アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of Boeing 737 MAX 8サウスウェスト航空 ボーイング,737 Max 8:  By  Airlines Inform

10日に報告されたエチオピア.エアーラインの飛行機事故で判明している事実は驚異的である。墜落した飛行機はボーイング737 MAX 8であるが、この同じ機種は過去にも墜落があったことで注目されている。その為、一部の航空会社は、この機種の飛行を一時的に中止した。その点で、国際社会の対応は驚異的に異なるが、中国が最も慎重であることを示唆している。

エチオピアでの飛行機事故で157人全員が死亡した。エチオピア航空302便、機種737 MAX 8は日曜日の10日にケニアのナイロビに向けてアディス.アベバから離陸した数分後に農地に急落したと言われている。犠牲者は米国を含めて30カ国以上からの市民であり、21カ国は国連加盟国である。エチオピアでの飛行機事故が報告された直後、737 MAX 8機種の飛行は中国、インドネシア、南アフリカを含めて幾つかの国で中止された。

ボーイング737機種は、半世紀、最も需要が高く売れていると言われている。しかし、同機種の飛行機は最近189人が死亡する事故があったばかりである。従って、この機種は安全性に何らかの問題があるのではないとの懸念があるようだ。2018年10月29日、インドネシア航空会社ライオン.エアー.フライト610便、ボーイング737 MAX 8は、ジャカルタのスカルノ.ハッタ国際空港から離陸した12分後にジャワ海に衝突し、189人の乗客と乗組員全員が死亡した。同機種は今回で二回目の壊滅的な墜落事故を起こしている。原因が明白に判明するまで延期した複数の国を除き、驚くことに、西洋のほとんどの先進国は飛行を中止していないばかりか、この機種に対する確信さえ表明している。

11 日の ワシントン.ポストによると、月曜日「米国当局者は、彼らが飛行機のモデルに引き続き自信を持っている」との合図を送った。米国と欧州の規制当局は、737 MAX 8の機種は最近半年以内に2回も墜落事故を起こし、いずれも全員が死亡しているにも関わらず、この機会に「即座の行動を取らなかった」と述べている。欧州委員会の広報官エンリコ.ブリヴィオは、「欧州航空安全局はリスクを評価し、さらに行動が必要であるかどうかについては、入手した情報に基づいて決定する」と述べた。米国運輸省長官のイーレン.チャオは月曜日の午後、連邦航空局(FAA)は公式に「ボーイング737 Maxの作動のために国際社会に継続的な航空価値の通知を発行する」と述べた。彼女は「FAAが継続的に米国商業飛行機の安全性を評価し監督します。安全性に影響を与える問題を特定した場合、同省は直ちに適切な行動を取るでしょう」と公表した。

モロッコとモンゴルの各国当局はボーイング737 Max 8の飛行を中断した。モロッコの国際空港Royal Air Marocは二つの航空会社が運行しており、他2社はボーイング737 Maxを注文中である。モンゴルは1機が運航していると伝えられた。米国では、サウスウェスト航空とアメリカン航空がボーイング飛行機と乗組員に信頼を表明した。サウスウェストは、声明の中で「当社のボーイング737 Max 8型機は本日予定通りに稼働しており、今後も運用する予定です」と発表した。アメリカン航空は「航空機と私たちの乗組員を完全に信頼している」と述べた。一方、航空当局が非常に断定的な姿勢を示している国もある。ベトナムの民間航空当局は、調査と改善措置の結果が出るまで、国内でのボーイング737 Maxの使用を許可しないと決定した。 ベトナムは現在、ボーイング737 Maxを所有していないが、予算航空会社のVietJet Airは、トランプ大統領がハノイでベトナムの指導者たちと会った同時期にMax 8型の20機を含めて、ボーイング737 Maxを100機注文したという。

ニューヨーク.タイムスによると、インドネシアと中国は全ての同機種の稼働を停止した。中国はアジア諸国の中で 飛行機をもっとも多く稼働している国であるが、当局の命令に従い、全ての同機種の飛行機の運行を保留した為、数百の飛行便に影響を及ぼした。11日、インドネシア運輸省は、インドネシアの航空会社が運営する全てのボーイング737 Max 8飛行機の一時的飛行停止を呼びかけた。 以下チャートは737 Max 8を多く所有している世界的な航空会社の順位で、現在の対応を示している。

順位 航空会社名 現在の対応 所有数
1 サウスウェスト航空 使用中 34
2

 

エアー.カナダ 使用中 24
アメリカン航空 使用中 24
3 チャイナ.サザン航空 停止中 22
4 ノルウェー航空 使用中 18
5

 

エアー.チャイナ 停止中 15
TUIフライ 使用中 15
6

 

スパイスジェット 使用中 13
ウェストジェット 使用中 13
7

 

海南航空アース 停止中 11
上海航空アース 停止中 11
フライドバイ 使用中 11
トルコ航空 使用中 11
8 厦門航空 停止中 10
ライオン.エアー 停止中 10
9 ジェット.エアウェイズ航空 不明 9
10

 

スマートウィングス航空 使用中 7
山東航空 停止中 7
GOL航空 使用中 7

11日には、コックピットのボイス.レコーダーとデジタル.フライト.データが含まれるブラック.ボックスが発見された為、詳細な原因が判明すると予測されている。過去に大惨事が起きているため、慎重な対応をしている航空会社はアジアが目立ち、中国が最も積極的に対応している。一方、米国を含む先進国では、ボーイング737 Max 8型機にさほど警戒していないことを示唆している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。