アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Pittsburgh synagogue that occured shooting on Oct. 27, 2018By  Vox 

ペンシルベニア州ピッツバーグのユダヤ人地域社会で27日に起きた銃乱射事件による大量殺戮は、記録的に最悪であると言われている。この事件は、特定の人種または宗教グループに対する病的な憎悪犯罪の類であるが、ユダヤ人に対する憎悪は歴史的及びグローバル的であり、トランプ政権が強調している死刑措置及び強固な武装警備隊の配置で解決するような単純な問題ではない。Anti-Semitism(反ユダヤ主義)の態度はほとんど妄想的である。

衝撃的な銃乱射の襲撃事件は、ピッツバーグにあるスクォロー.ヒルで起きた。この地域の住民は50%以上のユダヤ人で構成され、幾つかの私立のユダヤ人宗教学校があるほどのユダヤ人地域社会である。犯人は27日の朝午前9:55頃、Tree of Life Synagogueと呼ばれる教会で襲撃を開始し、11人を殺害し、4人の警察官を含めて6人を負傷させた。殺害された11人の被害者は50代前半から90代後半の人々であり、子供や青年は含まれていない。

事件後に逮捕された容疑者は、ピッツバーグに住む46歳のロバート.ボウワーズである。彼は事件現場となったシナゴーグと呼ばれるユダヤ教会堂でスワット.チームとの銃撃戦後に拘束された。犯人はこの銃撃戦で負傷したため、病院に搬送されたが、比較的安定した状態であるという。調査を指揮している連邦捜査局(FBI)は、過去20年以上見ていない最悪の事件であると述べたと報告された。反誹謗同盟は米国歴史のユダヤ人社会に対する攻撃で「最も致命的」な銃殺の一つであると述べた。単独行動であると見られている犯人は法務執行当局には知られていないため、犯罪歴はないことを示唆している。27日連邦検察当局は、ボウワーズに対して暴力や銃器犯罪を含む29 の罪状による刑事訴訟を提起した。

彼は犯行前に、反ユダヤのメッセージをソーシャル.メディアに投稿し、近隣の非営利ユダヤ組織に対する怒りと憎しみを表現していたため、憎悪犯罪であると言われている。この凶悪な大量殺戮に対するトランプ大統領の解決策は、ユダヤ教会堂で銃を保持した警備隊を強化することである。トランプは国の銃法は銃撃戦で「やるべきことがほとんどない。彼らが内部で保護を受けていれば、その結果ははるかに優れていただろう。これはいつも存在する紛争だと私は思う」と述べ、シナゴーグには武装警備兵がいなければならないと提案した。また、トランプ政権は、これを政治的課題に結びつけ、死刑の強化を主張した。米国司法省の長官ジェフ.セッションズは「非難すべき全く嫌な事件である。死刑に値する憎悪犯罪である」と述べ、犯人に死刑宣告することをアピールした。

ユダヤ教会堂での残酷な大量殺戮は米国社会の周辺で起きた偏見による殺人罪の一例である。世界は全ての側面で大きく変化しているが、2,000年の歴史の中で、唯一残っているのは反ユダヤ主義である。これは、ほとんど病的な偏見と幻想が主な理由であると思われる。その最たる憎悪の理由は、一般的にユダヤ人はキリストを殺害したと信じ込んでいるからである。何世紀もの長い歴史の中で、キリスト.キラーとしてレッテルを貼られたユダヤ人は世界の各地で、暴徒による暴力のターゲットにされている。ナチスのホロコーストは歴史上、最も極端な反ユダヤ主義の例である。

別の理由は、ユダヤ人は本質的に劣っているか、または人種的に劣るとして、一般的地域社会と異なるとの偏見があると言われている。最後の理由は、ユダヤ人は経済的に成功しているとして、強い嫉妬が憎悪に結びついているとの説もある。事実、ユダヤ人は世界のユダヤ人の人口に不均衡に、社会の中で非常に成功している人が多いと言われている。これらの思い込みはアメリカ人だけでなく、ほとんどグローバル的な現象である。反ユダヤ主義は中世時代、大部分のヨーロッパ社会で根強く、ユダヤ人は市民権を拒否されていたため、アドルフ.ヒトラーが最初の反ユダヤ主義者ではない。反ユダヤ主義は近年、中東、北アメリカでも顕著な社会風潮になっている。上記に挙げた3つの理由以外に、明白で論理的な解釈はなく、非常にミステリーである。人間の心の裏に潜む不可解な理由または、何らかの利用による嫉妬や憎悪が要因であるなら、死刑を強化し、ユダヤ人地域社会を武装警備兵で強化しても、それだけで解決する問題であるとは信じ難い。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。