アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of protest of Florida students in front of White House

先週フロリダ州の高校で17人が銃暴力の犠牲になった事件を受け、同高校の学生は熱狂的に銃規制を訴えるプロテストを開始した。生存者学生の5人は、昨日テレビでのインタビューで、トランプ大統領及びフロリダ州上院議員に対して、全米ライフル協会から資金を受けている議員が何もしないため子供達は死んでいると痛烈に訴えた。彼らは今度こそ米国を変えるとの勢いで抗議活動を続けている最中、トランプ大統領は今日バックグランド.チェックの向上を支持することを表明した。しかし、彼は一年前論争的な銃法に関する大統領令に署名したため、それを行動に移すかどうかは不明である。

南フロリダのマジョリティ.ストーンマン.ダクラス高校で17人を殺害したニコラス.クルーズは精神的に問題がありながら、武器として利用したアサルト銃AR-15を合法的に購入したことが判明している。精神異常者が簡単に銃にアクセス可能な状況は繰り返し発生している。フロリダの学生らは週末、同州のパークランドや フォート.ローダーデール下町にある連邦地方裁判所の外で、今朝はホワイトハウスの前で同級生、友人および家族の死を嘆き悲しみ、常識的な銃規制法を要求するデモ抗議を行った。一部の女性グループはNo more guns(もはや銃は不要)を唱えている。19日の今日も多数の学生らはホワイトハウスの前で銃規制を訴えた。14日に発生した虐殺事件の現場の庭から、生存者5人の学生は18 日全国ネットのCBSニュースFace the Nationでのインタビューで、NRPから選挙資金を受けている議員らのために多数の子供達が死んでいると痛烈な怒りのコメントを表明し、常識的な銃規制を訴えた。

Image result for Images of 5 Florida students interviewed with Face the Nation

リーダー的な役割を担っていると思われる正面の左側に座り最も多くを語ったキャメロン.カスキーは憂のある表情で全国銃規制運動を開始する計画の概要を紹介した。彼は 3月に「全米の学生が私たちに参加」するためワシントンで行進を行う計画のウェブサイトを立ち上げたと語った。また「これらの子供たちは、大人が私たちを失望させているので違いを生み出すでしょう」と述べ、「NRAの資金提供を受けている権力のある」議員らは学生らの運動が中間選挙に向かうことになるため、彼らがこの動きに対するオープンな支持を表明しなければ、彼らは取り残されるでしょう」と述べ、学生らの銃規制全国運動の圧力は、議員らが学生側に立つか又はNRA側に立つかどちらかの選択しかないと主張した。カスキーは過去に彼らを「無視した」多数の議員に対抗するとして「今後NRAから資金を受理している政治家には恥ずべきことがあります」と述べた。

また、カスキーは「私たちが権利を剥奪しようとしていることを暗示している銃の権利という言葉を頻繁に聞きます。まず、何よりも私たちは生きる権利があります。我々はアメリカ人から銃を遠ざけることを望んでいません。私の父は警官です。彼は銃を持っています。武器を隠して所持している場合は自分を守ることができるが、あなたの家を強盗から守るためにAR 15を必要としません。AR 15は「戦争の武器」であり、精神的に問題のあった19歳の犯人「ニコラス.クルーズにはAR 15は不必要であり、医療専門のカウンセラーが必要であり、17人は墓を必要としなかった」と語った。カスキーは最後にフロリダ州出身の上院議員マルコ.ルビオに対して「ルビオ上院議員、私たちを守る方法を貴方に伝えることは私たちの仕事ではありません。私たちがこれをしなくてはならないという事実にぞっとしています。私たちの仕事は学校に行き、銃弾を取らないことを学ぶことです。これを貴方は理解する必要があります。だから、貴方は残念なことに選出されたのです。貴方の仕事は私たちを保護することであり、私たちの血は貴方の手にあります」と訴えた。

17歳のデイビッド.ホッグは、直接トランプに対して「トランプ大統領、貴方は下院を支配しています。あなたは上院を支配し、行政を支配しています。 あなたは精神保健医療または銃規制の一つの法案さえ通過していません。それは哀れです。冗談じゃないでしょう。あなたは今、何千人もの他の子供の死を防ぐために、過去と未来に焦点を当てる時だと思っている。あなたは私を憤慨させています。私は多数のアメリカ人がその感情に同意すると思います」と怒りを表明した。非常にエモーショナルなホッグは「銃規制または銃安全法と同じくらい重要」である精神健康に問題のある人々に対する銃の安全法が必要であることを訴え、単なる論議のみで解決していないため「結果として子供たちは死んでしまった。そして、私たちはもうこれ以上待つことができない」と語り「トランプ大統領、共和党の下院及び上院、行政部が協力し、法案を成立し、NRAからの資金援助を停止するよう求めます」と行動を起こす必要性を訴えた。

トランプは今日、今週開催される学校の安全に関する聴取会に参加し、ホワイトハウスは連邦政府のバックグランド.チェック.システムを向上させる努力を支持していると今朝報告した。これは議会の広範な支持に基づき、何らかの法案制定を奨励していることを示唆している。しかし。トランプは2017年2月後半、精神健康に問題のある人々が銃にアクセスすることを困難にするオバマ前大統領の行政命令を撤廃する大統領令に署名した。トランプのこの行動は精神異常者でも銃にアクセスする事を容易にすると批判されたため、この呆れた事実を無視することはできない。トランプ は2012年12月、コネチカット州サンディ.フックの小学校で幼い20人の子供達が死亡した事件後、彼は共和党が銃規制の動きを阻止したにも関わらず、民主党が銃規制の法案を通過することができなかったと非難した。トランプは就任後複数の主な銃乱射の大量殺戮事件に直面している大統領として、彼の行動は試されている。昨年10月にはラスベガスの大量殺戮で52人が死亡し、11月にはテキサス州のサザーランド.スプリングスの教会で32人が死亡した。わずか4か月間で、少なくとも3回の大量殺戮事件を受けているが、ABC15によると、死者0で負傷者2名以下を含むすべての銃による殺人事件は2017年に346件発生している。議会が何もしないことに怒りと悲しみで興奮した若者らは、一般的アメリカ人は同様の思いであると語っている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。