アメリカの最新課題 Contemporary American Issues © 2019 Yuko’s Blog. All Rights Reserved.  

Image result for Images of federal food stamp programBy   KTVA

昨年12 月中旬にトランプ政権はフード.スタンプを制限する計画を公表した。最近、再度このプログラムを大幅に削減する計画を発表している。現在、フード.スタンプ受益の所得適格基準はどうなっているだろうか?このプログラムはトランプ政権下で廃止される可能性があるとの懸念も提起されている為、廃止された場合の影響は多大であると予測されている。

フード.スタンプは農務省(USDA)下の栄養補給プログラム(SNAP)で、数千万人の貧困家庭に最低限の栄養を補給するサービスを提供している。議会は、その農業法案を通過することで、USDAに資金を提供している。トランプ大統領は全ての受給者に対して、可能な限り労働することを条件にしている為、就労の動機を与えているものの、昨年12月に再度その必要条件を拡大した為、最終的にSNAPを排除する法案に署名する計画であると報告された。トランプ政権のUSDAは、2018年12月下旬から始まった連邦政府の一部政府閉鎖が長引く場合 、州と協力してSNAPを継続的に実施する計画であると発表した。このプログラムが廃止された場合、毎月約4,000万人に影響を及ぼす可能性がある。

12月20日のワシントン.ポストによると、トランプ大統領の計画は ⑴ 大統領の執行権力を利用してフード.スタンプを受給し続けることを希望するアメリカ人に雇用を強制することである。⑵ 3年間で3ヶ月以上フード.スタンプを受け取る場合、扶養家族のいない健康な成人のほとんどは毎週少なくとも20時間仕事をするか、職業訓練プログラムに参加する必要がある。⑶ SNAP下で、USDAの規定により、州は失業率が国内の率より少なくとも20%高い地域で、政府の必須要件を放棄することが出来る。⑷ USDAは現在、失業率が7%を超える地域のある州のみ、この要件を放棄することを提案している。⑸ USDAの最新の統計では、2016年に子供がいない健常者又は病気を患っている約280万人が働いていなかった。⑹ 約755,000人が労働の要件を放棄する権利を失う可能性のある地域に住んでいる。USDAの長官ソニー.パーデューは記者会見で「これはほとんどのアメリカ人にとっては受け入れ難く、特に雇用機会が現在のように豊富」な時に、プログラムの真の概念や印象を与えていないとして、10年間で150億ドルも納税者のお金を貯蓄できると述べた。彼は「これは我々の人口のかなりの部分に仕事の尊厳を回復する」と述べ、SNAPの削減が大幅に納税者の負担を減少することを示唆した。

予算と政策の優先センター(CBPP)の今年1月10日の報告によると、どのような理由があったとしても、農務省下で実施されているSNAPを廃止した場合、毎月1,900万世帯以上および3,800万人以上の個人に影響がある。SNAPは1人当たり毎月平均約125ドル、1世帯当たり約245ドルの食料援助を提供している。貧困層に重点を置いている為、現金収入または貧困ライン以下の所帯の92%に給付されており、56%は貧困ラインの半分以下の世帯(2019年に3人家族で年収が約$10,390)に提供されている。その必要性がもっとも高い家族は最大の恩恵を受けている。SNAP 受給者の約70%は子供連れの家族である。ほぼ1/3は高齢者または障害のある世帯である。また、栄養補給プログラムは、州によって名称が異なる場合があるが、個人または所帯はほぼ全ての州で直接オンライン申請が可能である。

USDAが2018年10月1日に更新したSNAPの2019年度(2018年10月1日から2019年9月まで)の連邦の貧困レベル130%による月々の所得適格基準は下記の通りである。

所帯数 48州、DC, グアム、バージン諸島 アラスカ州 ハワイ州
1 $1,316 $1,645 $1,513
2 $1,784 $2,230 $2,051
3 $2,252 $2,815 $2,590
4 $2,720 $3,400 $3,128
5 $3,188 $3,985 $3,666
6 $3,656 $4,570 $4, 205
7 $4,124 $5,155 $4,743
8 $4,592 $5,740 $5,282
各追加 +$468 +$585 +$539

トランプ政権によるフード.スタンプの削減計画は、法律を制定する議会のメンバーによって批判されている。政権はその「法律に従って、規定を書く」ことが要求されるものの、政権が法律を書き直す権利があるかどうか問われている。健康な個人は可能な限り就労し、福祉に頼らない生活を営むことを可能にすることが理想的であるが、様々な理由により就労が不可能な個人も多数存在する。政府はプログラムを削減する前に、時代と需要に即した職業訓練をフルに援助をする必要がある。また、心身健康上の障害のある個人が、明日テーブルに食べ物を置くことが可能であるかどうかの深刻な状況に直面するべきではないが、USDAは毎週少なくとも20時間仕事をするか又は職業訓練プログラムに参加することを要求している為、現在約75万人以上の人々が、フード.スタンプを失う危機に直面していると報告されている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。