アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for IMAGES OF z generationBY   CMO.com

専門家の研究によると、1990年代半ばから2000年代半ばに生まれたZ世代と呼ばれている米国の青年はうつ病または精神的な病に苦しんでいる率が増加した。また、別の調査は、現在の10代が彼らの生きる地域社会で多様なプレッシャーに直面している現状を教えている。

3月14日に公表されたAmerican Psychological Association研究によると、多大なうつ病の症状を報告する青年の割合は、12歳から17歳までの若者の間で2005年から2017年の期間に8.7%から13.2%(52%)に増加した。18歳から25歳の若い成人では2009年から2017年に8.1%から13.2%(63%)増加した。深刻な心理的苦痛により、その当時の先月に自殺を考慮し、又は計画し、又は自殺を企て、あるいは実際に自殺した主なうつ病は12歳から17歳より、18歳から25歳までの世代でもっと高いことを示唆している。この調査は約612,000人の青年と成人のデーターを利用したものであるが、26歳以上の成人では同様の増加は見られなかった。

2000年代半ばと比較し、2010年代後半で、米国の青年は深刻な心理的苦痛、多大なうつ病、自殺を考えることまで経験し、自殺未遂を試み、実際に自分の命を奪うほど深刻であることを示唆した。10代の自殺は、精神健康の側面で引き続き米国に問題があることを示唆している。今年2月20日に公表されたピュー.リサーチ.センターの調査によると、米国の13から17歳の10人中4人以上は、彼らが住んでいる地域で彼らの年齢に影響を与える主要な問題に直面している。10代は成人以上に、彼らの問題でプレッシャーが大きな要因になっており、彼らは学校で良い成績を得ることをプレッシャーのトップに挙げている。また、約5人に1人は、いずれも課外活動とスポーツ(それぞれ21%)の関与に圧力を感じているのに対し、10人に3人は外見の良さ(29%)と社会的に適合(28%)しているかどうかにプレッシャーを感じている。

10代の若者が同僚間で見る問題のトップは不安障害とうつ鬱(70%)、次にいじめ(55%)、薬物中毒(51%)、飲酒(45%)、貧困(40%)、10代の妊娠(34%)、ギャング(33%)である。また、この調査は13歳から17歳までの若者のうち3人に1人が圧倒的なストレス、悲しみ、またはうつ状態の不安障害を抱えていることを示唆している。両親との接触については、毎日又はほぼ毎日抱擁を受けていると答えた率は59%であるが、アドバイスや宿題などの援助を両親から受けていると答えた10代はわずか31%である。特に、両親と議論を始める子供はわずか19%で非常に少ない。

精神的障害を抱える10代の子供を持つ両親の態度や関与度によっても多大な差がある。ピューによると、両親が毎日又はほぼ毎日宿題や学校のプロジェクトで彼らを助けると言った10代の若者の割合は20年前に比較するとかなり低い。1996年に実施された公開議題調査では、当時、10代の約半数(48%)が両親の学業への関与を毎日又はほぼ毎日報告していた。彼らは自分自身が抱える問題で彼らの気持ちを率直に両親と対話し、論議することで、両親との触れ合いを通して、彼らの心に響くアドバイスを得る子供たちは現在減少している現実を示唆した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。