アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2018 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of political buzzword

By  HI Tribune

特定の時に特定の状況で洒落た政治専門用語をポリティカル.バッズウォード(Political Buzzword)と言う。昨年からトランプ大統領によって頻繁に使用されている言葉はフェイク.ニュースである。フェイク.ニュースはトランプ時代の新たな風潮ではなく、歴史は非常に古い。今年、良く利用されているポリティカル.バッズワォードは他にスノーフレイク(Snowflake)及びマイクロ.アグレッション(Micro-aggression)がある。これらの用語は、ほとんど否定的含意で利用されることが多い。

トランプ大統領はメディアの報告に対抗するため日々連続的にフェイク.ニュースという表現を使用している。これは、ニュースメディア、オンラインのソーシャル.メディアを介して伝播された意図的な誤報や偽装による情報である。又、リサーチ及び証拠に基づいていないニュース又はプロパガンダの一種であり、虚偽の情報は主にソーシャル.メディアによって配布されている。2016年の大統領選の前後、多数のニュース.メディアに米国を分裂するためのメッセージが投稿された。フェイスブックには米国人を装ったロシア人が多数の虚偽の政治的広告及びビデオなどを掲載した。近年フェイク.ニュースのサイトが増え、トランプ以前にこの言葉はさほど聞かれなかったため、新たな現象のような印象もあるが、フェイク.ニュースは300年以上前から存在する。NPRによると、北米で最初に出版された新聞は誤情報が印刷された後1690年に閉鎖された。19世紀の新聞はしばしば基本的な事実に同意しなかった。1836年に不気味な殺人事件を報道したある大手新聞は告発された男性を犯罪に関連づけたが、競合的な他の新聞は被告人を複雑な陰謀の犠牲者として描写した。

スノーフレイクは特に繊細な6つの対称性を示す羽毛の氷晶のことであるが、雪のようにデリケートであるという意味から、弱い政治家を侮辱する時に用いられている悪い隠喩のスラングである。イギリスのThe Sunによると、スノーフレイクは世界が彼らの周りを回転していると考えている過度に敏感な人を描写するとき利用されている用語である。彼らは彼らが好きではない意見を聞くと、スノーフレイクは恐怖に喘ぎ、不愉快なものから保護される権利を持っていると信じている。今日の敏感な大学生は、憤慨する課題が含まれているかもしれない本や講義に誘因される警告を受けるためスノーフレイクのラベルを付けられている。特定の若い世代に言及するジェネレーション. スノーフレイクは、現在の敏感なY世代について描写するため使用されている。2010年代に成人になったこの世代の人々は、以前の世代よりも弾力性が低く攻められやすいと見られている。

マイクロ.アグレッションは人種や少数民族などの疎外されたグループやメンバーに対する間接的または意図しない微妙な差別とみなされる表現、行動、または事件などに言及する。ビジネス.インサイダーによると、人種差別や性差別による無意識の表現である。善意であるかもしれない人々によって一見、無害なコメントで出てくる場合もある。ボルティモア郡のメリーランド大学で語学、識字能力、文化の教授であるクリスティン.マリンソンは「マイクロ.アグレッションはしばしば言葉で伝えられるため、職場、教室、法廷、及び他の地域社会で話す方法に注意を払うことが非常に重要です」と語った。カリフォルニア大学バークレー校の言語学教授ロビン.ラコフは注意すべきことは「ある意味で曖昧な場合もあるため、受ける相手は漠然と侮辱されているように見えるが、表面上の言葉は褒めているような響き(ほとんどの場合、肯定的な表現)があるため、侮辱されているとは感じないので、対応方法がわからないです」とビジネス.インサイダーに語った。

マイクロ.アグレッションの例は多数紹介されている。その幾つかは、微妙な表現の裏に人種差別的感情が潜んでいる場合もある。例えば、「出身はどちらですか?あなたはどこで生まれましたか?あなたは良い英語を話します。ある人がアジア系アメリカ人に彼らの母国語の言葉を教えるよう依頼する」などの表現は「あなたはアメリカ人ではありません。あなたは外国人です」とのメッセージを意味している。また、「あなたを見ると、私には色は見ません。アメリカはメルティング.ポット(しばしば多様性民族社会を意味する)です。人種は1つしかありません、人類です」と言われた時、有色人種/民族の経験を拒否する、支配的な文化に同化し/習得する。人を人種的/文化的存在として否定するメッセージであると分析している。

近年、フェイクニュースの表現を最も多く使っているアメリカ人は、おそらくトランプ大統領である。USA Todayによると、「ドナルド.トランプはアメリカのスノー.フレークのチーフ」である。なぜなら、彼は「米国の最も注目すべき過敏性の市民である。人生のわずかな圧力に晒された時、それらは溶け始めます」と述べている。ヤフー.ニュースによると、「人種的な勢力と偏見を奨励しているか?」との疑問を提起されたトランプ大統領は、有色人種の人たちに対して悪いマイクロ.アグレッションを起こしていると指摘されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。