アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

ニューヨーク南部地区連邦検察官による調査(4件)

トランプ.キャンペーンの陰謀とトランプ組織の財政:ニューヨークの連邦検察官はトランプの金融詐欺行為を深く調査している。トランプおよび彼の組織の元弁護士マイケル.コーエンの判決における裁判所の文書は2016年の選挙前に選挙結果を有利にする為、婚姻外の問題を隠蔽する目的で二人の女性にハッシュ.マネーを支払った「個人1」をトランプ大統領として特定している。コーエンは選挙財政法違反であるその支払いはトランプに指示されたと証言した。最近の新たな証拠はトランプがその支払いに関する会合に参加していたことである。先週3年間の判決を受けたコーエン、タブロイド誌の親会社AMIのCEOデビッド.ペッカー、トランプ組織の財務最高責任者(CFO)のアレン.ヴァイスベルクはすべて調査官に協力している。

就任式基金:一億ドル以上のお金がどこから来て何処に行ったのか、長い間メディアは疑問を提起していた。歴代大統領のどの就任式より、その寄付金の規模は遥かに大きいだけでなく、トランプの就任式には複数のロシアのエリートが参加した。就任式基金の一部はそれらのロシア人から来ていることが既に知られている。マナフォートの関係者であるサム.パッテンの嘆願書には、ウクライナのビジネスマンが就任を援助するため寄付した5万ドルが含まれている。

トランプのスーパーパック資金調達:検察官はトランプのスーパーパックへの資金調達にもマナフォートが役割を果たしたと見ている。これに関してはまだ裁判所の動きはないが、パッテンは連邦検察官による調査に協力している。

外国人によるロビー活動:特別捜査官ミュラーは、捜査中明らかになったマナフォートの資金洗浄の情報をニューヨークの検察官に提供した。少なくとも3人のロビー活動家はウクライナ関連の外国人代理人として適切に登録しなかった為、彼らは調査の対象になった。アレックス.ファン.デル.ズワンはリック.ゲイツとの接触について、捜査官に嘘をついていたことを謝罪した。ゲイツは捜査官らに協力している。

コロンビア特別区の米国弁護士による調査(1件)

マリア.ブティナと全米ライフル協会(NRA)との関連性:ロシアのスパイであり「銃愛に熱狂的」なマリア.ブティナ は先週有罪を認め捜査官との「広範な協力」に同意した。過去より多くの選挙資金をトランプ.キャンペーンに提供したNRAはロシアからお金を受けた可能性があると見られているが、NRAが捜査の対象になっているかどうか不明である。

バージニア東部地区米国司法長官の調査(2件)

エレナ.アレクシーヴェナ.クシャイノワに対する調査:インターネット調査機関の主任会計士であるクシャイノワは今年秋にバージニア北部の検察官および司法機関によって、個別に告訴された。クシャイノワは今年の中間選挙の干渉の努力も含めて2016年のキャンペーンを超えた活動で起訴された。

トルコ政府の影響:トランプ政権の最初の安全保障顧問マイケル.フリンはロシア調査以外の2件の調査に貢献した。これら二つのうち、ひとつはバージニア州北部の大陪審がトルコ政府による違法な影響に焦点を当てたものである。17日のニューヨーク.タイムスによると、マイケル .フリンの元ビジネス関係者2人が先週告訴された。両氏はトルコの 2016年秘密のロビー活動でレジェップ.タイイップ.エルドアン大統領のライバルを追放するよう米国にプレッシャーをかけていた。ロビー活動の規則に違反する陰謀による連邦捜査の一部として、フリン2人の元同僚はバージニア州アレクサンドリアで逮捕され起訴された。一人はFBIに虚偽の陳述をした罪も問われている。フリンの協力は新たな不法行為の捜査を拡大したが、オバマ前大統領はフリンが危険な人物であるため、雇用してはならないとトランプ就任後に警告していた。移行時期に司法長官代理を務めた、サリー.エイツも議会公聴会でマイケル.フリンの行動は法的問題があると語っていた。フリンはキャンペーン中クリントンに対して「彼女を投獄しろ」との合唱を促進したが、18日に判定が予定されていたワシントンの裁判所の前で「彼を投獄しろ」とのサインを掲げた幾人かの抗議者が注目された。18日夜、ワシントン連邦裁判所のエメット.サリバン判事は、特別捜査官に多大な協力をしたフリンの刑期をゼロにするよう勧められていたことが報告された。サリバン判事はFBIに嘘をつくことは「深刻な犯罪である」とし、国土安全保障顧問として大統領に奉仕しながら未登録で外国政府のエージェントであったことは売国行為であり「反逆のレベルです。私はこの犯罪に対する嫌悪と軽蔑の感情を隠すことはありません」と憤りを表明した。しかし、刑期については定めないと述べ、フリンの判決を2019年まで延期し、パスポートを諦めること、及び50マイル(80km)以上の旅行禁止を命じた。

ニューヨーク市、ニューヨーク州およびその他の州司法長官による調査(3件)

税金関連の捜査:ドナルド.トランプは「税制謀略」で4億ドル以上の恩恵を受けていることをニューヨーク.タイムスの調査が明らかにした。ニューヨーク州の税務局も同様にトランプの税金納付に関する調査をしていた。裁判所への提出書類は調査の説明をしていないが、長年のトランプの弁護士であったマイケル.コーエンは、ニューヨークの司法長官事務所からの捜査官らに会ったことを自ら裁判所に報告した。トランプは監査の対象になっていると虚偽を語り続け、納税申告書を開示しなかった為、彼の税制面は必然的に調査の対象になった。

トランプ財団の調査:ニューヨーク司法長官は今夏、選挙財政法の「徹底的な違反、自己対処、大統領選挙での違法な調整」に関して、トランプ財団を告訴した。先月、その訴訟は進行すると判定した。同州の次期司法長官はトランプのビジネス界において、さらに幅広い質問を行うと約束した。

利益相反の憲法反違12月3日、連邦地方裁判所は、メリーランド州およびワシントンDCの司法長官らにトランプ組織およびトランプ.ホテルの財務記録を調査することを許可した為、彼らは召喚状を送った。これらの調査は外国からの支払い、選挙後数ヶ月間でサウジアラビア政府はトランプ.ホテルで500以上の部屋の支払いをしたことなどが含まれている。憲法のエモユゥメンツス条項違反の調査は、外国政府がトランプ組織にどのように資金を供給しているかについて「膨大な量の情報を公開する」可能性があると予測されている。

トランプ大統領および彼の関係者や家族に対する17の捜査は現行中であるが、現在まで未公開の幾つかの捜査が行われている。それらは、告訴され、有罪を認めた多数の協力者が捜査官らに語る内容および提出書類から新たな犯罪が浮かび上がることで、召喚につながっているためである。18日、控訴裁判所は特別顧問ロバート.ミュラーが静かに進めていた外国の企業にたいする大陪審からの召喚を認可した。この企業名は非公開になっている。告訴され有罪を認めた人々は全てトランプに何らかの関連性があり、これらの捜査は前代未聞のグローバル且つ複雑で途方もない規模に拡大した。今後、短期間ですべての結論は出ない可能性がある。 (完)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。