アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Protesters march Capitol Hill on Sep. 24, 2018最高裁前にて      24日:By Dailyitem.com 

トランプ大統領指名の米国最高裁判事候補者ブレット.カヴァナフに対して、性的暴行を非難する二人目の女性が登場した。カヴァナフとイェール大学で同級生だったデボラ.ラミレスは、カヴァナフを調査するよう要請したことが昨夜報告された。共和党はカヴァナフの任命プロセスを急いでいるが、上院司法委員会の民主党リーダーであるダイアン.フェインスタインは、カヴァナフに対する任命プロセスを延期するよう要請した。今日キャピタル.ヒルでは大勢のプロテストが抗議している。最高裁判事任命の新たな混沌は何を示唆している? 

昨夜、二人目の女性がカヴァナフに対してセクハラを受けたことを公表した。カヴァナフとイェール大学でクラスメイトであったデボラ.ラミレスは、同級生であった時、カヴァナフの行動について、それを「覚えている。恥ずかしくて、恥であり、屈辱的だった」と述べた。彼女はカヴァナフがパンツを引き下ろした時「ブレットは笑っていた」と述べた。また、彼女の顔前で露出したその男性はブレット.カヴァナフであり、その正式な名前を覚えていることを現在53歳のラミレスは語った。その状況は市民権弁護士によって民主党の上院議員に伝えられた。ラミレスにとって、突然の注目は歓迎されるものではなく、困難な選択を促した。彼女は最初、公然と話すことを躊躇した。その理由の1つは、その事件の時に飲んでいたため、彼女の「記憶にギャップがあったからである」と伝えられている。

当時、カヴァナフはイェール大学の同級生であり、ラミレスと同年齢である二人は1987年に卒業した。彼女は社会学と心理学を学び、その後家庭内暴力の被害者を支援する組織のために何年間か働いていた。23日のニュー.ヨーカーによると、同誌はカヴァナフが事件に関与している可能性があることを知った後、ラミレスに連絡を取った。ニュー.ヨークカーとの最初の会話では、疑わしい事件でのカヴァナフの役割を確実に特徴づけることに消極的であった。彼女の思い出を慎重に査定し、弁護士と相談した6日後、ラミレスは酔った寮でカヴァナフが彼自身の一部を露出した事を覚えていると言える記憶に基づく「十分な確信」があると語った。ラミレスは、彼女とカヴァナフがイェール大学の新入生であった時、女性のサッカー.チームの友人から寮のパーティに招待されたと語った。彼女は、旧キャンパスとして知られているイェール大学の一部であるローラン.ホールのスイートでパーティが開催されたことや、少数の学生が一緒に飲むゲームをしたことを思い出した。彼女は「我々は円状に座っていた」と語った。また「人々は誰が飲むかを選ぶ」ゲームでラミレスは繰り返し選ばれ、彼女は素早く酔った。酔った寮のパーティのある時点で、自分自身を露出し、彼女の顔にそれを押しつけたカヴァナフを押しのけた彼女は、現在この事件での彼の役割をFBIに調査するよう要求している。

Related image議事堂内に集まった抗議者    24日:By Yahoo

24日、複数のメディアがニューヨーカーの報告を引用している一方で、カヴァナフは彼に対する性的非難を否定し、ホワイトハウスはカヴァナフを懸命に擁護している。24日のワシントン.ポストによると、カヴァナフは上院司法委員会の指導者らに対する「忌々しい手紙」の中で、「このプロセスからの撤退に脅迫されるつもりはない」と述べた。カヴァナフは「私の良い名前を破壊するための協調的な努力は私を追い出すことにはなりません。私の家族に対する暴力の脅威が私を追い出すことはありません。最後の瞬間の暗殺の性質は成功しないでしょう」と語った。トランプ大統領は記者へのコメントで、彼の指名者を「いつも」支持すると宣言し、カヴァナフを「過去に傷のない男」と呼び、彼の周りで渦巻いている性質について「完全に政治的」であると主張した。24日の月曜日、二人目の女性によるカヴァナフに対するセクハラの非難に対して、両党は完全に逆方向の主張をしている。

上院議会のベテランで司法委員会の民主党リーダーであるダイアン.フェインスタインは23日、性的違法行為の疑惑が完全に調査されるまで、カヴァナフの任命プロセスを延期するべきであると述べた。しかし、幾人かの有力な共和党議員は、今週27日に予定されているスタンフォード大学の教授クリスティン.ブラスセイ.フォードの公聴会後、迅速な投票を行うことを求めている。米国上院共和党議員リンジィ.グレイアム(サウス.キャロライナ)は24日ツイートを通して「これは、遅延、欺瞞、卸売の性質である暗殺のゲームである」と主張し「私の見解では、このプロセスは木曜日の聴聞会で前進し、その後すぐに委員会に投票する必要がある」と語った。上院司法委員会の共和党古参であり、早くから辞職を公表しているオリン.ハッチ(ユタ)は「計画通り、木曜日にフォード博士から聞くべきである。それから投票するべきである」と述べた。

民主党は即時の延期を主張し、共和党は即時の投票を求めているが、どちらの党の主張が正しいかどうかは、時が明らかにすると思われる。27日に開催されるフォード教授の上院司法委員会での公聴会で、彼女がどれほど確信的なことを語るかどうかである。その証言に信ぴょう性があればあるほど、ラミレスの話は、これまで一般に知られていなかったカヴァナフの若い頃の品行を裏付けることになる。ニューヨーカーに語ったラミレスの話は、6日間極度に慎重な態度で検討し、専門家に相談した結果であること、カヴァナフの名前をフル.ネームで覚えていること、彼女にとっては顕著なイベントであったこと、その体験を具体的に表明していること、これは高いレベルの証言であることを示唆しているなどが挙げられる。しかし、この飲酒パーティには他の証言者がいるはずであるが、彼女は他の参加者を特定していないことを示唆している。従って、ラミレスはFBIが調査する必要性を強調している。金持ちの学生が通う著名な大学で、一部の学生らは品行方正に欠けるという実態が過去にも何回か報告されているため、特に驚くことではない。

上院司法委員会の共和党委員長であるチャック.グラスリーがスタンフォード大学のフォード教授に対して、上院司法委員会での公聴会のスケジュールを一方的に設定した時、多数の民主党はなぜ、共和党はカヴァナフに対する任命プロセスを急いでいるのかと疑問を提起していた。ホワイトハウスはカヴァナフに関する情報を司法委員会のパネルに聴聞会の前夜まで公開せず100,000ページの書類の50%以下のみ提供した不自然で不誠実な動きがあった。FBIはそのようなホワイトハウスの動きも調査するべきである。女性の主張を信じる圧倒的に多数の抗議者はこの問題を徹底的に調査する必要性を強調し、米国最高裁の建物の前を含むワシントンの各地でデモ抗議を開催した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。