アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of 13 Russians were indicted

金曜日特別捜査官ロバート.ミュラーは2016年の大統領選に関与した13人のロシア人を告訴した。これらの幾人かはトランプ.キャンペーンに接触したと報告された。この ニュースに対してトランプ大統領は週末ツイートの嵐で自己防衛に葛藤していることを示唆している。37ページの起訴状は驚異的な告発が含まれていると言われているが、多数のロシア人が逮捕された理由及びその事実は何を意味している?

米国司法省下でロシアによる米国の2016年の選挙干渉について昨年5月から捜査を開始した特別捜査官ミュラーと彼のチームは 13人のロシア人及び長期的な犯罪活動を行っているインターネット犯罪組織のある三社を告訴した。16日のワシントン.ポストによると、サンクトペテルブルクに本拠を置くインターネット調査機関は、アメリカ人をオンラインで騙し 2016年の有権者を共和党候補者のドナルド.トランプ候補に向け、民主党ライバルのヒラリー.クリントンから離すため「ロシア人が給餌したプロパガンダ」を促進した。起訴の理由は: ① 2014年にロシア人共謀者のうち3人は米国の政治に関する情報を収集し10州を訪問したとき、ロシアの努力が始まった。② 容疑者はロシア努力の無意識の道具となったアメリカ人との広範なオンライン会話に従事した。③ 起訴状はロシア政府が関与または投票を揺れ動かすことに成功したかどうかについては触れていない。④ 16日記者会見を行った副司法長官のロッド.ローゼンスタインは「容疑者は一般的に候補者や政治体制への不信感を広げようという目標を掲げており『米国に対する情報戦争』と呼ばれるものが行われた」と語った。また、容疑者は彼らが「一般的なアメリカの政治活動家であると思わせるため特別な措置を取った」と述べた。

⑤ 37ページの起訴状はその活動家の一人が「仕事場ではわずかな危機がありました。FBIは私たちの活動を破壊しました。従って、私は同僚と一緒に形跡を隠すことに余念がありませんでした。私はこれらの写真や記事をすべて作成し、アメリカ人は彼らの人々が書いたものだと信じていました」と証言した。⑥ 金曜日の起訴は、画像、データ分析、及び検索エンジンの最適化を専門とする80名のチームが、オンラインにアクセスするアメリカ人をターゲットにし、ロシアの選挙干渉に関する主張について、最も包括的な説明を提供している。⑦ 画像の中には刑務所で囚人のユニホームを着用したクリントンを描写する女優を保持するのに十分な大きさの檻建設のため及び政治劇に従事する人々に支払ったと述べている。⑧ 検察官らは、ロシア人は虚偽の身元を使い、フロリダ州のトランプ.キャンペーンの職員と接触しトランプを支持する為、集会を開くことを提案したと語った。

外国人が米国の選挙に影響を与えるために支出することは、米国の法律に違反する行為である。ミュラーが13人のロシア人を告訴したとの報道に対して、このニュースに怒りと葛藤があることを示唆しているトランプは「ロシアは2014年に反米運動を始めました。私が大統領に就任することを発表したずっと前です。選挙の結果は影響を受けなかった。トランプ.キャンペーンは何も間違っていません。共謀はありません!」とのコメントをツイートした。実際には2014年からロシアが米国の選挙に関与していることを知りながら、トランプはこれまでロシア捜査は選挙に敗北した民主党の「フェイク.ニュース」であると主張し、関与を否定しているブーチンを信じると述べ、ロシアを擁護し続けた。

トランプは16日、ロシア人の告訴はトランプ.キャンペーンとの共謀はないことを証明したとツイートした。昨日彼の安全保障顧問であるH.R.マクマスターはドイツの安全保障会議で、米国選挙へのロシアの干渉は 「FBIの告訴で、現在証拠は事実上非論争的であり、パブリック.ドメインで利用可能である」と述べた。13人のロシア人が逮捕された事実に照らし、彼の安全保障顧問は、ロシアによる米国選挙干渉は確実に起きたと宣言したにも関わらず、トランプは今後安全保障対策を十分に行う必要があるとの大統領らしい態度が大幅に欠乏していることを明白にした。 週末彼が過ごしているフロリダのマー.ア.ラゴからの昨日のツイートでは「選挙結果には変化はなかったとマクマスターが言わなかった」と彼を批判した。情報当局は、そのような結論を出すことは困難であると述べている。

起訴の報告は、特別捜査チームの活動が国際的に浸透し、捜査上の国際的会話は徹底していることを示唆しているが、告訴成功の技術的な説明は含まれていない。加えて、トランプの長男のトランプ.ジュニア及び娘婿のジャレッド.クシュナーを含む3人は、2016年6月クリントンを汚す情報を受けるとの期待に基づき、複数のロシア人とトランプ.タワーで会合を行った事実と16日の報告との関連性を明らかにしていない。複数のロシア人が訪問した10州は主に接戦州であると言われているが、地理的にどのような戦略があり、どのような活動を行い、その背後にアメリカ人がいたかどうかなど、詳細な点を明白にしていない。金曜日の報告はロシア活動グループがオンライン会話、虚偽ニュース、衝撃的なグラフィックを利用し、クリントンに傾注していた米国有権者の心理を変えるための努力があったことを示唆した。ロシアの選挙干渉に関して、トランプは18日早朝のツイートで「大統領であったオバマは脅威を知っており、何もしなかった」と述べ、FBIはロシア調査に時間をかけすぎていると批判した。トランプはロシア関連のニュースになると、連続的にツイートする傾向があるが、支持者を意識した葛藤であると分析されている。

この報告は、選挙に干渉したロシア人とトランプ陣営との直接的繋がりを明白にしていないが、ロシア人告訴のニュースはこれまでのニュースの中で最も深刻で衝撃的である。なぜなら、トランプが頻繁に主張しているように「共謀はなかった」または選挙にどのような影響があったかどうか、具体的な結論はまだ出ていないため、特別捜査官の仕事はまだ終わっていないことを示唆している。一方、トランプは彼の勝利がロシア人に援助されたと信じたくなく自我のみが膨大であり、このような民主主義崩壊の懸念は微塵もないことを再度明白にしている。連続的ツイートはまだロシアを擁護していることを暗示しているため、なぜ、引き続きロシアを保護しようとしているのか再度疑問が提起されている。これほどまでにロシアを保護する大統領の不可解な言動は前代未聞である。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。