アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump in the office in 20172017年4月 By   Center for American Progress 

クイニピアックが5日に公表した世論調査は、米国民はトランプ大統領より、2月27日に下院監視委員会で証言したトランプの元弁護士マイケル.コーエンをもっと信じている状況を浮き彫りにした。 6日、ニューヨーク.タイムスは、トランプが大統領執務室で大統領としての仕事をする傍らで、選挙資金法違反の支払いをするため11回の小切手を切ったことを報告し、幾つかの小切手を出版した。偶然にもタイムスの報告は、ある意味でこの世論調査と関連性がある。

クイニピアックの世論調査によると、米国民の64%はトランプが就任前に犯罪を犯していると信じており、犯罪を犯したと思っていない24%を圧倒的に超過した。また、トランプよりコーエンを信じていると答えた率は50%、信じていない率の35%を大きく超過した。しかし、コーエンが真実を語っていると感じた有権者は44%で、36%は彼が真実を語っていないと答えた。有権者の41%は下院監視員会の前でコーエンの証言に民主党の対処方を認め、36%は認めていない。51%の有権者はコーエンの証言に対して、共和党の対処方を認めないと述べ、わずか25%のみが認めると答えた。

一方、トランプが就任後に犯罪を犯したと信じている国民は45%であり、信じていない率は43%である。大統領候補者が否定的な話を隠すため、お金を支払うことは非倫理的で犯罪であると信じている回答者は40%、非倫理的であるが、犯罪ではないと信じている率は21%、非倫理的ではないと答えた人は20%である。トランプが非倫理的および不法の行動を取っているとのコーエンの主張について、議会はもっと調査するべきであると答えた率は58%、そう思わない率は35%である。議会はトランプに対して「弾劾のプロセスを始めるべきではない」と答えた率は59%、「弾劾するべきである」と答えた率は35%である。

また、65%の有権者は「トランプが正直ではない」と答え、「正直である」と答えた率はその半分以下の30%である。また、彼に「リーダシップのスキル」があるかどうかの質問については「ある」と答えた率は39%、「ない」と答えた率は58%である。トランプは「平均的米国人のことを気にかけている」かどうかの質問については、「気にかけている」と答えた率は39%、「気にしていない」と感じる人は58%である。また、トランプは「子供達の良い手本になる」かという質問については、わずか22%が「イエス」と答え、71%は「ノー」と答えた。しかし、経済については、彼の対処を肯定的に認めた率は49%、認めていない率は45%である。 トランプの移民問題に関する対処については40%が肯定的であり、58%は否定的である。

加えて、外交政策についての対処で、有権者の38%は肯定的な意見を持ち、56%は否定的であった。北朝鮮に対するトランプの対処を支持する率は44%で、45%は認めないと答えた。北朝鮮のリーダーであるキム.ジョンウンと「密接な関係を築く努力をするトランプの決定は良い考えである」と述べた有権者は54%で、そう思わない有権者の34%を遥かに上回った。しかし、有権者の52%は「トランプに確信がない」と答え、「確信がある」と答えた率は42%である。総体的に、大統領としてのトランプの仕事ぶりを認める率は38%で、認めない率は55%である。就任後に犯罪を犯したと信じている国民は驚くことにわずか45%であるが、ニューヨーク.タイムス(NYT)は6日、ホワイトハスに在職しながら、選挙財政法に違反する支払いのため、複数の小切手を切ったと報告した。NYTは、トランプ氏の元弁護士であるマイケル.コーエンがトランプに代わって、成人映画の女優ストーミー.ダニエルに支払った口止め料を、毎月の法的サービス代金に見せるため、就任後に分割で支払われた11枚 の小切手うち、先日出版した2枚を含めて、同日新たな6枚を追加し、合計8枚を出版した。コーエンは、先月27日の下院監視委員会の公聴会で「米国の現職大統領がホワイトハウス内から違法の隠蔽のために資金を提供したというセンセーショナルな告発」をした。コーエンは、連邦検察官が選挙資金法に違反したと述べた。彼はその支払いの小切手の一部または全体を議会に提供した。トランプが大統領職にありながら、選挙に影響を与えることを防ぐため、秘密の支払いをしていたことを示す「証拠である」とNYTは指摘している。

年月日 支払い金額 署名者
2017/2/14 $ 70.000 アレン.ヴァイスベルク
2017/3/17 $ 35,000 アレン.ヴァイスベルク
2017/5/23 $ 35,000 トランプ大統領
2017/8/1 $ 35,000 トランプ大統領
2017/9/12 $ 35,000 トランプ大統領
2017/10/18 $ 35,000 トランプ大統領
2017/11/21 $ 35,000 トランプ大統領
2017/12/5 $ 35,000 トランプ大統領

違法の小切手を切った同じ日に、ある時には上院共和党を招待し、別の日には減税について論議し、外国のリーダーを招待し、海外に旅行し、FBIディレクター(ジェイムス.コミ)にロシア調査を停止するよう圧力をかけていた。コーエン宛の小切手は、トランプの就任1年目となる2017年中、ほぼ毎月送られていた。合計11枚のうち、一回は二ヶ月分のように見える金額の70,000ドルが支払われている。5日、64%の国民はトランプが就任前に犯罪を犯したと信じているものの、就任後に犯罪を犯したと信じる国民は45%で、信じない率43%と大差がないことを示唆した。この世論調査後、NYTはトランプが大統領職と並行して、不法な支払いをした証拠を提起した。新たに追加した6枚の小切手は、NYTに提供されたものであると述べているが、誰が提供したのか明記していない。NYTによると、連邦検察官の情報ではトランプまたは彼の信託がコーエンに42万ドルを支払った。そのうち、13万ドルは2016年の選挙直前に本名ステファニー.クリフォード(ストーミー)に支払われた為、彼女は沈黙を続けた。さらに50,000ドルは、選挙でトランプのビジネスマンとしての評判を高めるため、コーエンがオンライン世論調査の操作に支払われたものである。その42万ドルの内訳は、彼への払い戻しが所得として処理されていたため、オリジナルのお金にコーエンが支払う税金を相殺する為、別の180,000ドルと 60,000ドルの「ボーナス」が追加されたものである。

NYTによると、トランプは2018年4月、大統領専用機内で記者団にクリフォードに対する支払いについては知らないと言った。しかし、その1ヵ月後、トランプの個人弁護士であるルディ.ジュリアニは、そのお金が選挙資金法違反であるかもしれないという提案に反論することを望み、大統領は実際にコーエンに払い戻したとフォックス.ニュースとタイムスに語った。この世論調査は、米国民の過半数はトランプを擁護するため、虚偽の証言を行い、トランプのために多数の犯罪で有罪判決を受けたコーエンを現職の大統領よりもっと信じているという驚きの米国民の反応を示唆した。過半数の米国民は、トランプが少なくとも就任前に何らかの犯罪を犯していると信じている。それにも関わらず、大半の米国民は弾劾を望んでいない。その主な理由は、トランプに対する調査結果が判明していない為である。米国司法省は、現職の大統領を起訴しない方針を明白にしているため、議会が弾劾しないばあい、トランプが再選に挑戦する動機は非常に高くなることを意味する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。