アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Kavanaugh and Christine BlaseyBy Black Christian News Network

トランプ大統領による最高裁判事指名者のブレット.カヴァナフは約35年前の性的暴行非難に直面している。死の脅しに直面しているスタンフォード大学の教授クリスティン.ブラスセイ.フォード及びカヴァナフの聴聞会は同委員会がフォードの同意を得ず独断で設定した。フォードはFBIの調査を先に開始することを要求し、来週の後半に証言する可能性があることを示唆している。家庭内暴力の減少を促進する複数の専門グループはフォードを支持し、調査することを求め、一部は目撃者の証言も追加するよう要求している。しかし、上院司法委員会の共和党は、フォード教授が来週月曜日の聴聞会に現れない場合、委員会での投票を強引に推し進める戦略を利用している。上院議会複数の民主党女性議員らは、この動きに対して抗議を展開した。ワシントンの新たなケオスは何を示唆しているだろうか?

上院司法委員会の共和党メンバーは、来週月曜日、同じ時間帯でカヴァナフとフォードに証言の機会を与えるとして、同時に聴聞会を開催することを決定したが、これはフォードの同意を得ず決定されたものであることが18日夜判明した。フォードの弁護士デブラ.カッツは、フォードが早急に設定された公聴会の準備はできていないとし、FBIの捜査を先に行うべきであると公的に主張している。カッツ弁護士は20日、上院司法委員会に対して「フォードが来週証言する準備をする条件について話し合う」よう要請し、彼女の顧客は死の脅しを受け、彼女と彼女の家族は家から追い出されている」と同委員会に説明した。また「公平で安全であるという条件に同意することができれば証言する」意思があり、月曜日の公聴会は不可能であり、委員会の主張はいかなる場合でも恣意的である」と述べた。

同委員会の共和党は、FBIの捜査を行う必要はないと述べている。昨日公表された同委員会の委員長チャック.グラスリーの手紙によると、彼は「FBIは、指名者に対して受け取った情報の信頼性評価を行っていない。また、委員会が重要だと判断したという理由だけで、問題を調査することも任されていない。憲法は大統領指名者を助言し、状況が有効であれば、指名に同意する任務を上院のみに与えている。我々は行政部の当局に我々の適当な注意を行うことを命令する権限はない」と述べている。

一方、FBIの調査を指示しているのは民主党だけでなく、性暴力の専門家グループは十代の時に性的暴力をカヴァナフに受けたことを公然と表明したフォード教授を支持している。家庭内暴力を終わらせるため、全国ネットワーク、D.Cレイプ危機センター、性的暴力を終結させる全国同盟、女性のための全国組織のグループは、フェミニスト.マジョリティ財団によって開催された記者会見で、大統領と上院司法委員会に対し、十分な調査を行うよう求めた。また、軍隊での性的暴行の調査に関与し、上院議会の中でこの問題の先駆者的な役割を果たすカーステン.ジルブランドはFBIが調査をしないのであれば、フォード教授は上院司法委員会で証言するべきではないと主張している。20日ワシントン.エグザミナーによると、ジルブランドとハワイ出身のメイジー.ヒロノはFBIの調査を拒否し、フォードが来週月曜日に証言しない場合、投票する計画を進めている党派的な共和党を叱ったという。ジルブランドは「私にはこれが出来ないということは明白ではないです。今すぐ調査を開始できるはずです。もしアメリカ人が、どれほど彼らにとってこれが重要であるかを大声で話した場合、彼らは心を変えるかもしれません。彼らは心を変えなければなりません」と述べた。

一部の超党派の議員らは、他にも証言者を公聴会に召喚するべきであると提案している。その可能性があるフォードの同級生であるクリスティーナ.キング.ミランダは長い手紙をフェイスブックに公開し、暴行があったことは事実であると述べている。ミランダはそのメッセージの2段目の最初のラインに「私は彼女を覚えています。その事件は起こりました。私たちの多くは学校でそれについて聞いたことがあり、クリスティンの思い出は、私たちが本当に告発が真実であることを深く知るのに十分なはずです」と書いている。しかし、その後、NPRのインタビューで「それが起こったのかどうか言えません」と語った。明らかに彼女は立場を変え、その長い手紙をフェイスブックから削除したが、アトランタ.憲法ジャーナルのジャーナリストであるジェイ.ブックマンによって紹介された。

また、フォードのカヴァナフに対する非難によると、別の有力な証人は、ベッドルームで15 歳の少女に対する暴行の場面を目撃したと言われているカヴァナフの友人マーク.ジャッジである。しかし、マークは14日ウィークリィ.スタンダード(TWS)に「それは絶対に狂気じみています。私はブレッドがそのように行動するのを見たことはありません。私は(思い出すことが)できません。私は、多数の男子と一緒に居た大雑把な住居を思い出すことはできます。それは男子の学校であり、私たちはお互いに大雑把な住居に居ました。私はそのような事が女子と起きたことは覚えていません」と語った。ジャッジがその「攻撃の試みを目撃したことを否定」した後、TWSの記者は「高校時代に女子学生との何らかの大雑把な住居を思い出すことができるかどうかを尋ねたと説明している。

グラスリーは手紙の中で、立法部はホワイトハウスに調査を要請することが可能であることを述べていないため、誠意のある手紙ではないことを示唆している。加えて、カヴァナフはそのような事実はないため、フォードの主張が虚偽であることを証明するため捜査するべきであると述べていない。一方、フォードはその事件の具体的な日時を明白にしていないため、双方の立場はインパクトが弱いことを示唆している。FBIの捜査に入った場合、中間選挙前にトランプの最高裁指名者の投票を行うことが不可能になるため、グラスリーの戦略は、11月の中間選挙で多数派の優位性を失う前に、カヴァナフの任命プロセスを終えることを優先するため、非常に焦っていることを示唆している。任命プロセスの硬直化を示唆する状況下で、共和党はブレッドの任命は選挙で壊滅的な敗北を味わうと恐れながらも、カヴァナフの任命を諦めることはできないというジレンマに直面している。彼が任命された場合、終身雇用が保証されている最高裁判事のカヴァナフは、少なくとも今後30年、全ての課題で完全に党派的強硬路線を推進する危険性があると懸念されている。女性の健康問題、労働者保護、病歴者の医療保険を含む全ての権利において、米国社会を大幅に変える可能性があるため、彼の任命は両党にとって政治的死活問題であり、双方が妥協できる余地は全くないことを示唆している。1991年以来の猛烈な紛争は、憲法に基づく判定を重視した米国最高裁の伝統が失われ、判事任命の取り組みは完全に党派的になっていることを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。