アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Rosenstein and Putin with TrumpBy CNN

特別捜査官ロバート.ミュラーのチームは13日、2016年7月に民主党の組織をハッキングし、有権者のデーターを含む複数の情報を盗んだ12人のロシア政府関係者を告訴した。トランプ大統領の側近の関係者は、来週月曜日に予定されているトランプ及びロシアの大統領ウラジミール.プーチン間のサミットをキャンセルするよう促しているが、トランプはそのアドバイスを受ける気配はないという。二回目のロシア人に対する告訴は、トランプが2016年7月のキャンペーンで、ロシアにクリントンの失われたメールを探すよう公的に要請した同時期にハッキングしたことを強調し、驚異的で奇妙な偶然があるため、捜査官ミュラーはトランプが、このハッキングを知っていたかどうかを疑問視している。この新たな展開は何を示唆している?

2016年7月27日、ドナルド.トランプはキャンペーンでの集会で「ロシア、貴方が今聞いているなら、ヒラリー.クリントンの消えた33,000のメールを探すことを希望している」とロシアに呼びかけた「ほぼ同日または同日」に民主党のキャンペーンはハッキングされた。ロシアが選挙に干渉したことを再度明白にしたが、この時のトランプの当時のスピーチを収録したビデオは再度、頻繁に紹介され、驚異的な偶然性に疑惑が広がっている。トランプは昨日英国を訪問し、14日スコットランドのゴルフ場で楽しんでいるようである。連続的な各地でのプロテストに直面しているトランプは、英国での記者会見で、プーチンに選挙干渉をしたかどうかを聞くかとの質問を受け「干渉したかと聞き、二度としないで」と警告すると非常に甘い態度を見せた為批判され、強く立ち向かう時であると指摘されている。彼の政権と議会とは正反対の位置にあるロシアの政策を支持するトランプは、このロシア関連捜査について13日、英国首相テレサ.メイとの会話で「ウィッチ.ハント」と呼び、最後まで否定する意図があることを示唆した。これまで32人のロシア人が告訴され、タイミングよく、ロシアが選挙に関与した事実が再度報告されているにも関わらず、米国の民主主義を弱体化するプーチンに会うことに反対する顧問らのアドバイスを無視していると言われている。トランプの異常なプーチンへの思い入れと、あまりにも複雑はロシアとの繋がりは不可解である。

米国司法省の副長官ロッド.ローゼンスタインは、13日の記者会見で12人のロシア人を民主党全国委員会及びヒラリー.クリントン陣営のコンピューターをハッキングした罪状で告訴したことを報告した。彼は「容疑者はコンピューターを秘密裏に監視し、凶悪なコンピューター.コードが含まれている数百のファイルを移植し、電子メールやその他の文書を盗みました。共謀者の目標は、選挙に影響を与えることでした」と語った。また、このハッキングによって、約500,000の有権者情報が盗まれたと報告した。彼は「自由で公平な選挙は激しい戦いであり、論争を巻き起こし、常に国内の違いを悪化させ、混乱させ、分裂させ、征服しようとする敵が常に存在するでしょう。憲法に盛り込まれた共通の価値観への公約に結束されている限り、彼らは成功しません」と記者団に語った。

13日のワシントン.ポストによると、ハッカーたちは、DC LeaksGuccifer 2.0などの偽名の人物を介して、有権者に影響を与えようと試みるため、偽装された資料を洗濯した。告訴された12人はGRUと呼ばれるロシアの軍人関係者であり、民主党のコンピューターをハッキングし、2016年の選挙を妨害するため盗んだデーターを出版した罪状に基づいている。この告訴は、ミュラーにより前回のロシア人逮捕に比較して「クレムリンとの結びつきを最も明白にしている」ため、益々トランプを勝利させるためにロシア政府が米国の選挙に関与したことを強く示唆している。また、特別捜査官ロバート.ミュラーのチームは直接ロシア政府を捜査していることを示唆しており、2016年大統領選干渉の背後にロシア政府がいることを確信していたことを示唆している。ミュラー.チームは、民主党組織のコンピューター.ネットワーク及びヒラリー.クリントンのキャンペーンをハックするための「継続的な努力及び洗練された特定の軍隊と名前の役人」を11の罪状により告訴した。

トランプの弁護士ルディ.ジュリアニは、告訴は全てのアメリカ人に取って良いニュースであると述べ「ロシア人は釘付けになるが、アメリカ人は関与していない」ので、ミュラーは「完全に無実のトランプ大統領を追跡することを止める」よう呼びかけた。しかし、ロシア人が関与したこのハッキングは、トランプがキャンペーンでクリントンのメールを探すよう呼びかけた同日またはその頃行われた事実に照らし、偶然にしては奇妙過ぎると見られている為、益々トランプとインタビューする動機をミュラーに与えている。しかし、13日のニュースを受け、共和党の危機を察した下院共和党の少数派フリードム.コーカスのリーダーであるマーク.メドウズはミュラーを打破するため、彼を任命したローゼンスタインを弾劾する準備を始めた。ローゼンスタインがミュラーの告訴について記者会見を行っている時、下院のフロアーで、日頃からローゼンスタインを批判していたメドウズは弾劾する書類を持っていたと報告された。政権の高官を弾劾するためには、上院議会で2/3の投票を必要とするため、政治的に成功不可能な試みであるが、成功すれば、ロシア関連調査を停止するための最初のステップになる。新たなロシア関連調査の報告が劇的であればあるほど、これを阻止する反動も多大になるようだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。