アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

7月, 2018 のアーカイブ

ホワイトハウスの共謀に関する表現の進化

Image result for Images of Paul Manafort's trial and TrumpBy Mother Jones

税金および銀行詐欺、その他多数の罪状により告訴されたトランプ.キャンペーンの元議長ポール.マナフォートの裁判が今日から開催されている。裁判のニュースに伴い、昨日トランプ大統領の弁護士ルディ.ジュリアニは、共謀は犯罪ではないとコメントしたため、論争を巻き起こしている。ロシア人に会ったことはないとの最初の主張から、約1年後には180度転換したことを示唆する自己防衛に基づく戦略において、ホワイトハウスの共謀に関する表現が進化していることを示唆している。専門家は、共謀は犯罪ではないと主張しているトランプ側の意味をどのように解釈しているだろうか? (さらに…)

衝撃的な北カリフォルニアの山火事 

Image result for images of wildfire of Crr fire on July 28, 2018July 28, 2018, レディング、北カリフォルニア By WSET

二つの郡で発生した山火事は、昨日から沈静化しているが、二人の幼い子供と彼らの曾祖母を含めて6人が死傷した。28日トランプ大統領はカリフォルニア連邦緊急宣言を発令した。一世帯から幼児と高齢者が同時に死亡したレディングでの火災は、町全体が壊滅的状態であると言われている。カリフォルニアで異常な頻度で発生する致命的な山火事に対応する消防士さえ、消化活動中に死亡するような制御不能の状況があることは非常に衝撃的である。 (さらに…)

転換期を迎えたロシア関連捜査?

Image result for images of Allen Weisselbergアレン.ヴァイスベルク By TPM

トランプ大統領の元弁護士マイケル.コーエンは、トランプ大統領は2016年6 月、彼の長男を含む側近が複数のロシア人とトランプ.タワーで会ったことを事前に知っていたとの情報を特別捜査官ロバート.ミュラーに提供するつもりであると公表した。同時にトランプ組織の財務主任アレン.ヴァイスベルクはニューヨークの大陪審に召喚された。ロシア関連捜査は転換期を迎えたように見えるこれらの報告は何を示唆している? (さらに…)

FBI特別捜査チームはトランプのツイートを調査

Image result for images of Trump, James Comey, Jeff SessionsBy NBC News

FBI特別捜査官ロバート.ミュラー.チームは、トランプ大統領に直接インタビューすることを希望しているが、彼の弁護士らは同意していない。現在ミュラー.チームは、トランプの潜在的司法妨害の捜査で、公式文書であると判断されているトランプのツイートを吟味していると報告されている。トランプの公的言動及び彼の広報的な「宣伝の武器」になっているツイートを含む私的行為、関係者との相互作用に関するイベントは、司法妨害の証拠を探る重要な材料の一部になっている。 (さらに…)

トランプ及びホワイトハウスの虚偽を証明する複数の暴露

Related imageBy Ron Paul Institute 

連邦裁判所はトランプ大統領の利益相反に対する訴訟を認可した。昨夜、トランプの元弁護士マイケル.コーエンが録音した会話が一般公開されため、トランプおよびホワイトハウスは虚偽を語っていたことを証明した。16日ヘルシンキでの記者会見で、ロシア大統領ウラジミール.プーチンがトランプの選挙の勝利を援助したことを認めた。ホワイトハウスは、記者質問の最初の重要な部分を文書記録の中から省略していた事実も昨日判明している。これらは全て何を示唆している? (さらに…)

特権指定の録音テープとトランプ支持率の急落

Image result for images of Trump and Stormy Daniel & Trump and Karen McdougalRelated image
  カレン.マクドゥガル                                          ストミー.ダニエル

連邦捜査官は既にドナルド.トランプの個人弁護士であったマイケル.コーエンがトランプとの会話を録音したテープも含めて合計12のテープを押収した。トランプとの会話が録音されたテープは特権指定の類であるが、コーエンは、刑罰を軽減するための交渉材料として録音した可能性がある。特別捜査官に協力している可能性は益々濃厚になっている状況下で、コーエンはファースト.レディのメラニアに謝罪したいと語ったことが報告された。驚く事に、過半数以上の有権者はトランプが彼の個人情報をプーチンに握られていると信じている。また、トランプを批判した過去政権の情報関係者を脅している大統領に対する支持率は再度40%以下に減少した。 (さらに…)

混沌たる週末のロシア関連ニュース

Image result for Images of Michael CohenBy The Atlantic

複数のロシア関連ニュースは週末の主な焦点になっている。まず、トランプの長年の個人弁護士であったマイケル.コーエン(中央)はトランプ大統領との会話を録音していたことである。二つ目は、16日ヘルシンキで米ソ首脳会談を行ったが、トランプはロシア大統領ウラジミール.プーチンとの会話の内容をほとんど公開していない状況で、ホワイトハウスにプーチンを招待する計画を発表した。これらの驚きの展開に加えて、トランプ.キャンペーンの顧問の一人でFBIに盗聴されていたカーター.ペイジに関する資料が公開された。これら論争的問題の主要点は何か? (さらに…)

代替えの読みについて

当ブログでは、アーフォーダブル.ケア.アクトに関する記事の中で、「代替え案」という表現を多数使用致しておりますが、 男性と思われる無名の方から、「だいたいあんと読んでくれ」とのご指摘のメールがありました。

代替えの読みに関する幾つかの「国語辞典には、しっかり記載されている」ようです。そのサイトの説明によると、「代替(だいたい)の重箱読み」となっており、『代替』を「だいがえ」と重箱読みにして、『だいたい』と同じ意味で使うのは、国語辞典的には了承されている」という事です。「代替え療法」「代替え機」「代替え案」などの言い方が多数出てきますので、「市民権も得ている」ようです。1970年代の「小学館日本国大辞典には少なくとも、ここ30年は使われてきている」と推測されているようです。

「代替え案」の言い方もある事をご存知ない人々も沢山いると説明している記事もありましたので、そのような方の為に「代替案」に統一させていただきました。

オバマ前大統領は初めて公的に現政権の大統領を批判

Image result for images of Barack Obama with Nelson Mandela in July 2018By SABC News

最近の世論調査で、近年の大統領として人気度ナンバーワンになったオバマ前大統領は初めて、公的スピーチで、トランプ大統領の名前を出さず、彼の政策についてベールに包まれた批判をした。オバマ前大統領が信じているビジョンは、米国の選挙に干渉したロシア側に立ったトランプ大統領とは明白に異なっている事を示唆した。 (さらに…)

オバマケアはまだダイハードか?

Image result for images of Obamacare and TrumpBy Daily Express

トランプ政権は7月7日、アフォーダブル.ケア.アクト(ACA)又はオバマケア下のプログラムの支払いを凍結する決定をしたため、医療コストはこれまでの予測以上に増加する可能性がある。数日前、医療保険はさほど上がらず、オバマケアは頑強に生存していることをニューヨーク.タイムスが3日に報告したばかりである。そのプログラムは「リスク調整」と呼ばれ、健康な被検者が支払うお金を医療費のコストが高い重病人のため、リスクを負う保険会社に提供されており、2017年には約100億ドルが支払われたが、納税者のお金から来ているものではない。しかし、トランプ大統領はオバマケアの撤廃を主張し続けた為、現行の法律を再度弱体化する決定を下し、最近一部の共和党もその動きを促進している。 (さらに…)

トランプのプーチンに対する態度には一貫性あり

Image result for images of Trump interview with CBS Jeff Glor in Scotland

専門家及びロシアを研究する共和党議員は、トランプ大統領のプーチンに対する態度を予測していた。16日ヘルシンキでの米ソ首脳会談の前にトランプはNATOサミットの為、ブリュッセルを訪問し、その後イギリス及びスコットランドを訪問した際、各地で記者団に語ったこと、及びインタビューで語った内容はトランプのプーチンに対する友好的態度に一貫性あることを示唆した。専門家はトランプが、結果的に米国の安全保障を弱体化する結果になるプーチンと危険な世界観を共有していることを警告していた。 (さらに…)

トランプ・プーチンの驚異的記者会見に対する強烈な反応

16日ヘルシンキで開催された米ソ首脳会談は衝撃的な前代未聞の展開になった。トランプ大統領は米国の情報社会を見捨て、ロシアの大統領ウラジミールプーチン側に立った。2018年の中間選挙も関与する動きがあると見られている敵国と手を握り、米国の安全保障を危機に晒したトランプの行動は米国に多大なショックを与え、その反響は劇的である。両首脳による合同記者会見でのトランプの発言は壊滅的であり、不可解であり、情報関係者、両党の指導者及び議員らはその深い失望を表明している。 (さらに…)

特別捜査官による多数のロシア政府関係者の告訴は何を示唆?

Image result for Images of Rosenstein and Putin with TrumpBy CNN

特別捜査官ロバート.ミュラーのチームは13日、2016年7月に民主党の組織をハッキングし、有権者のデーターを含む複数の情報を盗んだ12人のロシア政府関係者を告訴した。トランプ大統領の側近の関係者は、来週月曜日に予定されているトランプ及びロシアの大統領ウラジミール.プーチン間のサミットをキャンセルするよう促しているが、トランプはそのアドバイスを受ける気配はないという。二回目のロシア人に対する告訴は、トランプが2016年7月のキャンペーンで、ロシアにクリントンの失われたメールを探すよう公的に要請した同時期にハッキングしたことを強調し、驚異的で奇妙な偶然があるため、捜査官ミュラーはトランプが、このハッキングを知っていたかどうかを疑問視している。この新たな展開は何を示唆している? (さらに…)

喧騒的な聴聞会は何を明白にしたか?

Related imageBy Newsmax

FBI男女間による個人的なテキスト.メッセージの文書が昨年公開された後、共和党は特別捜査官ロバート.ミュラーの捜査に懐疑的になり始めた。中間選挙を11月に控えている現在、共和党の大半はこの捜査が停止されることを願っているが、今日開催された現役FBIのトップ.メンバーの一人であるピーター.ストロークに対する公聴会で、時折、共和党はストロークが質問に答えない瞬間に侮辱されていると脅し、民主党議員らは彼を弁護するなど、時には両党間で喧騒的な場面に発展し緊張が見られた。10時間以上の公聴会でストロークは彼の捜査に偏見はなかったこと、及び彼のテキストの表現の意味を論破するような勢いで説明した。 (さらに…)

NATOの意義とトランプ発言の混乱

U.S. President Donald Trump holds a breakfast meeting with NATO Secretary General Jens Stoltenberg (L) at the NATO Summit in Brussels, Belgium, July 11, 2018. Kevin LamarqueBy Finance Time

トランプ大統領は今日ブリュッセルで開催されているNATOサミットで、米国に借りがあると同盟国を混乱させる発言を再度強調した。ドイツのエネルギー政策についても事実に反する批判をしたため、そのような虚偽の発言については複数の主要メディアがファクト.チェックによって訂正したものの、米国の恥であるとの批判も含めて、両党のリーダーたちは素早く反応した。トランプ大統領はNATO設立の意義と背景を理解していないことを示唆している。 (さらに…)

論争的な最高裁判事の選択

Image result for images of Kavanaugh
By The Atlantic

トランプ大統領は予定通り昨夜9時頃、アンソニー.ケネディ判事の後継者を選択し、ホワイトハウスからブレット.カヴァナフ判事を紹介した。その直後、最高裁の前で激しいプロテストが展開され、今後破乱状況になることを示唆した。彼を承認するプロセス期間中、保守派とリベラル派の活動家らは前代未聞の熾烈な戦いを展開すると予測されている。カヴァナフ判事の過去の掲載記録が公開されたため、現行のロシア関連調査に関して、大統領は彼自身を保護するためこの判事を選択したと指摘され、非常に論争的な問題に発展している。カヴァナフ判事はどのようなバックグランドを持つ人物であり、なぜ論争的なのか? (さらに…)

トランプ各種の行動予定に関する懸念

Image result for Images of Trump & Putin, KimBy Daily Express

今夜最高裁の指名を公表することも含めて、NATOサミット、英国女王との面談及びプーチンとの個人的会談など、トランプ大統領は今週および来週早々多忙なスケジュールを予定しているが、全ての彼の言動や計画に懸念が提起されている。特にプーチンとの会談については、実際にロシアを訪問した米国上院共和党議員が強く警告している。専門家が予測し、警告した通り、先月12日に開催された米国/北朝鮮の核サミットは完全なゲームであり、北朝鮮はトランプを弄んでいただけであることが判明している。そのような状況下で、重要なイベントの前に様々な懸念が提起されても不思議ではない。 (さらに…)

中間選挙に対する有権者の認識とトランプ支持基盤の現状

Related image   By Stars and Stripes 

11月の中間選挙まで約4か月を残すだけとなった今日、今年の有権者の意識の焦点は議会のコントロールである。共和党にとって重要な事は、中間選挙で多数派を維持することであり、民主党にとっては多数派を取り戻すことである。最近の世論調査は、例年より両党の有権者が投票参加に熱心であり、今年彼らの投票は、議会を支配する重要な鍵になると認識している。移民問題の危機に直面している現状下で、トランプ大統領の移民の対処には大多数が不支持を表明しているが、大統領が人種差別者であるかどうかの質問には見解が分かれた。しかし、トランプの強固な支持基盤の一部は、彼のどのような虚偽や誇張も盲目的に信じていることを示唆する証拠がある。 (さらに…)

中高齢労働者の人口増加傾向

Image result for images of 85 old workers

近年、米国では70歳代の労働者は珍しくなく、85歳以上の高齢者の就労人口さえ増えている。加えて、米国は55歳または65歳で退職するという慣行は消えつつあり、2024年までには55歳以上及び65歳以上の労働力は増加すると予測されている。なぜ、米国は中高齢者の労働力が増加しているのか? (さらに…)

7月4日独立記念の奇妙な偶然の歴史

Image result for images of three presidents died on 4th of JulyBy History By Zim

今日は、一般的にアメリカが重視する米国の独立記念日による休日である。トランプ大統領はホワイトハウスの南芝で独立記念日の祝辞を披露した。大統領が祝辞を述べることは恒例の行事であるが、約190年前の同じ日に、奇妙にも偶然歴史的に著名な3人の大統領が死亡した7月4日は米国人にとって何に意義があり、なぜ米国民はこの日を祝うのか? (さらに…)

トランプのアファーマティブ.アクション廃止計画は何を示唆?

Image result for images of affirmative actionBy The Federalist Papers Org

トランプ大統領はオバマ政権で導入されたアファーマティブ.アクションを廃止する方針を表明した。これは、特に学校の入学において、人種の平等性と多様性のバランスを重視した政策であるが、黒人に特別な配慮を与えているとの苦情があり、多数の訴訟が提起された論争的な課題である。トランプは学校に対して、この制度を無視するよう公表した。なぜ、今トランプ政権でアファーマティブ. アクションの廃止の動きがあるのか? それは何を示唆している? (さらに…)

米国最高裁判事の指名状況と全米の中絶規定

Image result for images of Collins, Lisa, Donnelly, Joe Manchin, Heitkamp右からマーカウスキー、コリンズ、マンチン、ヘイトカンプ、ドネリー

トランプ大統領は、先週退職を公表した最高裁30年間のベテランで穏健派のアンソニー.ケネディ判事の後継者を今後10日以内に公表する予定である。既にトップ2名の候補者名は判明しているため、指名のプロセスは早く進んでいる。上院共和党のスーザン.コリンズは公式にトランプのリストの候補者にはロー対ウェイド判定を覆す候補者らがいるとして、そのような判事には投票できないと公言した。トランプは先週コリンズを含めて、ケネディ判事の後継者の投票で鍵を握る上院議会両党のメンバーにあった。近い将来トランプの指名判事がロー対ウェイド判定を覆した場合、米国の中絶権はどうなる?全米の中絶状況を見ると、その答えを予測することはある程度可能である。 (さらに…)

シビリティとは何か?

Image result for images of protest nationwide on June 30, 2018By  ABC News

最近、政治の世界でシビリティ(Civility)という表現が良く使われ、トランプ政権以来、この言葉は頻繁に利用されるようになった。簡単に言えば、政敵に対しても礼儀、尊敬および丁寧な言動を意味するが、米国でのシビリティの観念は歴史的に古い。顕著な政治的紛争が続いている状況下で、心理学者は、米国がシビリティ.クライセス(Civility Crisis: 礼儀の危機)に直面していると指摘している。昨日もトランプ大統領の子供を家族から離す政策に対する大規模な抗議活動が全米各地で開催されたが、これは米国の現政権にシビリティの意識がないための結果であると言われている。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。