アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for images of Trump and RussiaBy   Washington Examiner

特別捜査官ロバート.ミュラーの調査結果を要約した司法省長官ウィリアム.バァーの24日の報告直後に行われた複数の世論調査は、司法省の報告にある意味で懐疑的であることを示唆した。米国人の過半数は、ロシアがトランプ大統領に有害な情報を握っていると信じている事実を再確認した。 また、別の機関の世論調査は、現在もほぼ過半数の米国人がトランプはロシアと共謀したと信じており、司法省長官の手紙は、大統領に関する世論に多大な影響を及ぼしていないことを示唆した。しかし、第3機関の調査で、トランプに対する弾劾を支持する率は前回に比較して逆転した。

26日夕方公表されたPOLITICO/Morning Consult世論調査によると、大統領としてのトランプの仕事を認める率は、まだ歴史的に低い42%であり、認めない率は55%である。ミュラーはトランプが司法妨害を犯したかどうかについては、結論を下していない事実があるにも関わらず、47%の回答者はトランプが「彼のキャンペーンとロシアと調整があったかどうかの調査を阻止又は妨害しようとした」と考えている。これは2月調査時の44%から増加した。そのように考えていない回答者は39%であり、14%はトランプの妨害については意見がないと答えた。また、52%の回答者は、ロシアがトランプに関する有害な情報を保持している可能性が高いと依然として考えており、司法省の報告前の調査(51%)より1%増加した。昨年7月16日にヘルシンキで開催された米ソ首脳会談後の世論調査結果とほとんど変化がないことを示唆した。また、82%の有権者はミュラーの報告は一般公開されるべきであると述べている。ミュラー捜査終結後の世論はミュラーの報告に関する質問に答えた後に、大統領を「より好ましく思っている」と答えた回答者は39%であり、43%は「好ましく思わない」と答えた。

同日に公表されたロイター/イプソスの世論調査は、特にロシアとの共謀と司法妨害に関する質問の回答に注目した。48%の回答者は、今でも「トランプまたは彼のキャンペーンの誰かが2016年の選挙に影響を与えるためロシアと協力した」と信じているものの、先週の調査と比較して6%ポイント低下した。また、53%は「トランプが彼の政権に与えるロシアの影響についての調査を停止しようとした」と述べ、先週の調査から2%ポイント減少した。司法長官の要約に馴染みのある回答者の中で、9%のみがトランプとロシアとの関係についての考えを変えたと答え、57%は全体の報告を見たいと答えた。また、39%の回答者はトランプを「弾劾すべきである」と感じ、49%は弾劾すべきではないと感じている。同機関で今年調査したトランプの支持率は37%から43%の範囲であり、トランプに対する今回の支持率は先週に比較し、4%ポイント増加した。

司法省長官バァーの報告は、トランプに対する弾劾の機会がほとんど消えたことを示唆した。それは世論にも反映している。25日に報告されたラスムセンの世論調査では、有権者の42%は、トランプ大統領が弾劾され解任されるべきだと考えている。47%は弾劾に反対し、11%はわからないと答えた。9ヵ月連続の世論調査で、今回初めて大統領が弾劾されるべきではないと信じる人々の率が弾劾を支持する率を超過した。先月、47%の有権者はトランプが弾劾され、退任させられるべきだと考え、その考えに反対した率は39%であった。無党派の有権者は最も顕著な変化を示し、現在彼らは48%から34%の範囲で弾劾に反対している。ミュラーの報告書が発表される前は、独立派の有権者は 46%から33%の範囲で大統領に対する弾劾を好んでいた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。