アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Related imageBy Newsmax

FBI男女間による個人的なテキスト.メッセージの文書が昨年公開された後、共和党は特別捜査官ロバート.ミュラーの捜査に懐疑的になり始めた。中間選挙を11月に控えている現在、共和党の大半はこの捜査が停止されることを願っているが、今日開催された現役FBIのトップ.メンバーの一人であるピーター.ストロークに対する公聴会で、時折、共和党はストロークが質問に答えない瞬間に侮辱されていると脅し、民主党議員らは彼を弁護するなど、時には両党間で喧騒的な場面に発展し緊張が見られた。10時間以上の公聴会でストロークは彼の捜査に偏見はなかったこと、及び彼のテキストの表現の意味を論破するような勢いで説明した。

2016年8月ドナルド.トランプは「大統領には絶対にならないでしょう?」と当時FBIの女性弁護士でストロークのガール.フレンドであるリサ.ページは尋ねた。ヒラリー.クリントンの電子メールの捜査及び特別捜査官ロバート.ミュラーのチームの一人として、ロシア関連の両方の調査を担当していたストロークは「いいえ、彼はならないです。我々はそれを止めます」と返事した。このテキストを含めて他多数の個人的な両氏のテキストでの会話文書が司法省によって公表された後、一部の共和党は、ロシア関連の捜査は党派的偏見に基づいたものであると主張し始めた。ストロークはロシア関連のスキャンダルをリードしているFBIの主要人物の一人であったため、ページとのテキスト交換が暴露された後、ミュラーは彼を捜査から除去したが、彼は現役のFBIメンバーである。

12日に開催された下院司法委員会及び監督委員会による合同聴聞会で、多数の共和党議員は、FBIの捜査は政治的に動機付けられていると示唆する攻撃に集中した。一方、民主党は、ストロークが米国に秘密裏に潜入し、長年米国でスパイ活動をしていたロシア人の捜査を行っていたことなどの実績を讃えた。また、米国の大統領がNATO同盟国との関係を崩壊しかねない言動を繰り返す一方で、歴史的に最敵であるプーチンに傾注している時に、単に個人的会話にこだわっているこのような状況は信じられないと述べた民主党議員もいた。また、共和党の質問者はストロークが質問に答えないとして、侮辱していると批判または怒鳴っている時、民主党はFBIの規則として、現行の捜査に関する質問には答えられないはずであると擁護し、共和党はストロークを攻撃するだけではなく、2016年の大統領選に干渉したロシアを調査している特別捜査官の捜査を攻撃しているとして、彼を防衛するなど、非常に党派の亀裂が目立った。監督委員会の委員長トレイ.ゴウディは、ストロークに2016年夏、ロシア調査の初めの週にインタビューした人数を尋ねた。ストロークは「現在特別顧問が進行中の調査に関連する問題にはFBIの指示に基づいて、その質問に答えることはできない」と答えた。下院司法委員会の委員長ボブ.グッドラットは「侮辱罪を告発する」と脅し「ストローク氏、あなたは召喚令状下にあり、質問に答える必要があります」と述べた。

共和党はストロークが党派的で偏見に基ついた捜査をしていたと言う証拠を発見してない。しかし、共和党議員らは「これらのテキスト.メッセージはトランプが全く無防備であることを証明する煙を吹いた銃であり、彼に対する全ての調査は最初から汚染されており、停止されなければならない」と主張している。ワシントン.ポストのポール.ウォルドマンは、ストロークが「今日準備した声明の中には明記しなくてはならない重要な事実ある」と述べ、以下のストロークの口頭陳述を紹介した。「2016年の夏、私はロシアの選挙干渉の詳細及びトランプ.キャンペーンのメンバーとの可能な接触を知っていた少数の人々の一人でした。この情報は脱線する可能性があり、恐らくトランプ氏を敗北させる可能性がありました。しかし、その情報を公開する考えが決して私の心を越えたことはありません」と語った。

ウォルドマンはこの声明について「これは、共和党が完全に狂ったようにロシアの捜査を無効にする理由の中核である。彼らは、トランプ氏が大統領に選出されることを阻止するFBIの陰謀があったと我々に信じさせたいが、その陰謀は何をしたのだろうか?」と疑問を問いかけている。また「ロシアがトランプを勝利させるため、包括的な努力があったこと、トランプのキャンペーンの人々、更にはトランプの家族も協力しようとした努力があったことをほぼすべての人は今認めている。FBIは慎重な調査が何らかの形で捜査結果に影響を与えないよう、その調査を完全に秘密として維持した」と述べている。また「共和党議員は、ストロークまたは他の誰かが、ロシアの干渉とトランプ.キャンペーンの調査に偏見があり、不公平で不適切な公的行動をとったという証拠を提供することはできなかった」と書いている。

加えて、別の事実は、ストロークとページの個人的なテキストのみが公開され、共和党はロシア捜査を廃止するための材料としてそれを利用しているが、反クリントン派のFBI同士がどのような会話またはテキスト交換をしていたか、その点は無視されているとウォルドマンは指摘し「ヒラリー.クリントンに対する深い反感はFBI内に存在し、複数のFBI情報筋は、選挙数日前、ガーディアン紙に彼女のキャンペーンに被害をもたらす急速な一連の漏洩を促した」と述べている。しかし、共和党は彼らの側のそのような調査や公聴会は行わず、明らかにトランプを支持していなかったFBIの主要人物ストロークの攻撃に集中した。今日公聴会で、米国人が目撃したことは「トレイ.ゴウディは、彼のガールフレンドに対する深夜のテキスト.メッセージの個々の単語の意味についてストロークを批判し、特許の訴訟技法を使用し、証人(ストローク)に叫ぶような質問を浴びせ、証人が答弁を開始すると、より大きな音量で別の質問を叫ぶ」唖然とするような喧騒の「サーカス」を演じたことである。

ある時点で、質問に完全に答える機会があったストロークは「あなたはそれが夜遅く、袖口を外して書かれたことを理解する必要があります。また、それは候補者トランプが英雄である戦士の移民家族を侮辱していたことを含む一連の出来事に対応しており、その恐ろしく、おぞましい態度を基本に、私の推定ではアメリカの人口は、そのような行動を取る候補者を米国の大統領に選出しないということでした。FBIの私がどの候補者の選挙プロセスにも不適切な影響を与えるために何らかの行動を取る如何なる示唆もありませんでした」と述べた。また「議長、私はあなたに保証できます。それらのテキストのいずれにも、私が取った何らかの行動の領域にこれらの個人的な信念が入り込むことはありませんでした」と語り、彼の上司も部下も全てFBIは「私が彼らを容認するより、もっと私の不適切な行動を許さないでしょう。それがFBIとしての我々です」と語り、トランプの選出を「我々は止める」と書いた理由を説明した。

少なくとも下院議会で民主党が多数派になる可能性がある中間選挙で、両院多数派の維持を切望している共和党の民主党に対する対抗意識は益々激化している現状である。政治的紛争が益々緊張化している最中に行われたFBI捜査官を召喚した公聴会は、通常の常識を超えて、非常に感情的であり、特に一部の共和党は攻撃的であった。FBIを含むオバマ政権下の18組織の情報社会は、選挙前から既にトランプ.キャンペーンの複数の人物がロシア政府の関係者と接触があったことを知っていたが、これを公表することはなく、トランプに解雇された元FBIディレクターのジェイムス.コミさえ、FBIはクリントンの電子メールとロシア関連の両方を調査していたにも関わらず、コミは選挙のわずか11日前にクリントンの電子メールの再調査のみを公表し、トランプ.キャンペーンが捜査の対象になっていることを秘密にしていた。共和党は、その不公平な状況を提起することはなく、ストロークがトランプの勝利を望んでいなかったことに執拗にこだわった。この聴聞会は、ストロークの声明は事実であることを明白にし、彼はFBIのロシア関連調査に対する共和党の党派的挑戦にたじろぐことはなかった。結局、この公聴会は共和党にロシア関連調査を停止する政治的意図があり、それが主要点であることを示唆した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。