アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Abe Shinzo on Jan. 22, 2019
By   Time Magazine

1月22日からスイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムの2日目、高齢化社会の日本経済を前向きに捉えた安倍晋三首相は、女性労働力の重要性、国際貿易に対する信頼性、気候変動への積極的な取り組みについて力強く語った。安倍氏は中国との貿易戦争、孤立主義によりパリ協定から離脱し、女性を重視しないと見られている米国大統領との違いを対照的に表明した。安倍氏はトランプの名前を出すことなく、米国大統領の政策が世界に有害であることを示唆し、彼自身の進歩的政策との違いを表現した。幾つかの西洋諸国のリーダーに加えて、米国大統領ドナルド.トランプは、政府閉鎖のため参加していない。トランプ大統領の政策を対照的に比較したことを暗示した安倍首相演説の3つの観点からの要点は何か?

トランプは22日から開催されているスイスのダボスでの世界経済フォーラムの参加をキャンセルした。米国政府の閉鎖が33日目を迎え、労働者は議事堂の建物内で抗議するなどの緊張が見られる状況であることも一因である。フランスおよびイギリスも自国で緊迫した事態があるため訪問を中止した。安倍首相は毎年恒例のイベントに出席する7人のリーダーのうち、今回参加した3人中の1人である。安倍氏は急速に高齢化する日本は5年前「絶望の壁」があると見られていたと述べ、多くの外国人労働者を許可するため国は変化したが、希望は成長にとって最も重要な要素であると語った。また、高齢化は「希望主導型」の経済として成長する可能性があると述べ「私たちはギャップを広げているのではなく、狭めています」と語った。

加えて、女性の労働力の重要性を強調した。日本での女性の労働力を増加させるための国の推進力である「ウィメンズミクス」は米国を上回り、参加率を過去最高の67%にまで上げ、労働力の女性数を200万人増加させたと述べ、女性参加の新しい政策は前向きな経済的成果をもたらしていると語った。米国は女性の労働力で約10%ポイント日本に遅れを取っている。セントルイスにある連邦準備制度の政府報告によると、2018年12月の時点で57.3%である。

安倍氏は、代表団に「日本は自由で開かれ、規則に基づいた国際秩序を維持し強化することを決意している」と語った。また代表団全員に「国際貿易のシステムに対する信頼を再構築するよう呼びかけます。 それは、知的財産権を保護する上で、また電子商取引や政府調達のような分野においても公正、透明性、および効率的なシステムであるべきです」と述べた。また、米国の中国に対する貿易戦争は世界に危機感を与えていると指摘した。安倍氏は「世界経済は徐々にそして適度に改善しています。 間違いなくこれが起こっていると思います。しかし、世界中にリスクがあります。米中貿易摩擦はそのようなリスクの1つであり、日本は伝統的に、対日貿易制限措置は無益であると言っています」と語った。また、安倍氏は知的財産権を保護する取引システムの重要性を強調し、世界貿易機構(WTO)を変更する必要があると述べた。それは中国が貿易規則に違反し、西洋の企業から知的財産を盗んでいると主張しているトランプの発言に言及している。安倍氏はフォーラムの責任者との質疑応答の短いセッションで「主要な変更が行われており、WTOは遅れています。ペースに追いついていません。私たちはWTOをより信頼できる存在にする必要があります。私たちはそれを改革する必要があります」と語った。

また、気候変動についても非常に進歩的で積極的なスピーチを披露し、2017年にパリ協定から離脱したトランプ大統領との対照性を強調し「私の政府は、天然ガスより安くするため、2050年までに水素の製造コストを少なくとも90%削減することを目指している」と述べた。世界はこの頃までには二酸化炭素の排出量をゼロにしなくてはならないと示唆した。また、 G20加盟国から科学技術最先端の専門家を日本に招待し、革新を加速するとの希望を表明した。彼の政権が昨年12月、気候財務開示のタスク.フォース(TCFD)に関する指導書を出版したことを嬉しく思う」と語った。更に、以前コストが懸念されていた「緑の大地と青い海にお金を使うことは現在、成長の原動力となっていると言わなければならない。脱炭酸と利益創出は同時に起こり得る。私は今年大阪で強調するので、私たちの政策立案者はそれを実現する責任を負わなくてはならない」と述べた。安倍氏は気候変動に関するスピーチの最後に、太平洋の小さな海の海底には有毒なPCB汚染物質が非常に高密度に含まれ、それは「マイクロ.プラスチックが原因だと言う人もいる」と語り、手遅れになる前に世界が取り組む問題であることを示唆した。

今年最初の世界のステージで、恐らく最も主役の役目を果たした指導者は日本の安倍首相かもしれない。オバマ政権下で先導されたTPPは現在米国抜きで成功していることを示唆した自由貿易と世界の共通の問題である気候変動の課題において、力強い前向きなスピーチでグローバリゼーションを支持する立場を明白にし、ナショナリズムをアピールする米国大統領との対照性を強調した。安倍氏はスピーチの中で、トランプ大統領の名前を口にすることはなかったが、 彼の孤立主義およびアメリカ第一主義とは完全に異なる対照的な政策と世界観をアピールした。明らかに米国指導者に対する不満を賢く表現したことを示唆した印象的な演説であった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。