アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2020 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

2018年9月5日 のアーカイブ

続編2:クレイジー.タウンのショッキングな内幕

Image result for images of the book fear by bob woodwardBY VCU News  

国家安全保障に関する大統領の認識レベル

また、大統領としての最大の責務であるべき国家安全保障について、トランプは世界情勢に唖然するほど疎いことを示唆した。1月19日の国家安全保障理事会で、トランプは米国がなぜ「朝鮮半島で大規模な米軍が駐留している」のか、その意義を理解していなかった。ウッドワードによると、それはアラスカ州からの15分に対して、米国が北朝鮮のミサイル発射を7秒で検出することを可能にする特別な情報操作があることを知らず、トランプは、なぜ政府がこの地域に資源を費やしているのか疑問を提起した。ジェイムス.マティス国防長官は「第三次世界大戦を防ぐためにこれをやっている」と語った。会議後トランプがその場から去った時、マティスは特に怒り、警戒し「大統領は5〜6年生のように行動し、5〜6年生のように理解している」と親しい仲間に語った。 (さらに…)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。