アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

        Image result for Anita Hill with Thomas in 1991          By ABC News  アニタ.ヒル(1991年10月)

米国最高裁指名者のブレット.カヴァナフの任命プロセスは混沌に陥っている。今週予定されていた上院司法委員会の投票は中止された。来週、月曜日カヴァナフと性的暴行を受けたと主張しているスタンフォード大学の心理学者クリスティン.ブラスセイ.フォードは公聴会で証言する事が決定した。別々の時間帯で行われる二つの公聴会でどちらが先に行うかは微妙な問題である。米国最高裁判事の任命前に性的暴行が暴露された歴史が示唆していることは、女性軽視の風潮が本質的に変わっていないことである。カヴァナフに対する告発は、25年以上前の事件と幾つかの類似性があり、その告発者は同様に大学の教授である。当時有名になったその教授は、18日上院司法委員会の公平な対処を求めるオプエドを投稿した。

24日に行われるカヴァナフとフォードの聴聞会で、どちらの話を先に聞くかは微妙な決定である。共和党多数派の委員長のグラスリーは、彼女の公聴会を先に行う可能性がある。その場合、カヴァナフは、フォードの公聴会で彼女が何を語ったかをすべて先に知った上で、彼女に対抗する公聴会に臨むことが可能になるため、自己防衛する上で有利である。しかし、当時カヴァナフの友人、マーク.ジャッジは何が起きたかを目撃している。加えて、フォードは、トランプが大統領選に立候補する大分以前の2012年に、セラピストに彼女が体験した精神的後遺症を語っている。現在著名な大学教授が、公的に虚偽を語る個人的メリットがあるとは考えにくい。一方、カヴァナフと彼の友人ジャッジは泥酔で、ほとんど何も覚えていないと主張する可能性が高い。カヴァナフに対する任命プロセスは、米国最高裁判事指名者に対する、性的暴行で任命プロセスに混乱が生じた歴史を思い起こす。最高裁の任命前に、大学教授が性的ハラスメントを主張した点で類似性があり、27年前に告発されたトーマスは黒人の共和党判事であり、告発者は黒人女性の法律学者である。

1991年10月8日ニューヨーク.タイムスのアーカイブによると、当時アニタ.ヒルはオクラホマ大学で商業法の教授であった。ヒルはワシントンD.Cのワルド.ハークレイダー&ロス法律事務所で短期間働き、その後1981年にトーマス裁判官の特別顧問として雇用され、教育部の市民権局に就任した。現在米国最高裁の共和党判事であるクレアランス.トーマスに対して、当時彼が任命される前に、セクハラを受けたと主張した彼女は、微妙で個人的な犯罪として「被害者の役割」を主張した記者会見に臨んだ。そして1991年10月、セクハラの「主張を長く待ちすぎた」と批判したホワイトハウスと上院の共和党指導者に対して、プライバシーの希望を擁護し、彼女は、最高裁へのトーマスの指名を脱線するための土壇場の努力をしたと伝えられた。宣誓供述書とFBIの捜査局による尋問の中で、ヒルは1981年から2年間、トーマス判事が頻繁に彼女にデートを申し込み、彼女が拒否した時、猥褻な会話で恥ずかしめを受けたと述べた。当時35歳であったヒル教授は、1991年9月トーマス判事を告発し、10月初旬にトーマス判事に対する公然たる非難者になった。

Image result for Anita Hill in 2018By Wesleyan University   2018年アニタ.ヒル

ヒルは18日、ニューヨーク.タイムスにオプエドを寄稿し、カヴァナフの2018年の聴聞会と1991年のクレアランス.トーマスに対する司法委員会聴聞会の類似点を見逃すことは不可能であると述べている。上院司法委員会は、セクハラの申し立ての重大性と、最高裁への指名者の性格に対する一般の信頼の必要性における両方に対する感謝を示す機会を得た。しかし、それは両方の側面で失敗したと述べている。約30年前と同じ委員会で、幾人かの同じメンバーがカヴァナフの確認手続きを進める上で、裁判所の健全性、国民の関心事としての性的暴力への取り組み、および証言する2人の主要な証人は天秤にぶら下がっていると述べた。

彼女は1990年代に、職場でのセクハラの苦情を誤って扱うことを許可されていた1991年よりも今日、一般国民は政府にもっと良好な対処をすることを期待していると指摘した。しかし、上院司法委員会はまだ、トーマスのセクハラと暴行の申し立てに関する議定書が欠けているため、委員会はトーマスの聴聞会からほとんど学んでいないことを示唆していると指摘した。2018年の上院司法委員会は、性的暴力は選出された議会の代表者が対応しなければならない社会的現実であることを明確に理解しなければならない。フォード博士とカヴァナフ判事の今後の証言に公平で中立で十分に考察されたアプローチが唯一の方法であると指摘した。上院司法委員会の任務は、事実の発見者として奉仕するため、アメリカ国民により良く奉仕するための役割を果たすことであり、証言のために呼び出された証人の人生を破壊するものであってはならないと書いている。アニタ.ヒルは現在、ブランダィス大学の社会政策、法律、女性、性別、性的研究の大学教授である。

昨日までに複数の上院共和党議員、スーザン.コリンズ、リサ.マーカウスキー(アラスカ)、ジェフ.フレイク(アリゾナ)、ボブ.コーカー(テネシー)は真実が明らかになるまで、投票すべきではないと公的に声を上げた。フレイクは、女性の主張に信憑性があると思えば、投票を進めることに同意するべきではないと語った。ホワイトハウスのトランプの顧問の一人であるケリアーン.コンウェイさえ、彼女の話を聞くべきであると述べた。彼女は、なるべく早く聴聞会を行い、カヴァナフの投票を行うべきであると主張した。1991年10月に行われたたヒルの公聴会で、当時上院司法委員会の委員長であった元副大統領ジョー.バイデンは18日、現行のエピソードは、数十年前に「そこにあった複雑な問題のすべてを思い出す」と語り、長い歴史の中で性的暴行とセクハラの問題はその本質が変わっていないことを示唆した。バイデンは性的暴行を受けた又は暴力的行為があったと女性が公的に表明した場合、それはほとんど真実であると述べた。しかし、1991年に比較して2018年が変わってきたことは、上院司法委員会に女性パネル.メンバーが増えていることと、Me Too運動のように、女性が恐れず公的に加害者を糾弾するようになっていることである。今年は、次から次にセレブなど有名な女性がセクハラや性的暴行の苦い体験を告白するMe Too運動が前代未聞の規模で台頭している。判事に対する性的暴行の告発は、その歴史的に根強い社会風潮があることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。