ジュニアは虚偽を語っている可能性があるが、これら「2つの重要な問題」について、バノンの認識には限界があると見られている。しかし、これらの件で他のトランプ内輪関係者と既にインタビューしたミュラーは、逮捕された後、特別捜査官に協力している元安全保障顧問のマイケル.フリンを解雇したトランプの決定も含めて、これらの件に関連する質問を提起することで、バノンの証言を比較検討する事は可能であると分析されている。

また、バノンは2016年10月、ウキリークスがヒラリー.クリントンのキャンペーン議長であったジョン.ポデスタの個人メールから盗まれた数千のメールを公開し始めた時、バノンはトランプ.キャンペーンの主任であった。加えて、論争的な新書Fire and Fury(炎と怒り)の著者マイケル.ウォルフは、バノンとのインタビューによる論争的な会話の一部を引用している。2016年6月トランプ.ジュニア、クシュナー、マナフォートが弁護士を伴わず、トランプ.タワーでロシア人と会った件で、バノンは彼らを「反逆者」及び「非国家主義者」と呼びFBIに通知するべきであったとコメントした。バノンは、ジュニアが複数のロシア人を父親に会わせなかった「チャンスはゼロ」であったと信じていると語った。トランプはこの会合について何も知らなかったと主張した。

N.Yタイムスによると、ホワイトハウスの弁護士らは、著しい大陪審の活動は調査が終わりに近い兆候であり、大統領は解放されると確信しているが、彼らが数ヶ月間で行った努力を「悪化させる可能性」がある。ミュラーは、調査を終わる前に恐らく大統領に質問する意向があることをトランプの弁護士に語ったが、トランプはミュラーとの対面を拒否し始めているため、現在インタビューは予定されていない。今日バノンは、下院情報委員会のドアの近辺で待っていた記者団の質問には一切応じることはなかった。非公開の証言はヒュージョンGPSの例に見られるように、証言者が公開を要求しない限り、どのような会話があったのか一般的国民には不透明である。フォックス.ニュースに語った情報筋に基づく同局の報告によると、下院情報委員会での数時間のインタビュー中、バノンの弁護士は、ホワイトハウスが彼の顧客(バノン)に移行時期及びホワイトハウスで彼が奉仕した期間中の質問については答えないよう指示したと委員会メンバーに報告した。トランプの忠犬と呼ばれている同委員会の共和党委員長であるデビン.ヌニェズが召喚した聴問会であるため、一種の茶番劇である。共和党が支配する議会は中間選挙の前にミュラーの捜査を閉鎖する企みがあるとの疑惑が持たれているからである。今日のインタビューで、バノンはホワイトハウスの誰かに指示された通り、質問に答えることを拒否したと報告されている。トランプ側近は何か重要な事を隠している可能性がある事を示唆している。

ミュラー.チームによるロシアとトランプ陣営との潜在的共謀に関する捜査は、今年末まで続く可能性があると予測されている。まだ、ホワイトハウスの過去及び現在の主なメンバーと職員に対する議会委員会でのインタビューは完了していないようである。バノンは、ウォルフとのインタビューで、ミュラー.チームの主な捜査は資金洗浄である事、及びトランプ.ジュニアは可能性がある公聴会のテレビ中継放送で、卵が叩きつぶされるような状況に直面すると語り、トランプのホワイトハウスにかなりショックを与えたと言われている。バノンはウォルフの新書販売後、主な資金源である富豪層の支持を失い、保守派オンライン.ニュース.ブライトバートのCEOとしてのキャリアも先週失う結果になった。彼はウォルフとのインタビューでのコメントを後悔し、間接的にトランプに謝罪した後も両氏間の良好な関係を取り戻すことは不可能であると報告された。今日ホワイトハウスの指示に従い、多数の質問に答えなかったバノンにトランプが今後どのように対処するかどうかは不明である。バノンの劇的な台頭と衰退が目撃されている現状下で、資金洗浄などの犯罪に関与していない限り、トランプが大統領として生き延びるためには、主流派の共和党に歩み寄る以外に方法はないと指摘する政治評論家もいる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。