アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of U.S embassy in China with sonic attacksBy Global News

キューバの米国大使館の職員が音響攻撃を受けたミステリアスな事件が昨年8月に報告された。まだその真相は解明されていないが、中国に在住する米国市民が同様の状況に直面していると今日報告されている。キューバでの米国大使館職員が受けた非常にミステリアスな音響攻撃は、医学界の研究の対象になり、その研究結果は今年3月米国の顕著な医学誌に出版された。専門家は、この音響攻撃を経験した患者に神経学的兆候があるかという疑問を提起し、その角度からも研究を行った。

複数の情報筋によると、中国南部の広州市に駐在する米国政府職員は、微妙で漠然としている異常な感覚と圧迫感があると報告した。医学的症状は、キューバで報告された以前に駐留していた少なくとも2人の米国外交官や家族が訴えた病状と非常に類似していると言う。国務省は、ハバナと中国で起きている不可解な状況を調査しているとし、両国の当事者の医療状況は「非常に類似し、総体的に一貫性がある」と報告している。音響攻撃を受けた可能性がある人々の症状はいずれも外傷性脳損傷に似ていると言われている。中国の米国大使館&領事館は今日、短い声明を公表し「微妙で曖昧で且つ異常な感覚と音圧」の報告を米国政府は真剣に受け止めており、中国での米国職員にこの出来事について通知していると述べている。また、現在、報告された症状を引き起こした原因については不明であり、中国の外交界の内外で同様の状況を認識していないと述べている。また、中国滞在中またはその後に発生した症状や医療上の問題がある場合、医師に相談すること、および、異例の急性聴覚や異常な音や穿孔音を伴う感覚現象が発生した場合、その音源を特定せず、音のない場所に移動するようアドバイスしている。

キューバで報告されたミステリアスな音響攻撃を受けた可能性がある患者は、医学界の研究の対象になっており、既に、その専門家による研究結果は3月20日に公表されている。米国医学協会誌(The Journal of the American Medical Association)によると、その研究に当たった専門家の疑問は「キューバのハバナにある米国政府職員の間で、可聴および感覚現象が起きている報告に関連した神経学的兆候があるか」どうかについても調査した。

ハバナの米国政府職員の遡及的ケースから予備的結果を公表した研究者の記述によると、自宅またはホテルの部屋で聴覚や感覚現象に襲われたこれらの個人は、脳損傷に似た神経学的症状を報告した。これらの個人は総合的な評価と治療のため学問的脳傷害センターに紹介された。総合的評価は、曝露および症状、面接、臨床検査、医療記録の検討、客観的評価として、動的および静的バランス、眼反射テスト、カロリー.テスト、眼球運動の測定、認知テスト、聴力検査、スピーチ聴力測定、機能性、神経イメージングなどの検査が行われた。指向性の可聴および感覚現象に曝された鈍的な頭部外傷に関連する病歴がない21人の患者を対象にした一連の研究で、急性および持続性の徴候および症状が特定された。聴覚や感覚現象に暴露された後、患者は聴覚症状、睡眠異常および頭痛とともに、認知性、前庭性および眼球運動機能不全を経験した。これらの個人は「頭部外傷に関連する病歴はないにもかかわらず、広範な脳ネットワークに損傷を受けているようであった」との結論を表明している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。