アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Free images of steel and aluminum tariffBy Global News

経済学者は一般的に、鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課すトランプ大統領の貿易政策は、米国多数の州や地域社会及び日本を含む外国に悪い経済的影響を与えると述べている。この特定の関税は他の国にもネガティブな波及効果があり、日本、ロシア、トルコは鉄鋼とアルミニウムの関税に対する潜在的な報復について警告している。トランプの貿易戦争に対する専門家の反応は何を示唆している?

トランプ大統領は3月1日閣僚との会議中、鉄鋼及びアルミニウムに関税を課すと語った。その後、多方面からの反響があり、多数の専門家はこの政策に反対した。その5日後、ブルッキングスの経済学者はトランプの「攻撃的な貿易政策」は米国の多数の州に影響を与えると警告した。トランプの関税計画を支持する人々は「関税引き上げは、米国企業に不利な米国市場に溢れているアルミニウムと鉄鋼の外国生産業者に対する対抗措置である」と主張している。また「鉄鋼及びアルミニウムを生産する企業が集中するメトロ地域や州では歓迎すべき救済になる」との意見もある。しかし、専門家は関税の「決定は、少なくとも2つの方法で地域や州を経済的に不利な立場に置く可能性がある」と指摘している。その最初のメカニズムは、米国の主要輸出産業に関する他の国からの報復関税による」ものである。二つ目のメカニズムは「自動車製造、醸造、建設などの様々な業種向けの2つの重要な産出である鉄鋼及びアルミニウム輸入の高値による波及効果」を懸念している。

トランプの関税に直接影響を受ける州はまさに「鉄鋼およびアルミニウム輸入の高値による波及効果」に直面する可能性が高い。それらはミズーリ、ルイジアナ、コネチカット、メリーランド、アーカンソー、アイオワ、ウェスト.バージニア、アラバマ、ノース.ダコタ、オハイオ、テキサス、ペンシルベニアである。鉄鋼とアルミニウムの輸入に最も依存しているミズーリ、ルイジアナ、コネチカット、メリーランド州では、それらの輸入が州輸入総額の少なくとも5%を占めており、国全体2%の2倍である。ルイジアナ州は「特に注目すべき例」として、同州の石油.ガス掘削機や石油化学メーカーは運営を維持するため、鉄鋼やアルミニウム輸入に依存している。ニューオーリンズは2017年トン数の30%を占める248万トンの鉄鋼を輸入した。メリーランド州は不均衡にアルミニウムと鉄鋼の輸入に依存しているため、同州の鉄鋼メーカーは「より高い生産コストと潜在的に重要な輸出市場へのアクセスを制限することにより、報復措置を講じなければならないため、不利な立場に置かれると懸念している」という。

報復関税に関しては、二ヶ月以上前のブルッキングスの分析は正確であるようだ。米国だけが影響を受けるだけでなく、当然、グローバル的にも多大な懸念が提起されている。22日のロイターによると、日本、ロシア、トルコは米国に鉄鋼とアルミニウムの関税に対する潜在的な報復について警告した。世界貿易機関(WTO)は米国の関税報復総額が年間約35億ドルになると述べた。これらの3カ国は、欧州連合(EU)、インド、中国の同様の動きに続き、世界貿易機関への通知で報復値を詳述した。それぞれの国は2017年の貿易に基づき、米国の関税紛争が米国への鉄鋼およびアルミニウム輸出の費用にどれだけ追加されるかを示した。ロシアはトランプ大統領が3月に課した米国の関税は、年間の鉄鋼及びアルミニウム輸出に5億3,800万ドルの義務を追加すると述べた。日本は総額4億4,000万ドルを計上し、トルコは更に2億6,700万ドルを追加した。中国、EU 28カ国、及びインドはそれぞれ6億1,200万ドル、16億ドル、および1億6,500万ドルであると主張している。これらの国はすべて、鉄鋼25%、アルミニウム10%の輸入関税が米国の国家安全保障上の懸念から正当化され、WTOの規定から免除されるという米国の見解を否定している。ロシア及び日本は、米国の輸出に対してどのように報復するかを規定していないが、トルコはナッツ、米、タバコから自動車や鉄鋼製品に至る22の米国製品をターゲットにし、リストアップしている。

多数の経済学者は、トランプの関税の主張は、中国が米国の知的財産権の盗みを含む不正行為に注目したからであり、それを提起したことは正しく、中国は幾つかの貿易慣行では非難されるべきあると述べている。しかし、米国の消費者及びビジネスのコストを上げること、アメリカの輸出業者に対する報復を招くという、様々な角度からの詳細な点をさほど考慮していない点も指摘している。いずれにしてもTPPからの脱退、最悪の貿易協定であるとしてNAFTAの再交渉を主張することから始まり、次に最近の関税政策は、多大な論争を巻き起こしている。おそらく、中国との貿易戦争は沈静化する可能性があると予測されているが、今年1月からソーラー.パネルで始まり、3月には鉄鋼及びアルミニウムへの関税を主張し、特に保守派及び共和党からの批判の声は広範に響いているため、関税計画の危機はまだ続いている状況である。一方、北アメリカ中西部のリベラル派はトランプ大統領のこの鉄鋼及びアルミニウム輸入の関税を支持している。実際にはこの関税の問題は論理的な紛争であるだけでなく、地域経済のメリットに基づいていることを示唆している。ロイターの研究によると、圧倒的多数の経済学者は米国の経済に有害であると結論付けている。加えて、論争的なトランプの関税政策は他の多数の国にも多大な影響を及ぼしていることが明白になっている。外国が米国の製品に関税を課す結果になる報復の警告は、健全な貿易関係であるとは言えないかもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。