アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for pictures of trump and kim jong un2018年6月 By   CNBC 

トランプ大統領と北朝鮮の指導者キム.ジョンウンの2回目の首脳会談はベトナムのハノイで27日及び28日に行われる。今回のメリットは、1950 年から1953年まで続いた朝鮮戦争で、米国と北朝鮮が敵対した戦争に終止符を打つ機会になると予測されていることである。昨年の最初の会談後にジョンウンに対する親愛を表明したトランプは、今回非核化を強く押さない予定であると公表したが、米国国務省が昨年北朝鮮に接近した動機はその非核化が主要である。しかし、米国と北朝鮮の両リーダーが目指している非核化にはそれぞれ顕著な違いある為、交渉を避ける限り、両首脳会談の進歩は望めないというのが現状である。驚くことに、25日ロシアはトランプ政権がロシアにこの首脳会談についてアドバイスを求めたと公表した。

25日のABCニュースによると、韓国のムン.ジェイン大統領のスポークスマンであるキム.ウイキョムは、どのような形式で朝鮮戦争の終結宣言が行われるのかとの質問に「正確にはわからないが、米国と北朝鮮との間で終戦宣言が行われる可能性は十分にあると考えている」と語った。ムン大統領は「トランプ大統領は、過去の失敗を繰り返さないため、北朝鮮の核問題解決のために大胆な決意と新たな外交戦略を掲げ、個人的に北朝鮮への外交を先導しています。それは世界の歴史の別の素晴らしい偉業として確実に記録されるでしょう」と語った。しかし、トランプは日曜日、ハノイでの会談では、北朝鮮が核実験をしている限り、非核化を押すことを急ぐ必要はないと示唆した。トランプ大統領は「私たちは目に見えるものだと思うが、今後2、3日のうちに益々目にするようになるでしょう」と語った。また、トランプとキムは「非常に良い関係を築いている」と強調し、「私は誰にも急がせたくありません。私はただテスト(核実験)を望んでいないだけです。テストがない限り、私たちは幸せです」と語った。

また、トランプ政権はキムとの首脳会談において、ロシアにアドバイスを求めたと同国が公表した。25日のAPによると、ロシア外相のセルゲイ.ラブロフは、トランプ大統領とジョンウンとの首脳会談の前に、北朝鮮対応に関して米国はモスクワのアドバイスを求めたと述べた。今週ベトナムを訪問するラブロフは、同日ロシアの報道機関が伝えたコメントで、ロシアは「米国が軍縮取引を成功させるため平壌に安全保障を提供すべきであると信じている」と述べた。また、ラブロフは「米国は、私たちの助言、これに対する私たちの見解、またはそのシナリオについても尋ねている」と公表した。トランプが直接ロシアとコンタクトを取ったのかどうか明確ではないが、トランプ政権はロシアに助言を求めることが可能な状況、またはキムと「非常に良い関係」であると主張しているトランプ大統領は、首脳会談での対応について、具体的な行動計画がないことを示唆した。

非核化の交渉は急ぐ必要はないと言っているトランプであるが、両国の非核化の概念については以前、漠然と述べたが、もっと明白に整理してみたい。まず、トランプ大統領と国務長官マイク.ポンペオが強調している非核化とは ① 北朝鮮は全ての核問題に関する調査および核実験を停止し、② 北朝鮮は全ての核兵器を廃棄することである。③ 大陸間弾道ミサイル(ICBM)および中距離弾道ミサイル( MIBM)の実験を停止する。そのような行動の代償として、④ 米国は北朝鮮が韓国を攻撃することを防ぐため、北朝鮮を攻撃しないことを保証し、⑤ 北朝鮮が全ての核実験と核兵器の製造を完全に停止し、全て既存の核兵器を廃棄した場合に制裁を解除することである。しかし、北朝鮮の指導者ジョンウンの非核化の構想は ① 米国は全ての核兵器を韓国および日本から除去し、② これらの国に対して、米国の核兵器の傘を除去し、③ 米国、韓国、日本は北朝鮮を攻撃しない事を保証し、④ 米国および国連が課している北朝鮮に対する制裁を全て解除することである。

つまり、双方の非核化の目標はいずれも、自己防衛および自己主張的な内容が目立っており、ほとんど共通点に欠けている。両国の首脳会談では、これらの違いを明確にし、妥協点を見出し、それらを話し会いで煮詰めていかない限り、平和的な結論に達することは非常に困難であるというのが現状である。トランプ大統領は、既に非核化の交渉を急ぐ必要はないと公的に語っている為、その言動に彼の実力の一端が覗かれる。そのような弱腰では、首脳会談を行うその意義を国民に伝えることはできないのではないだろうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。