アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Paul ManafortBy New York Post

トランプ.キャンペーンの議長であったポール.マナフォートは14日、二回目の裁判を避けるため有罪を認め、特別捜査官ロバート.ミュラーに完全に協力すると伝えられている。それは双方にとって著しいメリットがあるようだ。法律専門家は、この状況についてトランプ大統領の広報的な弁護士であるルディ.ジュリアニとは対照的な見解を表明した。公的に認識されたマナフォートの捜査への協力は何を示唆している?一方、著しいプレッシャーに直面したトランプは米国の選挙に干渉したロシア人に対する制裁を可能にする大統領令に署名した。

トランプ大統領の広報弁護士であるジュリアニは14日、マナフォートの犯罪はトランプ.キャンペーンとは一切関係なく、彼が特別捜査官ロバート.ミュラーに提供できる情報を何も持っていないと述べた。ジュリアニはトランプ.キャンペーンとロシアの共謀を調査しているロシア関連捜査に最も重要な2016年6月のトランプ.タワーでの会合については全く触れていない。この日、マナフォートは大統領選の政敵であるヒラリー.クリントンに有害な情報を提供されるとの約束でロシア政府に直結した女性弁護士を含む他複数のロシア人との会合を先導したトランプの長男及び娘婿ジャレッド.クシュナーと共にその会合に参加していた。

法律専門家は、マナフォートの犯罪の刑務は数十年であるが、有罪を認め、捜査に協力することでかなり限定される可能性があると述べている。これは、捜査官がロシア関連調査においマナフォートが重視されていることを示唆している。14日のロイターによると、法律専門家は、この不可解なトランプ.タワーでのロシア人との会合も含めて、トランプ.キャンペーンの周辺で起きている2016年の大統領選を干渉したロシア調査の「未解決の質問に光を当てることができる」と述べた。専門家は、マナフォートは特別顧問ロバート.ミュラーに「全てに、真に、徹底して、完全」に協力するとの合意はロシアとの共謀を否定したトランプ大統領を試すことになると述べている。ジョージ.ワシントン大学の元連邦検事で法学部のランダル.エリアソンは、実際にはもっと長くなる可能性がある刑務に大幅な限度を定めた事は「かなり良い取引」であるとし、ミュラーのチームがマナフォートの協力を重視していることを示唆した。

一部の法律専門家は、トランプとその顧問が故意にロシアからの援助を求めていた場合、選挙財政法に違反した可能性があり、米国政府の機能を損なうための陰謀を犯罪とする法律があると述べた。また、連邦検察官のセス.ワックスマンは、ミュラーの調査官は、トランプ.チームがキャンペーンの援助の引き換えとして、ロシア人に何かを提供したかどうかをマナフォートから探り、回答を得るかもしれないと述べた。ワックスマンは、ミュラーの調査に協力するマナフォートとの取引は他の課題においても「目立つ雪だるまが丘を転がる」原因になる可能性があるとロイター語った。また、マナフォートは彼の長年のビジネス及びトランプ仲間のロジャー.ストーンとの個人的な関係についても疑問を提起される可能性がある。ストーンの通信はミュラーの調査の対象となっているとロイターは伝えている。また、マナフォートは2016年の共和党全国大会において、ウクライナに関する党のプラット.フォームをロシアの利益と合致するよう改正したことは既に報告されている。当時、マナフォートはウクライナの親ロシアの政治家を代表してトランプ.キャンペーンに参加した。フォードハム大学法学部の教授であるジェッド.シュガーマンはマナフォートの嘆願契約はトランプ恩赦の有効性を制限していると述べ、マナフォートは、州犯罪として処罰可能な犯罪を認めているため「大統領赦免は適用されない」と説明している。マナフォートは何ヶ月間もミュラーから質問を受けることを拒否したため、彼に同情したトランプは大統領の権力を利用し、恩赦を与える可能性があると言われた。しかし、マナフォートは税務当局から金を隠していた犯行を認めた後、連邦捜査官に協力する結果となった。

なぜ、マナフォートは捜査官に協力しなくてはならないのか?マナフォートはミュラー捜査チームに協力することで、資金洗浄や外国人エージェントとしての登録に失敗した罪状を含む5つの犯罪を打ち切り、バージニアの陪審員が決定しなかった10 の罪状で彼を再試行しないとの約束を受けたからである。マナフォートは米国を欺くため、及び司法妨害の共謀で、それぞれが最高5年の懲役刑を科す有罪に課せられている。また、彼は犯罪に由来する現金と財産を4,600万ドル支払うことに同意した。これは、バージニア州の連邦地方裁判所で18の罪状中8の有罪判決を受けたが10の罪状は決定されていなかった。しかし、捜査に完全に協力することで、この10の罪状は無効になったことを示唆している。トランプにとっての「悪いニュース」は、トランプのキャンペーンを支援したマナフォートがどのようにロシアとのコネを利用したか、そしてトランプが何らかの形でそれを知っていたかどうか、または彼が関与したかどうか「まだ未解決の疑問が沢山ある」ことを示唆している。加えて、トランプ.タワーでの会議以外にも、マナフォートはウラジミール.プーチン大統領と緊密な関係があるオレグ.デリパスカを支援する為、金銭的報酬を払っていないキャンペーンを利用することを望み、数百万ドルの「負債から自分を大物に引き出すことを望んでいた証拠がある」とニューヨーク.タイムスの編集委員会は述べている。

現在、元国家安全保障顧問マイケル.フリン、トランプ.キャンペーンの元外交政策顧問ジョージ.パパドプロス、マナフォートのビジネス.パートナーのリック.ゲイツ、マンハッタンの連邦検察官がその事件を調査しているトランプの元個人弁護士マイケル.コーエンに加えて、マナフォートは新たに、ロシア関連捜査に協力する人物となった。トランプの世界は通常の世界には見られない特異性があり、クリントンのキャンペーンをハックしたロシアに援助された人物が米国の大統領になった驚異的偶然性があることを示唆している。トランプはロシア捜査を「ウィッチ.ハント」と呼びことで、猛烈な反撃を繰り返したが、強いプレッシャーを受けた彼はそのハッカーらも含め、米国の選挙妨害に対する制裁を可能にする大統領令に署名したことが12日報告された。マナフォート及びコーエンが有罪判決を受けた直後、トランプはマナフォートの恩赦を考慮しているとの噂もあったが、マナフォートは連邦捜査に協力することを誓約したため、恩赦を与えることは最早不可能になった。これらの状況はトランプにとって新たな混沌であると言われている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。