アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Russian HackersBy   The Daily Beast

ロシアとトランプ.キャンペーンとの共謀を捜査している特別捜査官ロバート.ミュラーのチームは、これまで合計34人を告訴した。その中には ドナルド.トランプを勝利させる為、民主党の電子メールをハッキングした13人のロシア人、およびソーシャル.メディアを通して虚偽のニュースを流布したトロールと呼ばれるロシアのリサーチ会社および他2社に対する昨年2月の告訴が含まれている。最近ロシア人は、ロシア捜査を弱体化するため、ミュラーのデーターベースから証拠を盗んだとツイートした。しかし、FBI当局は連邦捜査が被害を受けた証拠はないと述べている。これらのロシア人に対する起訴状況は、引き続き米国の安全保障が脅威に晒されていることを示唆した。

30日のロイターによると、ミュラー.チームに告訴され、起訴状に挙げられたロシアの三社はソーシャル.メディアで「トロール」と呼ばれるインターネット調査機関(IRA)、資金援助を行ったConcord Management and Consulting LLC、およびConcord Cateringである。ミュラーの事務所は、自称ロシアのハッカー達が2016年の米国選挙に干渉するため、ロシアのプロパガンダ.キャンペーンに資金を提供した企業に対する捜査を妨害する試みで、証拠を盗んだと報告した。検察官らはワシントンの裁判所に提起した書類で、昨年10月22日匿名のツイーター.アカウントである@ HackingRedstoneは幾つかの判例の証拠をハックしたと自慢した。同裁判所の文書は、ハッカーらが「我々はロシアのトロール判例からの情報でロシアのサーバーをハッキングした為、特別顧問ミュラーの証拠データーベースにアクセスできた」と主張した。ロシアのハッカーらが、オンラインに投稿した情報は「明らかに、米国の政治システムに干渉したロシアに対する進行中の調査の信用性を損ねる為であり、情報漏洩キャンペーンの一部として改竄および流布した」と検察官は裁判記録に記載した。また同日、あるジャーナリストは米国に拠点のあるコンコード法律事務所リード.スミスLLP から証拠を受け取ったロシアの法律事務所をハッキングしたと主張した個人からツイーター.メッセージを受理した事をミュラーの事務所に報告した。FBIは米国のサーバーが侵害されたという証拠は発見されておらず、資料の公開に使用されたアカウントのIPアドレスはロシアで作成されたと述べた。これらの脅威的な虚偽行為は、米国の安全保障を弱体化する為、引き続きロシアが米国の選挙に干渉することを示唆した。

コロンビア特別区連邦地方裁判所への30日の提訴は、検察側とコンコードの米国弁護士との間で、ミュラーが保持している機密性の高い証拠をコンコードのロシア企業役員を代表するロシア弁護チームがどのように共有するかどうか、新たな紛争に発展している。ロシア企業の役員の一人はロシアのプーチン大統領の同僚であり、ロシアでは「プーチンの料理人」として知られている実業家エフゲニー.プリゴジンである。起訴において、検察官らはロシア人被告らが偽造IDを利用しアメリカ人を装って、オンラインに分裂的なメッセージを送信し、情報収集および組織的な集会を結集するため米国を訪問したと述べた。プリゴジンはミュラーに告訴された13人の一人である。米国とロシア間には引き渡し条約がないため、特別捜査官ミュラーのチームは、証拠の情報が米国内で検討されていない場合、米国の諜報機関の情報源および方法が危険に晒される可能性を恐れ、裁判官に対し、コンコルドがロシア人にその資料を電子的に配布することを禁止するよう求めた。

裁判にはディスカバリー.プロセスがある。ご承知のとおり、それは告訴された個人またはグループが告訴した側に対して、その犯罪の証拠を求める通常のプロセスに言及する。告訴した側は(原告)その証拠の全てを告訴された側(被告)に提供する必要はない。例えば、ミュラーが告訴したロシア人に対する証拠がA, B, C, D, E, F, Gの合計7つあり、最後の3つのE,F,Gは、特に機密情報である場合、直接彼らに提供する必要はない。告訴された3社の関係者は裁判所に出廷していないため、ミュラーの捜査官らは、この機密部分の証拠を彼らに提供していない。これらの機密情報的な証拠はロシア人らが裁判所に出廷した時に提供される。米国とロシア間には引き渡し条約がないため、ロシア人は米国での裁判所出頭を拒否することが可能である。しかし、ミュラーは大陪審に全ての証拠を提供することが可能であるため、全ての証拠がロシア人らの犯罪を十分立証している場合、その犯罪の証拠は十分あると判断した大陪審はこれらのロシア人らを起訴する事が可能である。

米国の安全保障は敵対国によって、特に政治的側面から弱体化されており、政権の情報関係者は29日上院情報委員会で証言を行った。米国はさらに攻撃の対象になっているにも関わらず、特異性のロシア親密派のトランプ大統領は、6人の情報関係者の証言を否定した。上院議会少数派リーダーのチャック.シューマーは、米国情報局ディレクターのダン.コーツに手紙を送り、大統領を教育するよう要請したと報告された。上院議会複数の共和党議員は安全保障の概念がないトランプに対する懸念を表明した。ジョン.スーンは、大統領は特に専門家やプロの人々が対処する重要な安全保障の問題に関して、ツイートを止めることを好みますと述べた。上院情報委員会の共和党議長であるリチャード.バーは「私は諜報機関を最大に信頼しています」と述べ、上院共和党議員らは米国情報社会の報告を尊重することをトランプに示した。31日トランプは再度、大規模なキャラバンが米国に押し寄せている為、壁のみが唯一の国境安全であると主張した。トランプは、再度壁建設のため連邦緊急事態宣言を考慮していると述べたことが30日に報告された。また、31日大統領執務室に集まった記者団に、2月15日までの予算交渉で、壁資金が含まれていない法案は読むことはないと語り、議会は壁資金を提供しないとの懸念を表明した。一方、米国情報社会の公聴会後、上院議会は初めて、シリアからの軍隊撤退、ロシア企業に対する制裁を解除する動きを含むトランプの独断的で危険な政策に対抗するための動きを開始し始めた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。