アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump and 17 investigationsBy    Haaretz

2017年初期、米国17の情報機関はロシアが2016年の大統領選に干渉したことを公開し、捜査当局は25人のロシア人を告訴した。約2年間の連邦および州の捜査はトランプ大統領と彼の組織、家族やビジネス関係者も含めてトランプ.キャンペーン、移行チーム、ホワイトハウスが調査の対象になっていることを明白にしている。ロシアおよび複数の外国から不法のお金を受けていないかどうか、2016年大統領選のロシアのサイバー攻撃により、民主党の電子メールが盗まれた事件はトランプも含めて、トランプ組織、トランプ財団、トランプ就任委員会、トランプ選挙寄付団体などがトランプを大統領選で勝利させるために、何らかの協力をした可能性がないかを捜査している。現在進行中の捜査は、ロシアによる米国選挙の干渉だけでなく、外国政府の影響が複雑に絡む驚異的な規模であり、ここ数日間の新たな進展も含めて、前代未聞の驚異的な17件の調査状況が明白になっている。

特別捜査官ロバート.ミュラーが捜査している事件(7件)

ロシア政府による米国選挙のサイバー攻撃:ロシア軍事情報部(GRU)は米国の投票システムに侵入し、ロシアのインターネット調査機関はオンライン情報に影響を与えた。告訴されたロシア人25人中、12名はロシアの軍事情報員であり、13人はロシア政府に関連性のあるトラーカ.プロジェクとして知られるインターネット.リサーチ部門のメンバーである。トランプ.キャンペーンの誰かがロシアの攻撃を知っていたかどうか、2016年6月にトランプの長男トランプ.ジェニア、娘婿のジャレッド.クシュナー、及び現在牢獄されているキャンペーン議長であったポール.マナフォートは複数のロシア人とのトランプ.タワーで会議を実施した。このエピソードも含めて「ロシアの高価で多面的な攻撃」は、ロシア国民とトランプ.キャンペーンとの接触にどのように関連し、調整されたかを調査している。トランプ.キャンペーンはデーター分析の技術会社、ケンブリッジ.アナリティカに関連性があった為、特別捜査官ロバート.ミュラーはロシアのサイバー攻撃に何らかの関与がなかったかを引き続き見ている。

ウキリークス:ロシアのハッカーが盗んだ電子メールをウキリークスが公開したかどうかについて調査している。現状はトランプの側近であるロジャー.ストーンと極右派のジェローム.コルシはいずれも彼らが起訴されることを公的に予期した。

中東の影響: 特別捜査官ミュラーはカタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、イスラエルなど、外国政府からの影響について調査している。彼らはホワイトハウスの上級顧問であるクシュナーに接触し、就任寄付金を提供することでトランプ.キャンペーンをターゲットにした可能性がある。現在裁判の動きはないが、そのような中東との強力な仲介人として協力している人物はブラックウォーター創始者で教育省長官ベッツイ.デヴォスの弟であるエリック.プリンスである。

ポール.マナフォートの活動:トランプ.キャンペーンの議長であったマナフォートは8月 22 日に18の罪状中8の罪状で有罪判決を受け、嘆願書に署名した。ニューヨークに本拠を置く国際法律事務所の弁護士であるファン.デル.ズワンはウクライナを拠点とする政治コンサルタントやロビイストのリック.ゲイツとの相互関係について、ミュラーに虚偽の証言をした有罪を認めた。マナフォートの仲間であるサム.パッテンは、外国人代理人として登録しなかった有罪を認めた。マナフォートのビジネス.パートナーであったゲイツも告訴されており、資金洗浄策略における彼自身の役割について有罪を認めた。

モスクワでのトランプ.タワー建設プロジェクト:これは最近新たな情報として報告されている通りである。議会が公表したロシア調査からの文書によると、ドナルド.トランプ.ジュニアを含む他の人物は、モスクワのトランプ.タワー建設に関する彼ら自身の証言について、法的問題に直面する可能性がある。

トランプ.キャンペーンおよび移行チームによるロシアとの接触:国家安全保障顧問マイケル.フリンおよび外交政策補佐官ジョージ.パパドプロスは告訴され有罪を認めた。捜査官に顕著な協力をしてきたフリンに対して、18日裁判官はフリンの弁護士の要望に応じてその判決を延期した。キャンペーン中、外交政策の顧問であったカーター.ペイジから、中間選挙直後に解雇された米国司法省長官のジェフ.セッションズに至るまで、少なくとも14人のトランプの関係者はキャンペーン中および移行中にロシアと接触していた。2016年6月にトランプ.タワーでトランプ.ジュニア、クシュナー、マナフォートは複数のロシア人と会ったが、その会合はトランプを支持するロシアとロシア政府の一部であることをジュニアに宛てた電子メールが暗示した。

司法妨害: 米国および国際社会の制裁下にあるロシアの大統領ウラジミール.プーチンにキャンペーン中2015年12月に会い、移行期にはロシアの外交官とコンタクトがあったマイケル.フリンの調査をしていたFBIディレクターのジェイムス.コミを解雇した為、トランプは司法妨害の疑いで調査の対象になっている。フリンは彼のロシアとのコンタクトについて捜査官に虚偽の証言をしたことで、告訴され有罪を認めた。ワシントン連邦裁判所のエメット.サリバン判事はフリンの判決を2019年まで延期した。両当事者は 3月13日まで裁判所に状況報告書を提出する状況になった。サリバン判事および捜査官はいずれも延期に同意した。コミは今月初め、ドア裏側での議会証言に協力するよう要請されており、公的な公聴会にするべきであるとして、最初拒絶反応を示していたが、17日に約5時間のインタビューを受けた。部屋から出てくる彼を待っていた記者団に、FBIを攻撃するトランプ大統領に共和党が立ち向かっていないと苦情を述べ「共和党員を含めてこの母体を良く知っている人は立ち上がり、意地の悪いツイートや彼らの支持基盤に恐れることなく、勇気を持って真実を語らなければなりません。彼らの沈黙は恥ずべきです」と語った。(続)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。