アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of saudi prince and jamal khashoggiBy   Business Insider

トランプ大統領の不誠実、不正、腐敗は勝利しないことを示唆する幾つかの現象が起きている。一つは、 トランプ国際ホテルや他のビジネスを通して、外国政府からお金を受けている憲法違反の法的発見を防ぐトランプと彼の政権の努力は裁判所によって阻止されたことである。ワシントン.ポストの記者であったジャマル.カショギが10月に殺害された事件は現在も非常に論争的であるが、殺人を命令したと報告されたサウジ.アラビアのプリンスを擁護する決定をしたトランプにその利益相反がないかどうか疑問視されている。これらの課題に関するトランプ.ホワイトハウスの腐敗の動きは終わりに近いことを示唆する状況になっている。

ドナルド.トランプは大統領職を利用して利益を得ているとして多数の告訴が昨年から報告されている。トランプはその事実の発見を阻止する努力をしてきたが、その腐敗は終わりに近づいている。3日のAPによると、ワシントンD.Cとメリーランの司法長官はトランプ国際ホテルの財務記録を召喚することで、その不実、不正、腐敗を法的に発見することを米国連邦地方裁判所の判事ピーターJ.メセッテが承認した。トランプの司法省はメリーランドの判事の決定に挑戦する動きがあったものの、メリーランド州司法長官のブライアン.フロッシュは「我々は事実を発見する準備ができています。現時点で、彼らの目的はドアを閉ざしておくことだけであり、彼らはこの情報を一般公開することを望まず、私たちのケースが進展することを望んでいません。ですから、彼らは可能な限り多くの事を妨害するでしょう」と語り、トランプのホワイトハウスに不実で腐敗した動きがあることを示唆した。また、ワシントンD.Cの司法長官カール.ラシーンは、トランプ大統領が我々のオリジナルの反腐敗法である憲法のエモユウメンツス条項に違反していることを証明するために必要な証拠を集めるため、召喚は第三機関や連邦政府機関に行きます」との声明を公表した。これは、政権に握りつぶされる懸念がないことを示唆している。

APによると、フロリダにあるトランプのクラブであるマー.ア.ラゴ、D.C国際ホテル、大統領の長男であるトランプ.ジュニア関連のビジネスを含む23のトランプ関連事業体に対する召喚は1年以上前に提出されている。しかし、トランプ組織は彼らの財務情報を提供することを拒否し、このような法的挑戦に対抗していた。だが、これらの進展はトランプ大統領の不誠実、不正、腐敗は勝利しないことを示唆している。ワシントンで非営利団体の責任者及び倫理委員長であるノルマン.アイゼンは「大統領は毎日非常に深刻な憲法違反を犯していますので、2019年に終えるためこの案件を速やかに提起する機会があることをうれしく思います」と述べた。

これらの非営利団体や複数州の司法長官は、D.Cにあるトランプ国際ホテルに滞在する外国政府がどのような類のお金をトランプのビジネスに流入しているかを調査することを目指している。また、彼の外交政策決定が彼の個人の利益に繋がっていないかどうかを見るためである。その疑問が提起されている最近の例は、サウジ.アラビアのプリンスであるムハンマド.ビン.サルマーンに対するトランプの不可解な肩入れである。中東からの移民でワシントン.ポストの記者であったジャマル.カショギは10月2日イスタンブールの領事館で殺害されたが、米国情報地域社会の調査では、サウジ.アラビアのムハンマド.プリンスがカショギ記者の殺害を命じたと報告した。しかし、トランプは自身の機関である連邦中央情報局(CIA)の調査報告を無視し、ムハンマドの側に立つことを明白にした。ムハンマドに批判的であったカショギが殺害された事件で、なぜトランプはムハンマドを擁護しているのか?トランプがサウジに多大な財務的利点を見ているかどうか、複数の調査メディアは注目している。ロシアを含めて、トランプが国際ビジネスに関心があることは、ロシア関連調査の線から最近明白になっている。

従って、カショギの殺害事件は現在も続いている論争的な課題であるが、トランプの決定は何らかの彼の利益に結びついていると懐疑的に見られている。上院議会は、カショギ殺害事件に強く反応しており、先週議会で行われた要旨説明会に CIAディレクターのジーナ.ハスペルの出席をホワイトハウスが阻んだとして、先週約 15人の共和党議員はCIAの結論を無視したトランプの態度に怒りを表明した。幾人かの議員らは、ホワイトハウスが重要な情報を隠しているとして、カショギの殺害についての主な情報を知る機会を奪っていると主張した。4日の今日も上院議会では、代表者らがCIAディレクターとドアの裏側での会合を行った。少なくとも、上院共和党議員の約1/3は真実を追求する人たちであるため、なぜ、トランプが必要以上にサウジ.アラビアのプリンスを保護しているのかを知ることになる。オイルの値段を安く維持するため? それが理由なら、現在再生エネルギーはオイルより安いため説得力はない。米国はサウジ.アラビアに武器を輸出しているが、プリンスがカショギの殺害に関与しているなら、2カ国間の外交は終わると語る議員もいる。様々な側面でトランプ.ホワイトハウスの不実、不正、腐敗は勝利しないことを示唆する状況になっている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。